検索フォーム

『花の詩女ゴティックメード』BD化・DVD化についてのあれこれ

Category : 花の詩女

■お知らせ 2017年 再上映「花の詩女ゴティックメード」


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

・一回見た人もまた見よう
見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

・劇場が遠くても見に行こう
交通費が高いから行かない、なんて言わず、多少の距離なら行くといいと思う。海外のFSSファンに比べれば日本の人は恵まれているのだから。地方の人が武道館のライブに行くようにして行くと。ライブと思えばチケット1800円なんて安すぎるほど。

・どんどん拡散しよう
システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

https://www.dreampass.jp/m342768









 * * *

2014年8月16日追記
映画「花の詩女ゴティックメード」はソフト化の予定がない。NT2014年9月号で、永野監督は「映画で作ったものは映画館で見ないとおかしいじゃない?」と発言。事実上のソフト化しない宣言。見たい人はドリパスで「ファン登録」してから投票しよう。

 * * *

■ 『花の詩女』は4K製作


映画『花の詩女ゴティックメード』のBD化やDVD化はまだアナウンスされていない。この作品は4Kという超高解像度で製作されているわけだが、残念なことに「4Kソフト」という規格そのものがまだ存在しない。したがってファンが『4K版ゴティックメード』を手に出来る日はまだまだ遠そうだ。
ただし、データを圧縮すれば既存のBDやDVDにも収録できる。画質の劣化は避けられないが


■ 『花の詩女』の容量は何ギガバイトか?


待ち遠しいので4Kのこの映画のデータ容量などを仮想的に計算してみようと思う。オーディオヴィジュアルに関してはそれほど詳しくないので調べながら書く。なので間違いや勘違いも含まれている確率高し。

CEATEC 2011:4K映像を光回線で家庭にお届け、東芝の新型テレビでNTTぷららがデモ
↑の記事によれば東芝が用意した4Kデモ映像は「最大144Mビット/秒」であったという。ちなみにBSデジタル放送は「23Mbps」(ウィキペディアによれば)。情報量に6倍ぐらいの差があるらしい。
「最大144Mビット/秒」という数字をもとに「ビットレート計算機」(※1)で計算する。時間は上映時間の70分で入力。ただし最大ビットレートで計算するので、実際にはもう少し小さなサイズになるはず。

結果は、77414400000bytes (73828.1MB)。

これは容量的にブルーレイディスクに収録できるのだろうか?
BDの記録可能な容量は次の通り(ウィキペディアから引用)。
23.3GB(1層 : BD-RE V1.0)
25GB(1層)
50GB(2層)
100GB(3層 : BDXL)
128GB(4層 : BDXL)
容量的には3層のBD100GB!)には入るようだ。(ただし4KデータをBDにそのまま収録してもBDプレーヤーでは再生できない


■ 音響問題について


『花の詩女』の音声って、どのような方式で製作されているのだろう? 私の妄想だけど、永野護のことだから音声はダイレクトストリームデジタル(DSD)を採用、とかあり得る。一般的なCDは44.1khzという規格で、一方のDSDはその64倍の2.8224Mhz。映画館ってDSDの再生に対応しているの知らないけど。
ただし、私の妄想どおりもし実際に『花の詩女』の音声がなんらかの特殊なデータ形式であったとしても、データ形式を既存のものに変換してしまえばソフト化は可能

『花の詩女』という映画の魅力を支える要素として「映画館の音響システム」はけっこう大きい。公開前に永野護が何度か「映画館でないと味わえないから、ぜひ映画館へ足を運んでくれ」的なことを言っていたが、これはソフト化前に少しでも稼ぎたいという意図も当然あったのだろうが、それよりも本当に映画館の音響装置で聞いてこそ値が判るというのも大きかったと思う。『別冊カドカワtreasurere VOL1 総力特集 プログレッシヴ・ロック』』でのインタビュでは「『花の詩女』には一般の映画を超える爆音を仕込んである」みたいなことを言っていたから期待していたのだが、正直なところ思ったよりは抑えられた音量だった(←劇場のせいかも)。しかしそれを踏まえてもあの音響は何度でも聞きたいと思わせるものだった。

ネット上では『花の詩女』のソフト化については映像よりも音響がネックになっている的な話があるのだが(※2)、それってどういう意味だろう。そういう細かいことを言うのは角川ではなく永野だと思うので、永野の気持ちになって考えてみる。
  • 仮説1 音響のデータ形式が特殊であり(←私の妄想)、劣化させてまで既存メディアに収録したくない

