「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

ヴィジュアル系とF.S.S.キャラ

Category : F.S.S.
ニュータイプ1月号のアドー王、ドレッシーな装いが完全に櫻井あっちゃん(バクチク)。というところから、ヴィジュアル系の人をF.S.S.のキャラクターに当てはめるという遊びを思いついた。今までなぜ思いつかなかったのか。しかし、ただでさえ誰も読んでいないこの日記で、いったい誰が理解してくれるのか謎だが、やる。

改めてあっちゃんに合うキャラクターを考える。意外と思いつかない。魔王っぽいからボスヤスフォートかなぁ。そういえばあっちゃん、何年か前に変なターバン巻いてたし、初期ボスやんもいける。
以下その他のキャラ。

清春(黒夢)
……クラーケンベール。雰囲気がヤバくてお近づきになりたくない感じ繋がり。

TOSHIYA(ディルアングレイ)
……ファティマ・ベルクト。前髪などTOSHIYAがモデルとなった説があるので(「トレーサー1」情報)。

J(ルナシー)
……エイドリアン・ターク。うーん。どうだろ。ディルアングレイの京と悩む。

MORRIE(デッドエンド)
……剣聖スキーンズで。独特の濃い顔立ち繋がりで。

HAKUEI(ペニシリン)
……ネイパー。ネイパーはV系にいそうでいない。悩んだ末HAKUEI。YOSHIKI(X)の方がよいかなあ。

石井秀仁(カリガリ)
……デコース。オシャレ人間&金髪おかっぱ繋がり。石井秀仁は被り笠繋がりでカリギュラも兼任。

Kaya
……ビューティ・ペール。喜んで演じてくれそう。


F.S.S.のキャラクターには若いバンドマンは無理で、最低でも35歳以上のバンドマンから選ばざるを得ない。メリーのガラ、ラルクの女装hyde、バクチクの今井寿や星野英彦、デランジェのkyoなども良い雰囲気があるのだが、合うキャラが思いつかなかった。

女形のバンドマンをファティマに当てはめようと色々考えてみたけど、あまりぱっとせず。女形バンドマンは髪型や化粧を盛りすぎていて、化粧や髪形を規制されているファティマのイメージに合わないからだろうか。ヴィジュアル系の女性性とファティマの女性性は相容れないらしい。最近だとメジブレイのメトちゃんなどはかなりの狂いぶりで面白いのだが、こんなキャラF.S.S.にいない。これと同レベルはバイズビズくらいか。向かうベクトルは違い過ぎるけど。

■ 永野と東村とアイドル
関係ないけど、メトちゃん的な美意識というのは当然、きゃりーぱみゅぱみゅ的な美意識とも通底しているわけだが、そのような、ぐちゃぐちゃしたものが美しいみたいな価値観って、永野世代のデザイナーにはほぼ見られない気がする。篠原ともえは偉大だ。

もう10年前になってしまったが、永野はF.S.S.の中でゴスロリを描いている(ゴチックナイアス)。ゴスロリは処理できた。しかしゴスロリは狂っているようでいて、デザインにはまとまりがあるジャンルでもある。となると、ぐちゃぐちゃとしたメトちゃん的、きゃりー的なデザインについてはさすがの永野でも御しきれないんじゃないか、とかちょっと思った。

マンガ家でも後の世代の、たとえば東村アキコなどになると完全にぐちゃぐちゃ派である。実際、東村はきゃりーのコスプレをしているし。アイドルと絡めて強引に分別するなら、きゃりー=東村vsパフューム=永野という対立となる。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する