「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「F.S.S.単行本13巻はBD/DVD」説

Category : F.S.S.
<お知らせ>
永野護監督作品『花の詩女ゴティックメード』
2014年 全国再上映なるか?
※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
これを見ないとF.S.S.単行本13巻を理解できません。
永野キャラ・永野ロボットがほんとに動く!
従来のロボットモノとは一線を画する音響!
F.S.S.読者は絶対に見るべきです。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。

2014/7/4(金) 21:00~@広島
復活上映なるか!?@広島バルト11
https://www.dreampass.jp/e664

2014/7/12(土) 13:00~@福岡
@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
https://www.dreampass.jp/e662

2014/7/18(金) 21:00~@大阪
@梅田ブルク7
https://www.dreampass.jp/e665

2014/7/27(日) 17:30~@名古屋
@名古屋ピカデリー
https://www.dreampass.jp/e663

2014/6/29(日) 13:00~@東京
@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e666
---



今月の感想よりも先にメモ。

ニュータイプの来月号予告にF.S.S.の記載があった。来月もまだ続くみたい。そろそろ休載しないと連載再開から1年以内に単行本が出るという予告が実現しなくなるし、ページが増えれば増えるほど単行本が重くなり、読みにくくなる。一体どうなるのやら。

なんて思ったものの、そもそも単行本13巻は単行本ではなく、『花の詩女』のBD/DVDとなる可能性もある。『花の詩女』公開後にウェブ上で誰かが「映画は単行本13巻だったんだよ!永野は休載中もF.S.S.を描いていたんだよ!」みたいなことを言っていた。その人はレトリックとしてそう言ったのだろうが、ほんとに13巻がBD/DVDになる可能性はあると思う。

理由。
『花の詩女』は単行本12巻の後に読んでこその映画であり、その後のF.S.S.の展開と完全にリンクしている。しかし、今後の新規読者たちにとってその順序は自明でない。なので彼/女らは12巻を読んだあとに、『花の詩女』をすっ飛ばして次巻を読んでしまう心配がある。ならば、13巻として『花の詩女』を出してしまえば新規読者たちも混乱しない、っていう。

ただし書店にBD/DVDは並ばないと思うので、事情を知らない新規読者が書店でいくら13巻を探しても見つからない、という面倒な事態にはなるのだが。本と抱き合わせにしてしまえば書店にも並ぶはずなので、F.S.S.次巻にBD/DVDが付属するという線もある。

以上は妄想でしかないのだが、でも作者的には12巻の直後に『花の詩女』を見て欲しい、というのは確実にあると思う。F.S.Sの場合、多少前後して読んでも面白いとはいえ、そこのところ、どうするのかねー。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する