検索フォーム

2017年『花の詩女』再上映案内と一言メモ

Category : F.S.S.
お知らせ 2017年
2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。
https://www.dreampass.jp/m342768

一回見た人ももう一回見よう。あの永野護が8年を費やして作った映画をたった一回しか見ないのはもったいない。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。
(20170526)

一言メモ

過去の一言メモ

映画『花の詩女ゴティックメード』
再上映リクエスト受付中!
見たい人は「ファン登録」して投票すべし。
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で、事実上のソフト化しない宣言が出ました。見たい人はやっぱり投票するしかないようです。

NHK BSプレミアム「ニッポンアニメ100」
http://www.nhk.or.jp/anime/anime100/
この番組のための「アニメ」&「アニソン」のリクエストを現在受付中。
永野護・川村万梨阿に関連する作品を以下に。

<アニメ>
「花の詩女ゴティックメード」投票ページ
「エルガイム」検索結果
「ブレンパワード」検索結果
「ファイブスター物語」投票ページ

<アニソン>
川村万梨阿 検索結果
ブレンパワード 検索結果
エルガイム 検索結果
ファイブスター物語 検索結果
「花の詩女」の楽曲はデータベースに登録されていないので、楽曲自由投稿フォームから投稿しなければならない。
(2017年01月10日)

元SOFT BALLETの森岡賢が亡くなった。
今もKaya(追悼記事)とコラボしたり普通に活動していたことは知っていたので、驚く。
2010年代のV系業界は「あの○○さんと××さんがコラボ!」的企画が飛躍的に増えた時代で、そういった状況のおかげで、森岡賢と私の好きなバンドが共作するという機会もいくつかあった。
森岡賢の踊る姿は衝撃的だった。V系業界に「演奏しなくてもいい。踊ればいい」という、常軌を逸した恐ろしい文化を根付かせたのは、たぶんこの人の功績だと思う。X JAPANもBOOWYもDEAD ENDも踊ってはくれなかったから。00年代のサイコ・ル・シェイムから、果ては10年代のゴールデンボンバーまで、すべて森岡の手の平の上だと言ってもいいのかもしれない。
20160610

ジョジョ第4部「ダイヤモンドは砕けない」 アニメ版が楽しい。
それを見ながら思ったけど、作者自身の手によるアニメ版を与えてもらえたF.S.S.ファンって恵まれ過ぎにも程がある。贅沢な作者のおかげてファンも贅沢な体験をさせてもらっている。
20160430

ずっと前に書いて、そのまま放置していた記事を読み返して思った。
キャラクターとロボットのデザイナーとしての永野護。
物語作家としての永野護
このうちどちらが本当の永野護なのだろうか。
後者である、と即答する読者はそれほど多くないと思う。
だが、永野は2013年大改編でモーターヘッドは消去したが、物語は消去しなかった。永野護は本質的には物語作家なのだろうか。
20150827

読者から遠く離れたり、近づいたり、また遠く離れたりしていたF.S.S.最新13巻がようやく発売となった。
発売まで1年ほど待ったか。
まあ2004年の連載休止から2013年の再開まで8年も待った経験に比べればたいしたことはない。
感想はまた後で書く。
20150808

■『花の詩女』大分・千葉・埼玉 再上映案内
不成立に終わった大分上映のチケットがふたたび販売開始。
今度は成立するといいけど。
千葉、埼玉はすでに成立済み。
https://www.dreampass.jp/m342768
20150527

■大分と大阪での『花の詩女』再上映のチケットが販売される。
いずれも劇場はTOHOシネマズ。

大分】「花の詩女 ゴティックメード 9.1ch特別版」上映なるか!?@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
https://www.dreampass.jp/e827

大阪】「花の詩女 ゴティックメード 9.1ch特別版」上映なるか!?@TOHOシネマズ くずはモール
https://www.dreampass.jp/e828
20150422

映画「ファイブスター物語」復活上映なるか!?
再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717

ニュータイプ30周年記念イベント
TOHOシネマズ新宿オープニング上映イベント
2015年4月17日『花の詩女ゴティックメード』TCX&爆音上映会
来場者特典つき
http://webnewtype.com/special/30th/
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/076/TNPI2000J01.do
20150317

