検索フォーム

2017年『花の詩女』再上映案内と一言メモ

Category : F.S.S.
お知らせ 2017年
2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。
https://www.dreampass.jp/m342768

一回見た人ももう一回見よう。あの永野護が8年を費やして作った映画をたった一回しか見ないのはもったいない。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。
(20170526)

一言メモ

過去の一言メモ

→続きを読む

スポンサーサイト

F.S.S.デザインズ5感想2―超帝國―超帝國剣聖

Category : 未分類
「」内は基本的に本書当該ページからの引用。
現在のNT連載を読む前に書いた古い感想も混じっている。

→続きを読む

F.S.S.的な服を探そう(1)ブルマリン

Category : F.S.S.

→続きを読む

(18日追記)NT2017年10月号感想(連載20 回)トラフィックス3

Category : F.S.S.

→続きを読む

バイパーⅡとモーターヘッド

Category : F.S.S.

まったく気が付かなかったが、実は「バイパーⅡ」は永野護オマージュだったのだろうか。今までこの発想に至らなかったのが不思議でならない。ネットで調べてみても誰も「似ている」という指摘すらしていないので、それも不思議だ。

一応、説明しておくと、バイパーⅡというのは1995年の『電脳戦機バーチャロン』というロボット格闘ゲームに登場するロボットの一つ。全ロボットともにデザインはカトキハジメによる。いずれもが美しいしカッコいい。

参考:バイパーⅡの検索結果

バイパーⅡは全体としてモーターヘッドに雰囲気が似ている。あえて具体的に言えば、横に張り出した肩アーマーはMHジュノーンやMHザカーのようだし、前に突き出た胸はMH破烈の人形やMHシュペルターのようだ。非常に細いウェストのくびれはMHヤクトミラージュのようだし(やや苦しいか)、ハイヒールはMH破烈の人形と同じタイプになっている。と、当時発表済みのMHに限定してなぞらえてみた(←わざわざ調べた)が、個別のパーツがというよりは、全体として印象が似ている。

ただ脚は大きく違う。モーターヘッドは裾にいくほど広いブーツカットズボン型が多いのだが、バイパーⅡは裾にいくほど狭いテーパードズボン型になっている。

以前の日記に永野とカトキの互いの影響関係について書いたが、バイパーⅡは影響というよりオマージュ的だと私は思う。

この解釈には疑問もある。たとえば永野のMHエンプレスは、カトキのMFノーベルガンダムやフェイ・イェンへのアンサーという文脈にあると解釈できた。しかしバイパーⅡには文脈がない。なぜ1995年にカトキが永野オマージュなロボットを作らねばならなかったのか、その理由がよく分からない。まあ、文脈のないオマージュもありうるので、別に理由なんかなくてもいいか。

ちなみにだが、永野が「バーチャロン」のプレーヤーだったことは有名だが、残念ながらバイパーⅡを使用していたかどうかは分からない。対戦中、負けそうになるとフェイ・イェンを使っていた(註)、ということだけは分かっている。

(註)『テールズオブジョーカー 7』「バーチャロン ミーティング」 p56



(27日追記)NT2017年9月号感想(連載19回)トラフィックス3

Category : F.S.S.
20170813投稿
20170817追記
20170827追記

→続きを読む

狭くて浅いやつら #163 「花の詩女 ゴティックメード」

Category : F.S.S.

→続きを読む

彼女は誰の代替か?(デザイン画の多いツバンツヒについて)

Category : F.S.S.

→続きを読む

NT2017年8月号感想(連載18回)ツラック隊エピローグ2

Category : F.S.S.

7月15日投稿
7月30日追記
7月31日追記
8月03日追記

→続きを読む

NT2017年7月号感想(連載17回)ツラック隊エピローグ1

Category : F.S.S.

→続きを読む

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する