検索フォーム

年末

Category : F.S.S.
今年ほどF.S.S.のことを考えていた年はない。昨年末から今年前半にかけての『花の詩女』の衝撃と、今年の設定改編劇で完全に魂を持っていかれた。と同時に、私は信者でありながら、実はそれほどF.S.S.のことを知ってなかった。という事実にも気づかされた。というか、よくよく考えてみると、自分がなぜF.S.S.が好きなのかさえわからない始末だった。そういえば岡田斗司夫でさえマンガ夜話で「なぜ好きなのか分からないままハマっていっている」とか言っていたな。F.S.S.の最大の魅力って何?というわけでこうしてブログを書いているのだが、まだよくわからない。






スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する