検索フォーム

ゴティックメード模型化まとめ

Category : F.S.S.

■お知らせ 2017年 再上映「花の詩女ゴティックメード」


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

・一回見た人もまた見よう
見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

・劇場が遠くても見に行こう
交通費が高いから行かない、なんて言わず、多少の距離なら行くといいと思う。海外のFSSファンに比べれば日本の人は恵まれているのだから。地方の人が武道館のライブに行くようにして行くと。ライブと思えばチケット1800円なんて安すぎるほど。

・どんどん拡散しよう
システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

https://www.dreampass.jp/m342768







■ゴティックメード模型化まとめ



定期的に、ゴティックメードの模型化どうなった?って気になってくるので、その周辺の情報をまとめておく。

まずはリブートキャンペーンに関する永野インタビュより。

ちなみにカイゼリンを同レベルで完成品にすると12万円くらいになると思う(笑)。これは今から言っておくよ。
『月刊ニュータイプ』2011年11月号「永野護インタビュー」強調引用者


これはキャンペーンのMHレッドミラージュやMH・K.O.G.完成品が3万5千円だったことに対しての発言。大げさな数字にもみえるのだが、透明装甲やフレーム部分に超特殊な素材を使用、などとなれば12万円にもなるのかも。

次は永野護作品公式アカウントのつぶやき。


文中の「プラモでもガレキでもない何か新しい模型」は、模型誌でのインタビュにおいてもう少し具体的に説明されている。『月刊ホビージャパン』2013年2月号「永野護監督特別インタビュー」から、模型化に関する部分を要約。


  • 谷明が「作れませ~ん」と言っている

  • 現代のハイレベルな模型は「誰がそこまでして作るんだ!」という状況で、買っても積読される

  • でもそれは映画のチケットを買って見に行かないようなもの

  • だからボークスには「6歳の子供にも作れるようなものにしろ」と言っている

  • ボークスがプラモデルでもGKでもない何かとして答えを出すだろう

  • 1/100スケースで5万円くらいを覚悟しろ

  • ウェーブにもボークス同様のアプローチをしてもらっている

  • 安価なキットで出るんじゃないかという期待は捨ててほしい

  • 「欲しいけど高くて買えない」という商品を目指している


前述のインタビュでは完成品だと12万円になるぞ、と作者は脅していたわけだが、こちらのインタビュでは「プラモでもGKでもない何か」だと5万円、とずいぶんとリーズナブルに変化している。差額の7万円は何なんだろう。「プラモでもGKでもない何か」って、ようするに塗装済みの「半」完成品で、6歳でもできる簡単なパーツ構成(たとえば全身で30パーツとか)だと私は予想しているのだが、その程度の組み立ての有無で7万円の差が出るのか?わからん。


■永野護の「完成品」論



もしカイゼリン模型が「半完成品」だとしたら、そのことに怒るファンもいるかもしれない。というのは、かつての永野護は「模型を作る」ということの価値を擁護していた人だからだ。永野がモーターヘッドの完成済みオモチャの商売を認めなかった理由のひとつはそれだった。ところが永野は2004年頃、谷明のナイトオブゴールドについて「こんなに細かくパーツ分割してどうすんの。これじゃ原型師の自己満足じゃん」的ことを言い出している(ソース後で探す)。えっ、それって言ってること違わない、と私は思ったのだが、今にしてみるとその辺りで永野は「模型を作る」という文化の限界を感じていたのかもしれない。キットが精密になればなるほど、作れる人は減る。

そのように考えてみると、あれだけ嫌がっていたモーターヘッドの完成品をリブートキャンペーンとしてオフィシャルに販売したことの意味も明瞭になる気がする。つまり、理想としては「模型を作る」文化を守りたい。しかしそれが現実には難しい(積読されてしまう)以上、完成品も仕方ない。だから(完成品ではない)カイゼリンは6歳でも作れる簡単さでなければならない。そのように考え方が変わっていったのだと思う。


■今後のF.S.S.模型は高額化する



永野が、モーターヘッドの完成品を認めず、基本的にはガレージキットのみ許可してきた。その大きな理由は、主に二つだった。

・モーターヘッドは手軽な存在ではない。高難度のキットであるべきだ

・モーターヘッドは大量生産品ではない。高額であるべきだ

ところが、近年のカイゼリン模型化構想やリブートキャンペーンからも判るとおり、永野は一つ目の条件を反故にした。となれば、今後は残る条件がより先鋭化していくのだろう。ようするに、より高額になっていく。というか、GTMなどはデザインが複雑なので自動的に高額になってしまうのだが。

(以下、20170131追記)

■なぜGTM模型はいまだに商品化されないのか?



この記事を書いて3年が経ったが、2017年現在でもGTM模型は一切、発売されていない。このことについてF.S.S.読者のなかには「どこのメーカーも開発に乗り出さないのはGTMの不人気さの表れだ」と捉えている人がたまにいるようだが、それは恐らく間違っている。そもそも、GTMの立体化はまだ許可されていない

=花の詩女ゴティックメード=の商品化、立体化はまだ許可されておりません。
(永野護公式サイト内「著作権について」)


また、これは私の憶測だが、おそらく永野護には自身渾身のデザインであるGTMカイゼリンをまず最初にオフィシャルで「決定版」のとして商品化したい、という意識もあるのではないかと思う。後に各メーカーが商品化を開始するとしても、その「決定版」が造形のクオリティの指針となる。

そしてこれも憶測だが、おそらくGTMオフィシャル立体物の商品化を阻んでいるのは「半透明の素材」という部分だと思う。つまり「不透明」なGTMの完成品・半完成品なら今すぐにでも商品化可能なのだ(と私は思っている)。不透明ならガレージキット化もそれほど困難ではないだろう。実際、ウェブ上ではモデラーが何人も(不透明な)GTMの立体化に成功していて、フォルムの正確な立体化そのものは可能なようだ。

(以下、さらに追記)

私は上の追記部分で「GTMの商品化を阻むのは半透明の素材という一点のみ」という意味のことを書いたが、この見立てはハズレだったらしい。作者はNT2016年4月号Q&Aで「人間は業が深くて、この3Dスキャンのディテールに慣れてしまうとそれ以外のディテールやモールドが「だれて」見えてしまうのが現実です。なのでGTMのキットはとても開発が遅れ、なかなかキット化にまでたどり着けていません。お手元に届く時にはまだまだ時間がかかりそうです」と言っている。3D造形といえばmomokoクリスティンの人形に付属したガットブロウがそうだった。カイゼリンも3D造形になるのだろう。

ちなみに、そのmomokoガットブロウを製作記事(ウェブニュータイプ掲載)によれば、WAVEではSyujuがGTMのアプローチモデルを製作しているという。




スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する