「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.13巻発売までの道のり

Category : F.S.S.
<お知らせ>
「花の詩女ゴティックメード」復活上映なるか!?
2015/05/23 (土) @大分
@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
https://www.dreampass.jp/e827

2015/05/24(日) @大坂
@TOHOシネマズ くずはモール
https://www.dreampass.jp/e828

※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。
※現状、BD・DVD化は絶望的です。
<お知らせ終>








とうとう今月をもってF.S.S.は休載。
いつかはこの時が来るよね、と覚悟はしていたけど。泣く。
いまやF.S.S.の連載が日常の一部になっていたので、F.S.S.なしの日常なんて考えられない。
8年半の休載のおかげで連載なしの生活にも慣れていたはずなんだけどな。
まあ、こればっかりは仕方ない。

単行本13巻がどうなるかは不明だが、暇なのでいくつか覚書き。


■既刊単行本に収録された連載の回数まとめ
01巻 10ヶ月分
02巻 09ヶ月分
03巻 10ヶ月分
04巻 11ヶ月分
05巻 12ヶ月分
06巻 11ヶ月分
07巻 15ヶ月分(ただし単行本は大幅修正)
08巻 16ヶ月分(ただし単行本は大幅修正)
09巻 12ヶ月分
10巻 16ヶ月分
11巻 16ヶ月分(うちプロム2回)
12巻 17ヶ月分(うちプロム3回)


■単行本13巻の大きさ・厚さ
NT2013年5月号から始まった連載は連続14回続いた。14回分が仮にすべて単行本13巻に収録されるなら、本の厚さは↑の既刊単行本とそれほど変わらない。その厚さだと当初の計画であったNTサイズ刊行というのは無理な気がする。いくらF.S.S.がユーザーフレンドリーを目指さない作品であるとはいえ、重量的に重すぎるし。

それでもあくまで大型サイズ刊行を目指すなら「単行本13巻は2冊組のBOXセット」みたいな前代未聞の仕様だって可能かもしれないが。それなら薄くて読みやすい。私は薄くて大きいのがいいなと思っているけど、賛美両論ありそう。


■作者からの予告
単行本の今後について作者は以下のように予告している。
それぞれ2010年、2012年、2013年のもの。
いずれも永野護の語った予告は実現しない(註)という経験則を踏まえて読み解かなければならない。

註:最近では「連載開始と同時にデザインズ4発売」「再開から1年以内に単行本発売」などが反故となった事例としてある。

連載の再開後、およそ1年以内に「13巻」を発売する予定ですが、このとき13巻を含め、従来の1巻から12巻までの単行本全てがニュータイプサイズ、つまり連載時の大きさで、すべて刷新される予定です。
(オートマチックフラワーズ内F.S.S.トピックス2010年12月18日)

ここから読み取れること
・連載再開から1年以内発売なら、収録されるのは連載9回分前後となる。従来よりもやや薄めの単行本を想定していたのかもしれない
・サイズも大判へとリニューアルするつもりだったらしい

たぶん13巻のラストに入るだろうツラック隊のエピソードは、「ファイブスター物語」のなかでも最もバラエティに飛んだ濃いエピソードになるんじゃないかな。
(『ユリイカ総特集永野護』「永野護インタビュー」2012年11月)

ここから読み取れること
・連載再開の数ヶ月前のこの時点では「ツラック隊」までが13巻に収録される予定だったらしい
・しかし実際には「ツラック隊」は次の14巻へ持越しとなった
・ただし、作者のこの発言がもし「13巻のラストに(冒頭のみ)入るだろうツラック隊のエピソード」という意味だったとすれば、シナリオは計画通りに進んでいることになる

単行本にして6巻分という超巨大な物語、第6話
(NT2013年10月号)

ここから読み取れること
・第6話は単行本11巻から16巻までの予定らしい。非常に長いエピソードだった第4話よりもさらに1巻分、長い


■単行本発売「前後」の休載期間まとめ
F.S.S.はこれまで単行本の発売前後(発売前とは限らない)に数か月の休載をしてきた。
単行本それぞれの発売前後の休載期間をまとめた。
(数え間違いあるかも)

第01巻:00ヶ月(信じられない!)
第02巻:04ヶ月
第03巻:03ヶ月
第04巻:03ヶ月
第05巻:03ヶ月
第06巻:04ヶ月
第07巻:04ヶ月
第08巻:08ヶ月(この間に『PS』発売)
第09巻:06ヶ月
第10巻:12ヶ月(この間に『KF』発売)
第11巻:05ヶ月(この間に『SW』発売)
第12巻:28ヶ月(この間に映画製作開始)

休載期間の平均は4.7ヶ月。(12巻の分は例外として除外した)

こうして一覧にすると年月を経るごとに休載期間が伸びているのがわかって泣ける。
ただ、その期間に画集などを制作しているケースもあるので、べつに作者がサボっているわけではないと思う。『ツインタワー』以後の画集は『プラスチック・スタイル』『ナイト・フラグス』とページや設定が増える一方だったし。

逆に考えれば、次の画集(デザインズ5)の準備は8年半の休載中にある程度終えている(と私は勝手に思っている)ので、今回の休載はそれほど長引かないかもしれない。


■単行本13巻はどうなる
結局のところ、単行本13巻がどうなるかはぜんぜんわからない。
以下の点、果たしてどうなるかね。

  • 発売日はいつ?

  • 表紙イラストはいつも通り描くのか?

  • 判は従来のサイズか、NTサイズか?

  • 映画『花の詩女』をDVD化しないままだと13巻で読者は混乱しないか?


  • ニュータイプに単行本情報が小出しで明かされるたびに一喜一憂していく予定です。
    スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する