「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想02―GTM

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S. DESIGNS4』の感想をネタバレとか気にせずに書いていくので、未読の人は注意。

<お知らせ>
永野護監督作品『花の詩女ゴティックメード』
2014年 全国再上映なるか?
※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
これを見ないとF.S.S.単行本13巻を理解できません。
永野キャラ・永野ロボットがほんとに動く!
従来のロボットモノとは一線を画する音響!
F.S.S.読者は絶対に見るべきです。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。

2014/7/4(金) 21:00~@広島
復活上映なるか!?@広島バルト11
https://www.dreampass.jp/e664

2014/7/12(土) 13:00~@福岡
@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
https://www.dreampass.jp/e662

2014/7/18(金) 21:00~@大阪
@梅田ブルク7
https://www.dreampass.jp/e665

2014/7/27(日) 17:30~@名古屋
@名古屋ピカデリー
https://www.dreampass.jp/e663

2014/6/29(日) 13:00~@東京
@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e666




当初は「連載再開と同時に発売」とされていて、結局は連載再開からほぼ一年後の発売となった『F.S.S.DESIGNS4』。

発売前、いくつか期待していたことがあった。

一つは、すでにストックしてあるという20体のGTMの公開。
もう一つは、ツァラトラとマグナパレスの全身の公開。

残念ながら、今回はいずれも公開されなかった。

もったいぶるね。

これまで、ツァラトラのように「全身のうち一部分のみ公開」でずっと引っ張ったケースはほとんどなかったと思う。

よほどの自信作なんだろう。

以下、基本的に「デザインズ4」の見出しごとに感想をメモしていく。

■ ツインスイング オートドライブ関節
MHの時代のF.S.S.では連載の中でその都度、新しいタイプのロボット(例えば、ゴツいMHアシュラテンプル、細いMHネプチューン、巨大なMHヤクトミラージュなど)が用意されてきた。

しかしGTMの時代である現在は、複数のフレームのパターンがすでに出来上がっていて、その例外としてのミラージュGTMまですでに用意されている。

MHの時代は、いわば風呂敷を広げるのと同時進行で物語を進めていたわけだが、これからはきれいに広げられた風呂敷の上で物語を進めることだけに専念できる。以前、作者は「ジョーカー世界の設定はすべて、ロボットが存在するためだけに作られている」という意味のことを語ったことがあるが、そのロボット(GTM)のフォーマットが完全に確立したことで、あとは物語はスイスイと進むんじゃないだろうか。進んでほしい。

ただし、この作者のことだから、数年後に「GTMの関節はおかしい。あの関節で戦闘に耐えるはずがない」とか言い出しかねないのは困ったところだ。


■ メロウラ

そのためにGTMは機関銃の内部のような塊のブロックが互いをロックすることで衝撃に耐える構造となっているのだ。

GTMは銃器の構造を念頭にデザインされているらしい。私は銃器についてはノータッチなので、よくわからない。


■ GTMの眼球と索敵システム

戦場に1万人の兵士がいたとしたら、GTMはいつでもこれらの1万人の兵士を狙撃することが可能なのだから

こわすぎ。これが今月のニュータイプの、襲撃されたスパコーンの言動に繋がっているんだろう。


■ カイゼリンの装甲変色システム

2992年のヤーボ・ビートが使用した時は赤とオレンジが基本色で、(略)

まじかよ。
たしかにMHエンプレスとGTMカイゼリンには「色が違う」という星団史的な矛盾があったわけだが、でもその程度の矛盾は仕方ないだろう、と私は勝手に納得していた。なので、作者がこんなところで辻褄合わせしてくるとは思わなかった。なかなかの力技だな。

変色はGTMカイゼリンのみの機能だそう。
すべてのGTMが変色できたら、上記の類の矛盾のいくつかは解消できそうなものだが。


■ 操縦システム~ファティマ側
ファティマ・オキストロって「オーケストラ」だったのか!


感想、まだまだ続く。続くっていうか終わらない。

スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する