「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想01

Category : F.S.S.
とうとう発売されたデザインズ4。
内容に言及するので、買ってない人は注意。
手にとって、「なんか小さい」と思ったけど、なぜだろう。従来の画集のように箱に入ってないからか?箱はなくてもいいけど、ハードカバーにはして欲しかったなぁと思う。

パラパラとページをめくってみたところ、
「ひゃー」
「きゃー」
「永野やっちゃったー」
というデザイン画がいくつかあった。それらも含め、思いついた感想をメモしていく。少しずつ書くので、一ヶ月で終わるかどうか。

ところで、「値段が高い」とか「サイズがでかすぎる」といった反応がウェブ上で意外と多いことにはちょっと驚いた。思ったよりも新規の読者がついているのかも。


■ ゴティックメード

西洋の甲冑のように光り輝き、東洋の鎧のように美しく彩られた25メートルの巨大な兵器


西洋と東洋かー、GTMってそんなコンセプトで作られてたんだねえ。いや後付けかな。

NT連載再開号に載ってたカイゼリン解剖図が再掲載。
くわしく説明されているのだが、なかなか理解が追いつかない。なので見開き4ページを読むのに1時間もかかった。それでもGTMの構造はよく判らないまま。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する