既に読んだはずのマンガ(F.S.S.ではない)を読み返したら、話の内容まったく覚えてなかった。なんでかと思ったら、そのマンガの発売日が2013年の3月で、納得した。つまり『花の詩女』がまだ公開されているうえに、F.S.S.連載再開目前の時期に読んだマンガなのであった。その時期は頭のなかが完全にF.S.S.一色で、他のマンガの内容は記憶されなかったらしい。F.S.S.連載中、他の作品にたいする興味が完全になくなるのは自分でもどうかと思うけど、自分の気分に文句を言ってもね。
20150317

「ニュータイプ」2015年4月号の表紙が公開された。GTM版バングだろうか。久しぶりの新規GTMデザインに思わず息を呑んでしまった。凄い。子供がこれを見た反応が知りたい。
以前どこかで誰かがGTMとグランゾートの類似を指摘していたけど、今回もちょっとそんな感じがする。AFVの親戚だったMHから、完全に神話ロボットに移行したんだなと改めて思う。神々しい。顔のデザインがちょっと新しい? しかしMH・LEDミラージュのような角が生えているのはなんでだろう。
20150305

美術誌『美術手帖』の2015年2月号のテーマが「ロボットデザイン」。
http://book.bijutsu.co.jp/books/2015/01/20150117.html
マモちゃん先生も飯田一史によって紹介されているそうだ。飯田一史は『ユリイカ総特集永野護』のなかで永野護ロングインタビューを担当し、他に「Schwingungen ブランドとしての永野護『ファイブスター物語』小論」、「永野護/FSS/GTM年表」を書いていた人。あの年表つくったのは本当にすごい。
20150116

今年の反省点。
五月にF.S.S.が休載になっちゃったので、よし休載してるうちに書きかけの記事を仕上げよう、と思ってたけど、休載中はオレのモチベーションも落ちる、というのは想定外だった。
20141231

大阪でも『F.S.S.』と『花の詩女』の同時再上映が決定。
お台場のほうもチケット追加された。
大阪のほうは日にちが迫っている。
20141227

コメントで「映画GTMはリニアPCM16chでマスタリング」との情報をいただいた。「まも☆しん」でそのような発言があったとのこと。で、久しぶりに「まも☆しん」を順番に聞いているのだけど、永野護って本当に自由で、好き勝手で、なんというか井上伸一郎にいろいろ同情する。永野信者は井上伸一郎に足を向けて寝られないのであった。と言いつつ、また「まも☆しん」聞きたいなーとか思ってるんだけど。
20141115

永野ロボットにはどこか上品な雰囲気がある、と日記に書いてふと思ったけど、永野デザインはロボットもファッションもどこか上品な感じがする。何故そう感じるのだろう? たとえばケバケバしくなりがちなゴス/ロリータもまもちゃん先生が描くとなんだか品がいい(リブート7巻p348 カイエンにナンパされたときのナイアス)。デザインそのものが上品なのか? それともタッチ(筆の線)で上品に感じるのか? う~ん……わからん。
20141020

永野護はインタビュー(註)のなかで初音ミクを正しいとか言っていて、読者としてはちょっと不穏なものを感じる。つまり永野護の作詞・作曲・演奏で初音ミクが歌うF.S.S.ソングが(読者の望むと望まざるとに拘わらず)出てくるかもしれないってことだ。というか既に何曲か作ってそう。ものすごく聞いてみたいんですけど。
註)『別冊カドカワtreasureVOL.1 総力特集 プログレッシヴ・ロック』
20141017


ドリパスで『花の詩女』のチケット販売が開始されたんだけど、上映候補入りしてから2か月もかかった。
ナガノめ、「客が欲しがるものは与えない」理論で公開しぶってるのか、とか思う。
みなさん待ちに待ったせいか、わずか1日でチケット売り切れ。
追加されて、あと85席。
「花の詩女 ゴティックメード」復活上映なるか!?@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e715
20141003


CNET Japan「4K Blu-ray、2015年中に対応プレーヤーが登場か」
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140908-35053424-cnetj-nb
 これでまた一歩、『花の詩女』のソフト化が近づいたか。しかし厄介なのは、やはり永野護の意思だろう。永野はNTの100問100答のなかで「映画は映画観で見るもの(だからソフト化しない)」と言っているが、それ以外にもソフト化したくない理由はあると思う。
 永野は模型誌などのなかで何度か「客が欲しがるアイテムを何でも与えるのは大人のすることではない」という旨の発言をしている。どうやら永野は「欲望が満たされない環境下でこそ人はクリエイティブになりうる」と考えているらしい。言ってみればクリエイター養成のためにあえてケチな大人を演じでいるようだ。その意図はまあ分かる。だって、海外のV系ファンって常に情報に飢えている分、日本のファンよりもオタク度が濃かったりするし。でもマモちゃん、そんな変なとこで意識の高さ見せつけないでよ、というのが読者の総意であろうが、ま、永野は永野なのだった。
 というわけで、ソフト化されないこの状況は未来のF.S.S.読者や、海外のF.S.S.読者にとっても激しく不親切ではあるけど、上に述べたように不親切そのものが永野の意図であるのかもしれず、そうなるともう本当にソフト化は期待できないな、というお話でした。にしても角川がなぜそれを許すのかは謎。
20140914


