「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.デザインズ4

Category : F.S.S.
■「花の詩女ゴティックメード」再上映のお知らせ
定期的に再上映されているので、見たい人はリクエストすべし。
https://www.dreampass.jp/m342768
---


なかなか今月の感想を書けない。

■「デザインズ4」の告知

今月号に『デザインズ4』の告知。「キャラクターズ13」と記載されているが、12の間違いだろうか。
それとも『GTMワールドガイド』が12という扱いなのか。
タイトルは『GOTHICMADE(覇者の贈り物)』だが、同時に『F.S.S.デザインズ4』でもあり、さらに『キャラクターズ13』でもあるという。ややこしい。キャラクターに二つ名の多いF.S.S.らしい、とも言えるか。

予価4800円とのこと。意外にも安い。
160ページ・7500円の『ナイトフラグス』レベルのボリュームを期待していたので、ちょっと残念。
価格からすると『スモークウォール』や『プラスチックスタイル』と同程度の約80ページだろうか。ただし今後の画集はトイズプレスではなくKADOKAWAから出るので、トイズプレス時代のページ数や価格は参考にならないかも。

ここまで書いたところで、オフィシャルサイトで告知が出た。
発売日また伸びてるし!

・148ページオールカラー
・2014年3月10日発売
・4800円

とのこと。
AMAZONでも商品ページが来ている。

思ったよりもページ数が多くてよかった。
というか、従来の画集と比べてコストパフォーマンスが高すぎる。
そんなに安価でいいの?とか思ってしまう。
トイズプレスではなくKADOKAWAだから出来ることなんだろうか。

<追記>
デザインズ4の感想メモは以下エントリーから。
F.S.S.DESIGNS4感想1


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する