  • 仮説2 一般家庭のオーディオ環境では、映画館並みのスケール感が再現できないのが嫌

  • 仮説3 一般家庭に5.1chサラウンドが普及していないので、サラウンドが再現できないのが嫌

考えられるのはこんなところだろうか。1を理由に発売をしぶっているなら、いつの日か次世代メディアが登場した頃にソフト化される可能性はあるにはある。しかし、もし2や3を理由に作者や角川書店が発売を渋るなら、ソフト化は永遠になし、ということになる。なぜなら日本の一般家庭でホームシアター並みかそれ以上のオーディオ環境が普及するとは思えないので。それは困るぞ。まあ今から心配しても仕方がないか。


■ 『花の詩女』の音響は家庭で再現できるか?


あの永野護とて、いつかは『花の詩女』をソフト化してくれると思う(たぶん……)。もしソフト化されたとき、家庭で視聴する際にはなるべく良い音で聞きたいものだ。映画館なみのスケール感のある爆音を家庭で再現することはなかなか難しい。しかし、ある程度は家庭でも再現可能かとも思う。むしろ家庭ならスピーカーのツィーター(高音の出る小さい部分)を耳の高さに合わせられることから、映画館で聞き漏らした微細な音を聞くことができるかもしれない。IHIが協力したあのタービン音についても、ある程度は再現されるのでは?

ただ、そのためには一定の投資も必要であり、そこがネックではある。F.S.S.ファンの際限なくお布施をする敬虔ぶりを踏まえれば、逆に「投資さえすればあの音が聞ける」というセールスも可能かもしれないが。
必要とされる機器はこんな感じだろうか。
・DENON、ONKYO、Pioneerあたりの35000円程度のAVアンプ
・ペア35000程度のフロントスピーカー(必要に応じてセンターとリアも)
・35000円程度のサブウーファー

うーん、合計で10万円を越えるのは投資を惜しまないF.S.S.信者にも厳しいかもしれない。『花の詩女』は5.1ch感がそれほど強くない作品だったと思う(←私が行った劇場ではの話だが)ので、とりあえずリアスピーカーは後回しにしたい。永野は「5.1じゃないとダメ!」とか言いそうだが。



(※1)http://www.losttechnology.jp/JavaScript/bitratecalc.html
(※2)「いまこそ語ろう『花の詩女ゴティックメード』!!~金田淳子+岡田育+さやわか+矢野健二 トークイベント」においてそのような質疑応答があったらしい。

(以下2012年3月31日追記)
「ソニーの4K映像配信はPS4でも利用可能、ちなみにサイズは100GB超」とのニュースが一応ある。きたるPS4が「花の詩女」ファンの救世主になる可能性が出てきたことになる。ただし、永野護や角川書店が発売を渋らなければ、の話なのだが。さらに、本文で記した音響問題は4K配信では解決できないという問題も残る。

(以下2017年1月9日追記)
「UHD BD」について。
4K対応の光ディスク「UHD BD」が登場したので、映画『花の詩女ゴティックメード』もソフト化自体はおそらくは可能な状況になっている。ゲーム機では「Xbox One S」がUHD BDの再生に対応。「PS4」は未対応。


スポンサーサイト

No title

オーディオビジュアルマニアなら凄いソフトだと聞けば間違いなく
買いますよ。何が何でも再生するためにね
その筋に言わせると映画館のシステムと言うのは専門家が
施工していないので突込み所満載だそうです
いわゆるドンシャリとエフェクトの素人騙しなんだそうですw
マニアの憧れ長岡鉄男氏のホームシアター箱舟
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-344.html
http://www.phileweb.com/news/d-av/200107/27/2737.html

Re: No title

ああ、FSSファンではなくオーディオマニアが「花の詩女」のソフトを買うということですか?
たしかにそれはありえますね。
実際、「音響が凄い」という評判を聞きつけて「花の詩女」再上映に駆け付けた人もいるぐらいですからね。

>その筋に言わせると映画館のシステムと言うのは専門家が
>施工していないので突込み所満載だそうです

そういえば映画観の音響設備のクオリティもピンキリという感じはしますね。ぶっちゃけ、高音から中高音に関しては、自宅のスピーカーのほうがイマイチな映画館よりも良い音のような気もしますし。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する