 これまで『花の詩女』はドリパスの企画で計14回も再上映されてきた。従来ファンの熱意に当てられたようにして若い新規の客も入っているみたいだ。なんだかカルト映画みたいになってきたな。
 ところでそのドリパスの『花の詩女』、上映候補に入ったまま一か月以上、音沙汰がない。なんでだろ。その間にも「ファン登録者」は増えていて、現在973人。これまで実際に投票した人が859人なので、新規の人が100人以上いる計算か。嬉しいねえ。
20140903


「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」のゲストにNT元編集長で現KADOKAWA代表取締役専務の井上伸一郎。
富野由悠季の「死ね!」(じゃんけん)とか面白かった。
永野関係で面白かったのは、
・井上「(永野には)もっとたくさん描いてほしい」
・NT編集はF.S.S.のネームにはまったく関与していない
・ネームと仕上がりで絵がまるで違ったりする。永野「井上くんを驚かせたかった」
・井上がF.S.S.キャラの服の素材を言い当てると永野は悔しがる
など。
永野護は井上伸一郎という大きな傘の下だったからこそのびのびと創作を続けてこられたという部分はたぶん、ある。ドワンゴと角川の合併によってその関係が今後、崩れていくのではないかと読者である私はちょっと心配している。
20140824


今月のNTの記事に「永野護 100問100答」。
なかなか面白かった。
すべての質問と答えを引用しながら突っ込みというか感想を書いていきたいけど、
そうすると全文まる写しで、著作権法的にやばい。
どうすっか。
関係ないけど、ドリパスのファン登録数が7月29日~8月1日くらいまでの間に一気に30人くらい増えた気がする。
あれは何だったのだろう。
その後の10日間ほどの間にも40人くらい増えてる気が。
単行本派の人が13巻の情報を探しているうちにドリパスに辿り着いているとか?
20140811


コメントの返信にも書いたけど、F.S.S.って意外にも楽器があんまり出てこない。
ミュージシャンである永野護が描いているのに、楽器・バンドというものがぜんぜん出ていない。
というかジョーカー世界に音楽という文化が存在するのかさえ怪しい。
「キャラAはギターが趣味」みたいな設定だってありそうなのに、ない。
最近の連載では「JAMAHA」の楽器ケースを持ったシトロン・メナーが登場しているものの、食べ物やファッションの描写に比べると音楽関係の描写は少ない。なぜだろう。
20140801


服(の実物)を見てみたいキャラクターべスト6
1位、ツバンツヒ(『花の詩女』版)
映画観で見たときの衝撃が大きかった。これが最新の永野ファッションか、かっけー、と劇場で思ったのを思い出す。よくよく考えると、ぜんぜん最新じゃなくて、映画を製作していていた00年代のデザインだった可能性もあるのだが。前にも書いた気がするが、ツバンツヒの服の面白さは異なる素材がミックスされていることだ。異なる素材が混じり合うことの面白さという点では、実はロボットも服も何ら変わりがない。

2位、デミライト・バーシャ
私の知識では「ピエール・カルダンみたいでかわいい」としか言えないので、永野から「カルダンじゃなくて××なんだよ!」とか怒られそうで怖い。

3位、ファティマ・時(デカダン)
第5話で和風の服を着たアイオ・レーンとともに登場したファティマ・時。第5話の頃の永野ファッションの基調に和服のテイストがあることは以前、どこかにメモしたが、このファティマ・時のスーツも和の雰囲気。このスーツはシルエット的にはパワーショルダーだし80年代っぽいのだが、それを90年代後半のセンスで描いているところも好き。

4位、剣聖ベルベットの赤色ジャケット(キャラシート)
体に沿う細めの作りがカッコいい。光沢のある生地なのだが、これってファティマ服と同じ生地だったりするのかな。ちなみに父であるデコースも、最初のキャラシートのジャケットは赤色だった。

