「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」2013年12月号感想 (連載再開8回目)

Category : F.S.S.

<お知らせ>
永野護監督作品『花の詩女ゴティックメード』
2014年 全国再上映なるか?
※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
これを見ないとF.S.S.単行本13巻を理解できません。
永野キャラ・永野ロボットがほんとに動く!
従来のロボットモノとは一線を画する音響!
F.S.S.読者は絶対に見るべきです。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。

2014/7/4(金) 21:00~@広島
復活上映なるか!?@広島バルト11
https://www.dreampass.jp/e664

2014/7/12(土) 13:00~@福岡
@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
https://www.dreampass.jp/e662

2014/7/18(金) 21:00~@大阪
@梅田ブルク7
https://www.dreampass.jp/e665

2014/7/27(日) 17:30~@名古屋
@名古屋ピカデリー
https://www.dreampass.jp/e663

2014/6/29(日) 13:00~@東京
@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e666




ネタバレあるので、連載をまだ読んでいない人、単行本派の人、映画『花の詩女』未見の人は注意。




※ ※ ※




■ 扉

フィルモア帝国近衛兵学校中等部制服(冬服)のクリスティン。クリスティンはキャラシートが多いなあ。

兵学校の解説。
戦闘教練では死亡者も多いらしい。たしか騎士って、職業選択の自由がほぼゼロのはずで、ヒドい世界だなあと改めて思う。そういえば、日本の天皇や皇太子にも職業選択の自由はない。兵学校で事故死しかねず、「人殺し」(@トリハロン)になることを強いられる騎士たちと、「象徴」なる存在として生きることを強いられる天皇では、どちらが自由なのだろう。

いや、天皇はむしろ詩女とこそ比較すべきか。


■ ダイグとフンフト

フンフト、詩女は「記憶だけではなく想いも引き継いでいる」と言う。そうなのか。脳内すごいことになってそうだ。

フンフト、「私はとっくに陛下のとりこにございます」と言いつつも悪そうな顔つきに。「我が名はエスト」のエストが思い出される。そういえば、夏目房之介があの前後のエストが同一人物であることに驚いていた。夏目はたしか、「これを同一人物であると言い切るのは豪腕」「マンガの記号性の乱用に近い使用」と正しく指摘していたはずで、あれは可笑しかった。

このフンフトの悪そうな顔、F.S.S.でも有数のドアップでは。

act3は「Bride for Kaiser=ダイグの花嫁=-聖宮ラーン-」。ダイグとフンフトに縁談ねえ。2000年発売の『ナイトフラグス』には品の良さそうなフンフトと、お坊ちゃんなダイグのキャラシートがそれぞれ載ってたわけだが、あれがまさかこんなことになるとは思わなかったよ。

フンフト、何を企んでいるのだろう。「これが私が償わなくてはならない過去なのですよ」(『F.S.S.リブート7』p525)との言葉がある以上、すべては責任を全うするための言動なのだろう、きっと。


■ 『花の詩女ゴティックメード』は劇中劇なのか?

アドー王の口から驚くべきことが語られる。「ラーンの詩女と我らフィルモア帝国初代皇帝陛下の話はいくつもの映画、物語となって語り継がれておる
まじか。ジョーカーにも「映画」なる表現形態があることがここで初めて示されたような気がするが、それはどうでもよい。『花の詩女』公開当時、読者の間で「この映画はフィルモアによるボォス移住に向けてのプロパガンダ映画ではないか」との見解があったわけだが、けっこう当たってたようだ。

けっこう政治的な物語になってきたなあ。
プロパガンダといえば、この国のオタク文化の兵器フェティシズムは、全て戦時下のプロパガンダアニメの成れの果て、と言っている人がいた。当然だが「兵器フェティシズム」には宮崎駿もガンダムもエヴァもF.S.S.も含まれる。だから現在のF.S.S.に侵入してきたこういったテーマを永野がどう描いていくのか興味深い。

話が逸れた。
映画や物語だけではミノグシア民の心を掴めないので、アドー王はティルバー女王に「特別な大戦力」を与えているという。それってつまり、ブーレイだか何だかを使って自作自演のストーリーをでっち上げる、ということなのだろう。しかし既に、フンフトにはそれを見抜かれている、っていう。

ところでティルバー女王はダイグのファンクラブ会員であったらしい。単行本12巻ではあの態度だったのに、実はファンだったのか……。皇帝(権力)をアイドル(偶像)視するという困った人がフィルモア元老院には多いらしい。そういえばAKDもそんな感じだったか。こういったシーンって、現実の世界を戯画化して批判する意図があるんだかないんだか、よくわからない。


■ 詩女は怪しまれている

アドー王は詩女という存在を怪しんでいるようだ。アドー王、「記憶を受け継ぐなどと言う怪しげな下賎の女を陛下の后になど…」と言っている。へ~。この時代でも詩女は怪しまれているのだねえ。映画『花の詩女』では、トリハロンが詩女の能力を疑うというシーンがあった。トリハロンはたしか以下のような内容のことを言ってたと思う。言い回しは正確ではない。

