「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

戦闘美少女と魔法少女の「ファイブスター物語」

Category : F.S.S.
F.S.S.と戦闘美少女
精神科医の斉藤環は日本のサブカルチャーに見られる戦う少女たちを称して「戦闘美少女」と言った。

日本人って男女を問わず「戦闘美少女」が大好きだよね~、あまり興味はないけれど~、なんて思ってたが、よくよく考えたらF.S.S.にも戦闘美少女はいたし。ハイアラキと戦ったソープ♀(第3話)や、シャフトと戦ったラキシス(第4話)は「戦闘美少女」以外のなにものでもない。F.S.S.にも戦闘美少女がいたんだなあ。あ、いっそファティマをすべて戦闘美少女と看做すべきだろうか。2013年以後はアシリア・セパレートで戦闘するわけだから。

件のソープ♀もラキシスもファティマも人間ではない、というのはちょっと面白いところかもしれない。F.S.S.では人間の戦闘美少女の活躍が少ない気がする。

でも今後のF.S.S.(単行本13巻以後)では、ちゃあ、メナーなどの「人間の」戦闘美少女にも光があたるらしい。女子高生ミラージュたちがどのように戦ってくれるのか今から楽しみだ。でもそれって、F.S.S.が「萌えマンガ」化するってことのようにも思え、ちょっと不安な気もするけど。


F.S.S.と魔法少女
斉藤環は戦闘美少女を13の類型に分類していて、その中に「魔法少女」があるという(便利なウィキペディアによれば)。じつはこの魔法少女もF.S.S.には既にいて、今さらへ~ってなっている。

もちろんそれはメル・ズームだ。初登場時は幼い子供の姿であり、現在も魔法が解けたとはいえ、おそらくは少女の姿のはずなので、魔法少女といって差し支えないだろう。「なんでもあり」を標榜するF.S.S.にあって魔法少女ぐらいいて当然、っていう。

「装い」という面ではズームよりもむしろ、ミューリー・キンキー王女(※1)のほうが魔法少女っぽいのだが、残念ながらキンキーは魔法は使わないはず。

魔法少女やってるズームの物語、見てみたいかも。いやいや、さすがにそれはありえないでしょ、とは言い切れないところがF.S.S.の怖いところであり、面白いところでもある。

たとえば
  • F.S.S.内で群集劇的なものをやった第3話

  • タイカ宇宙でSFをやった「OVER THE 7777 NEW WORLD -時の彼方に-」(第3話内)

  • 民話かファンタジーのような「WATER DRAGON」(第4話内)と「JUNO18097」(第5話内)

  • スバースが少年マンガのように活躍する「エピソード3炎の女皇帝」(第5話内)(※2)

  • ちゃあが主役の少女マンガ「プロムナード」(第6話内)

といった具合で、F.S.S.は、物語内に様々なジャンルを抱えている。

そうである以上、スピンオフ作品「魔女っ子ずーむ」がないとは言えない。ついでに言うなら、戦う女子高生騎士を描く「美少女戦士セーラーツバンツヒ」だって可能である。声優さんまでピッタリ一致してるし。

冗談だけど。

とか何とか言ってるうちに、私のなかでズーム=魔法少女という等式がすっかり出来上がってしまった。が、作者は「再登場の姿はお楽しみということで」(『デザインズ1』p122)としている。現在のズームは魔法少女どころか、ベタな少女の姿でさえないのかもしれない。

(2017年1月追記:ズームに関しては「リブート3」p100で「女子高生ミラージュとして登場する確立が非常に高い」とされている。女子高生魔女っ子やな)


※1)
ちなみに魔法少女のようなキンキーの姿(『リブート7』p295)が公開されたのは2003年のことだった。その前後の魔法少女モノとしては2002年終了の「おジャ魔女どれみ」や、2003年の安野モヨコ『シュガシュガルーン』などがあるようだ(便利なウィキペディアによれば)。

※2)
夏目房之介による指摘。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する