5位、バギィ・ブーフに「ヤベェ!こいつ!」と言われたバイズビズ
バギィのあのセリフは読者の気持ちの正確に代弁していたと思う。デザイン的にはおそらくはバレエの意匠を一部引用しているのだろう。インパクトはあるけど、実物でも舞台衣装らしいね、って感じでF.S.S.らしい面白さはないかも。関係ないが、同時期に描かれているナイアスの服(カイエンと会ったときのゴスロリ服)の方が描き込みが細かい。やっぱレディースの服のほうが気合い入るらしい。

6位、ナトリウム・シング・桜子
桜子は私服を着ているシーンがいくつかあるのだが、私のお気に入りはデコースとヨーン(少年)の決闘に駆け付けたときの服。キャラシートでも着ている。オレンジ色の大きな襟にやられた。あ、これって永野オリジナルの服だと思ってたのだが、ほんとは実在ブランドの実在服だったりするのだろうか。桜子の私物はブランド物だらけ、という設定は当初からあるわけだし。
ぱっと思いついたものだけ挙げた。
ほかに探すときりがなさそう。
20140704


永野護監督作品『花の詩女ゴティックメード』
2014年 全国再上映なるか?
※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
これを見ないとF.S.S.単行本13巻を理解できません。
永野キャラ・永野ロボットがほんとに動く!
従来のロボットモノとは一線を画する音響!
F.S.S.読者は絶対に見るべきです。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。
現状、BD・DVD化は絶望的です。

2014/7/4(金) 21:00~@広島
復活上映なるか!?@広島バルト11
https://www.dreampass.jp/e664
企画成立まであと22枚
広島のアニメ―ション専門学校生とか見ないのかな~。

2014/7/12(土) 13:00~@福岡
@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
https://www.dreampass.jp/e662

2014/7/18(金) 21:00~@大阪
@梅田ブルク7
https://www.dreampass.jp/e665

2014/7/27(日) 17:30~@名古屋
@名古屋ピカデリー
https://www.dreampass.jp/e663

2014/6/29(日) 13:00~@東京
@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e666
20140614


■「花の詩女ゴティックメード」再上映のお知らせ
定期的に再上映されているので、見たい人はリクエストするべし。
https://www.dreampass.jp/m342768


V系バンド・sukekiyoの京(ボーカル)がいつになく(?)雑誌のインタビューに答えまくっている。どの雑誌か忘れたけど、インタビュアーがsukekiyoでの京の歌いぶりについて「もはや演歌の領域」みたいなことを言っていて、おっと思った。私もそう感じたので。京も38歳になり、演歌へ行くのだな。京と同年生まれの石井秀仁(カリガリ)が一足先に「ヴィジュアル系演歌」になっていることは以前も記した気がする。「ヴィジュアル系演歌」というか、ヴィジュアル系ボーカルの演歌化とでも言うべき事態は着々と進んでいるように思う。演歌化の最も早い事例は言うまでもなく氷室京介で、私の印象だと35歳~40歳にかけて一挙に演歌化したと思う。ちなみに、永野マモちゃんが「ニュー演歌」を聴きながらジャコー少年vsバッハトマ刺客を描いた(註)のが1999年であった。このとき永野39歳。ロック兄ちゃんも35を過ぎると演歌へ行くのだろうか。
註:「テールズオブジョーカー16」p67
20140519


単行本13巻はどのようなフォーマットで出るか。そして休載から何か月で発売されるか。これはある意味では単行本のストーリーよりも重要な問題だ。なぜなら、それによってマジェスティック・スタンドの終了時期の見通しが立つからだ。マジェスティック・スタンドは「単行本にして6巻分」と予告されている(NT2013年10月号)。既刊を除けば、あと4巻分で終了する計算になる。今後の単行本はフォーマット変更(大判化)があると言われているので、一巻あたりに収録される連載回数が従来とは異なる蓋然性が高いし、また、表紙イラスト執筆のための休載期間も変わるかもしれない。たとえば13巻に収録される連載が14回分、休載期間が4か月とする。そのペースで続いていくとすれば、今後のF.S.S.のロードマップは以下のようになる。
2014年10月頃 単行本13巻発売。
2016年04月頃 単行本14巻発売。
2017年10月頃 単行本15巻発売。
2019年04月頃 単行本16巻発売。(マジェスティック・スタンド終了)
単行本16巻なんて、考えただけでも気が遠くなるような数字だな。
それはともかく、13巻次第で今後のF.S.S.の行く末を予測することができるのである。
(ただし、予測してみたところで永野護の語った予告はたいがい実現しない、という厳然とした事実はあるわけだが)
2014-05-07


