「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

永野護の(意図しない)ゴスロリ批判について

Category : F.S.S.
お知らせ 2017年
2017年6月24日と25日、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。
https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。



 * * *



■ 「それはゴスロリではない」という反響
漫画家の永野護はゴス/ロリの人ちをいつも肯定し、応援(?)していた。彼自身が若い頃に、ずいぶんとヤンチャな格好をしていて、女子高生から「あれで格好いいと思っているのかしら」と言われたりして落ち込んだ経験がある(※1)からこそ、同じく白い目で見られるゴス/ロリの人たちを永野は肯定する。

やや意外だったのは、永野がどこかのインタビュだか何だかの中でこんなふうに言っていたことだ。

「雑誌で発表したゴスロリのイラストに『それはゴスロリの本義に反する服だ』という反響があった。だけど、ゴスたるマリリン・マンソンが野球帽をかぶってゴスだと言い張れば、それはゴスなのである。ルールにしばられ過ぎたファッションはファッションとしてつまらない」

探しても原典が見つからないので、言い回しは正確ではない。おおよそこのようなニュアンスだったと思われる。永野にそんなつもりはなかったと思うが、結果的に永野はここでかなり根本的なレベルでのゴスロリ批判をおこなってしまっている。

■ ゴス/ロリの「制服化」
永野護は以前、別の場所で「本当にオシャレな人は制服を嫌う」という意味のことを言ったことがある。最初、いま一つ意味が判らなかったが、おそらく永野が言う「制服」というのは、ルールによって強力に縛られることや、没個性的であることの象徴だ。なるほど、いつの間にか出来上がった厳格なゴスロリのルールというのは、つまりはゴスロリを「制服化」させるものであったのだ。「ゴスロリはファッションであってコスプレではない」的なことをゴスロリの人は言うし、私もそう思うが、一方で既に出来上がったルールや要素をコピーすれば出来上がってしまうファッションというのは、コスプレや制服と限りなく近しい。

■ 「デニム」で「肩出し」はゴスロリか?
NHKの「東京カワイイTV」の企画の中で、青木美沙子(『ゴスロリバイブル』や『KERA』のモデル)が、ギャルファッションの女性が自作した「デニム製」で「肩出し」のゴスロリ服を見て「ありえない」と驚き、「勉強になった」とは言いつつも納得しきれない様子だったのが印象に残っている。青木美沙子がギャル女性の自作ゴスロリ服を肯定できなかったのは、「デニム製」も「肩出し」もゴスロリではご法度とされているからだ。

「ファッション」のあるべき姿が「自分が死ぬほど着たいもの着る」ことだとすれば、「ルールでがんじがらめのファッション」というのは論理矛盾の存在となってしまう。件のギャルがどんなに着たくても「デニムで肩出しなゴスロリ」はルールによって排除されてしまう。

ゴスロリがルールを必要とすること(=制服化)にもし理由があるとすれば、それは精神修行的な意味合いにおいてであろう。よくゴスロリを着る人が「ゴスロリはファッションではなくて精神的な”道”だ」といったことを言うのは、ゴスロリがルール無用の自由なファッションではなくて、宗教や文化人類学に出てくるような「禁忌」≒ルールを設けることで、己の精神性を高めるような側面があるからからだ、と言えるかもしれない。

■ 自由なストリート、規範のゴスロリ
よくよく考えてみれば、何年か前に日本の(というよりは東京の)若い人たちのファッションが世界のデザイナーから注目されたのは、そこに「ルールがない」からであったはずだ。カオス状態としての東京のファッションに世界のデザイナーは興味を持った。どこの国のデザイナーか忘れたけれど、来日した彼が若い人たちのファッションを見ながら「あの青年を見てください。あの色とあの色のコーディネートはファッションの基本から逸脱しています」というような意味のことを言っていたけれど(確かNHKの番組だった)、「コーディネートの基本」を簡単にぶち壊していく自由さやカオスにそのデザイナーは驚いていたのだった。

ルール無用のファッションこそが東京の(デザイナーではなく)ストリートが生んだ「個性」だった。そのことを考えれば、ゴスロリというのは東京を代表するファッションのひとつである一方で、東京的なルール無用のファッションとは対極のものであるといえる。

ゴスロリはとても好きだけど、永野護が言うように、ルールに執着すると「おしゃれ」の本義からはから遠のいてしまう。ゴスロリはファッションでもおしゃれでもなく生き方だ、みたいな反論があるのなら、それはそれでかっこいいのだが。