「少女が一年間ほこらにこもって禊を済ませたらウタメさんになって出てくる、だあ?」

「禊と称してやっているのは睡眠学習か大脳インストール」云々

「そんな話、俺の星じゃあ子供も信じないなあ」

アデム「詩女を侮辱するおつもりですか、帝国は」

「もちろん俺は信じてるよ、そりゃあ信じてるさ」

「あ~、ちょっとすっきりした」

このときのトリハロンはベリンをやり込めるために、いわばディベート的に語っている側面もあるはずなので、詩女の能力を本心から疑っているかはやや謎だが。
そもそもアドー王やトリハロンの詩女批判は、科学的な観点からというよりは、いわば「文明」側であるフィルモアから「非文明」側であるボォスへの差別的視線の反映なのだろう。映画ではボットバルトもボォス星のことを「辺鄙な星」と形容している。ドラゴンが跋扈し、怪しげな詩女が支持を得ているボォス星は、軍事大国であるフィルモア(ドナウ)からそのように見られていたし、現在でもそう見られているのだろう。


■ もう一隻のダランス

大轟音とともにダランス登場。
擬音語は次の通り。
「ズドドドドドド」
「ピキーン ピキーン」
「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
「キン キン」
「ビリッピリッ ビリビリッ ビリッ」
「ビュッ ビュン ビュン ビュン ビュン」
「ビリリリリリッ」
「パリパリパリ パリッ」
「シュル シュル」
映画のダランスもこんな音だったかなあ。このページと見比べながら映画を鑑賞したい。


■ ブラウ・フィルモア王

ダランスに乗ってきたのはブラウ・フィルモア王。ブラウって誰、状態。フィルモアの家系は複雑でよくわからない。しかしどうやらブラウ王は「由緒ある指輪」(FSSトレーサー2)をしている描写からサクリファイス・ニーゼルであることが判る。また、サンダルの描写からするとジークボゥの母でもある。

なぜか元老の奥様たちからアイドルのように扱われている。

ブラウ王、「無手」なる技で特に意味もなくトライトンとブルーノをビビらせる。F.S.S.初登場の技。


■ ブラウ近衛騎士団

ブラウン王に付き添う二人の騎士。「ブラウ近衛騎士団」というらしい。この二人、映画『花の詩女』の冒頭で、トリハロンの傍にいた騎士たちと(ほぼ)同じ服を着ている。これも良い帽子だなぁ。日常生活では冠りにくいデザインだが。ほんとにF.S.S.グッズで帽子、出してほしい。あ~、でもクォリティを求めると2万~3万は行くかなー。でもそこはCA4LAにがんばってもらってー。

二人の騎士のうち一人はメリー・マーカス。もちろんプリンセス・シャンディ・マーカス殿下の子孫であろう。『F.S.S.リブート7』p150では「ブラウ親衛騎士団長アン・マーカス」となっていたが、メリー・マーカスに変更されたようだ。それともメリー・アン・マーカスなのか?

そういえば、F.S.S.においてはアグファ・パイドルがクライマー・パイドルに変更されるなど、名前の微妙な変更は数多い。しかし面白いのは、『F.S.S.リブート7』からそれほど時間の経っていない現在で、もうアンからメリーに名前が変更されているということだ。物語の大枠は決まっていても、固有名詞などは突発的に変動したりする。とうの昔から決定されて動かない事項もあれば、逆にアドリブ的に揺れ動く事項もある、っていう。

映画のなかのシャンディ・マーカス殿下は、私服で、ゴチック・ナイアス張りのゴスか、あるいは濃いモード服でも着てそうな印象を受けたが、メリー・マーカスはもう少し柔らかい印象の服を着てそう。

ブラウ近衛騎士団のもう一人も女性。なんだかママドア・ユーゾッタに似ている。


■ 連載休止はいつだろう

1回14ページの連載が現在までに8ヶ月分。合計112ページがストックされている。増ページの回があったので、約120ページか。
参考までに、過去の単行本の連載回数は以下の通り。

08巻 14ヶ月分
09巻 12ヶ月分
10巻 16ヶ月分
11巻 16ヶ月分(うちプロム2回)
12巻 17ヶ月分(うちプロム3回)

13巻は連載から一年以内に出す」という予定がまだ生きているなら、そろそろ休載しないと。来月あたりでフンフトの話が一段落して、休載だろうか。
それとも、もっともっと続くのか?
いつ休載になるかとビクビクしている今日このごろ。


■ その他

・p68は1ぺージに10コマ。コマの多いF.S.S.にあっても10コマとなると珍しい方だろう。

・永野護は一度書いたものを相対化する。というか連載期間が長いので、勝手にそうなるのだろうが。たとえば、ファティマは当初、人間にとって都合のよいだけの存在だったが、第5話あたりから「ファティマは兵器でしかない」ということが強調されるようになる。それと同じで、今後はF.S.S.の血統至上主義も相対化されるのだろうか、とアド―王を見ながらちょっと思った。

・先月の公式ツイッターによれば、「すまんっ!来月から本気出す!!今月ホントは19pだったのだアアアアア うが~~っ」とのことだったので、今月増ページ来るのか、と思ったらいつも通りの14ページ。べつに文句があるわけではないです。

・解説9分 本編16分
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する