永野護が『デザインズ4』でパライバトルマリンとか言い出したのって、市川春子の『宝石の国』からの輸入なのかな、とふと思った。
2014-04-26


宇野常寛の『文化時評アーカイブス2013-2014』。
サブカルを横断的にみていく本書だが、巻末の索引に「永野護」なし。ま、F.S.S.がスルーされるのはいつものことだ。サブカル批評でもユリイカでも何でも、つねにスルーされてきたからな。永野護の「語られなさ」は逆に永野が真正のデザイナーであるということの証明なんだろう、うん。だってデザインって語ろうにも「かっこいい」とかしか言えないし。それにストーリーを評価しようにも資料が膨大すぎるし。
本書の対談記事に「『進撃の巨人』金田淳子×宇野常寛」というのがあった。おっ、F.S.S.話が来るが?と期待したものの、来ず。『進撃の巨人』関係でもいくらか語れると思うんだけどな。
2014-04-21


ニュータイプ2014年5月号が発売された。
今月はなぜか本編とキャラシートが混ざった謎の構成。キャラシートはカラー、本編も一部カラー。
GTMマグナパレス的なものが本編にカラーで登場。
そして唐突にヘアードの母のキャラシートが。真っ白なファーのロシア帽をかぶっている。このキャラシート、黒色の主線がない。輪郭がなく、ぼやっとしている。永野が解説で「いかにふわっとした雰囲気を出すかに苦労した」と力説している。
こんな感じでこれから少しずつ「デザインズ5」用の新規キャラシートを公開していくのだろう。「デザインズ5」は一年後に発売されれば御の字だな。
という夢を見た。
2014-04-06


立体物で見てみたいGTMベスト3
1位、ダッカス・ザ・ブラックナイト
ダッカスはやっぱり立体でこそ見たい。半透明が再現できたら、それはもはやロボット模型というよりはオブジェか何かに近いのでは。
2位、ツァラトウストラ・アプターブリンガー
ツァラトラは二次元のデザイン画の時点で凄いので、三次元になったら恐ろしい作品にりそう。
3位、カイゼリン
カイゼリンは欲しい。頭のなかでは、すでに半透明に輝くカイゼリンの姿がイメージできてるし。谷明が作れがこんな感じ、平井興治が作ればこんな感じ、というところまでイメトレばっちり。
2014-03-19

久しぶりに『花の詩女ゴティックメード』のサントラを聴く。「種の理由」と「空の皇子 花の詩女」で泣く。もちろん物語との相乗効果で感動する部分もあるのだが、「音質が良い」というのも大きい。私は音楽家ではないので断定的なことは言えないが、このサントラは音質が良いほうだと思う。永野のことだからハイレゾとよばれる超高音質で録音しているんじゃないか、と想像しているのだが、どうだろう。永野信者の人は、『花の詩女』のメディア化に備えてスピーカーやアンプを新調するのもよいと思う。
2014-03-01

今月のニュータイプのF.S.S.扉に、川村万梨阿のベストアルバム『オデッセイ』の告知。
「空の皇子 花の詩女 劇場バージョン」なるものが収録されるらしい。
エンディングの効果音がそのまま入るという無慈悲な仕様。
ファンが何を欲しがってるか完全にバレている。
2013-02-28

シアン婦人について。
なぜジョーカー最強の服飾デザイナーは女性なのか。永野護は「自分が男性だからこそ自分では着れない女性ファッションに熱中する」という意味のことを述べている(コミッカーズ)。ならば、作中のデザイナーも男性であった方が永野的にはリアリティがあったはず。たとえば、シアン婦人ではなくゲイっぽい男性デザイナー、みたいに。永野が敬愛するアズディン・アライアも男性だ(さっきまで女性だと思い込んでいたけど)。なぜ女性にしたのだろう?ファティマファッション=女性ファッションは女性で自給自足すべし、みたいなことだろうか。
2014-01-31

F.S.S.の連載が続いているのは嬉しい。でも、『ブレンパワード』や『シェルブリット』のようなF.S.S.以外の仕事ももっと見てみたいなあ。アニメとか。
近頃はコヤマシゲトや市川春子やひらりんなど、”永野以後”の作家も支持を得ているんで、ここらで一発、オレが本家じゃー、と。ハリウッド版富野作品で最新永野ロボットが動いたらなあ、と淡い期待を抱く今日この頃。
2014-01-27
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する