本文ここまで(2012年4月15日)

以下、とりとめのないメモ追記(2012年10月)

■ 永野護と「スーツ」
本題とは関係がないけど、永野護の「本当にオシャレな人は制服を嫌う」という発言は永野護の人となりを理解する上でけっこう重要かもしれない。「制服」を「スーツ」と置き換えるとすごくしっくりくる。

ファッションについては一家言がある永野護が、にも拘らずテーラリングや紳士服についてのウンチクをマンガや副読本の中でほとんど一切披露せず、数百に及ぶキャラクターの中にスーツファッションの人物がごく少数であることは、いまにして思えば不自然なほどだ。例外的にスーツを着ている人物はといえば、壮年の博士などあからさまな「おじさん」ふうのキャラクターぐらいだ。

まして永野は男性である。男性のファッションというのはスーツが土台にあり、スーツからは逃れられない部分がある。そんなことは百も承知のはずだが、それでも永野は劇中で「スーツ」を排除していたのだ。永野があのマンガを描き続けるモチベーションの1つは「新しい服をデザインして発表したい」という欲望のはずで、だから物語的必然性もなく新デザインがしばしば登場したりする。にも拘らず、スーツだけは登場しない。

「永野護って服マニアなのにスーツは眼中にないんだなあ」としみじみ思いつつ、いろいろ合点がいった。どうりで作品の中に古典的な紳士服やスーツのキャラが目立たないわけだ。永野に言わせれば「FSSで最もおしゃれ」であるというデコース・ワイズメルがラペル(スーツのエリ)について薀蓄を語るようなキャラではなく、ストリート的な自由なコーディネートの人物であったことの辻褄も合う。

近年の永野護はキャラクターシートにおけるデザイン画の「ハイディテール化」に熱心なような気がしている(『カレンダー2009』など)。それはたとえば刺繍模様やソックスの柄や、今まではあまり手を出さなかったはずのファー素材の描画に顕れている。じゃあそんな感じで、永野がスーツのディテールも微細に描写していくかというと、それはちょっと考えられない。しかしそれはそれで見てみたい気もしてくるが。

それに、永野護本人についてだって、スーツ雑誌的な着こなしでイベント等に現れるのを想像できない。デザイン性の強いスーツならともかく、永野が普通のスーツを着ていたらちょっと嫌だ(着てたらごめんなさい)。※2

個人的にも熟練の技術で紳士服をつくるテーラーは凄いと思うけど、スーツオタク的なファッションはあんまり好きじゃないので、『ファイブスター物語』がそういうキャラが跋扈するお話じゃなくて、ゴスロリ騎士が「服をバカにされた」ことにキレて刀を抜くマンガで本当によかった。

もっとも、『FSS』にスーツが出てこないのは、永野の個人的趣味だけとも言えないかもしれない。たとえば『FSS』に登場する男性のほとんどは「騎士」のはずで、「騎士」がビジネススーツ然とした普通のスーツで登場するはずがない、という物語上の必然も考えられる。だが、もし永野がスーツ好きであれば、それこそ物語的必然もなくスーツが登場し、「英国の老舗生地メーカー」なんかに言及していてもおかしくはないはずだ。あるいは生地メーカーやスーツメーカーの名前を、地名や人物の名前として借用したりしそうなものだ。

永野護がいくら男性キャラよりも女性キャラのファッションに注力しているとはいえ、もちろん男性騎士の服も魅力的なのは幾つもある。
  • デコース・ワイズメルの黒騎士戦闘服(単行本10巻)
  • 剣聖ベルベットの軍服風ドレスジャケット(デザインズ1)
  • ランドアント・スパコーンのダブルのコート(デザインズ1)
などの軍服由来のアウターや、ブラウニー博士のシングルボタンジャケットなどは非常にかっこいい。



(※1)雑誌『kera!』での toshiya(Dir en grey)との対談
(※2)『ガンダムエース』2009年12月号において、永野は珍しく(?)黒っぽいテーラードジャケットを着ていた。上下のスーツではなかったが。うーん、これに比べると、『FSSアウトライン』で披露していた緑の変形スーツの方が永野護らしくて良いのではないか(2012年12月)。
(※2)あとで思い出したけど、永野も普通のスーツ、着てた。『モデルグラフィックス』の表紙でダブルのスーツを着ていたんだった。ふつうに似合ってた。しかしこれ以外にスーツ着用の例はほぼないと思う(2014年3月)。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する