「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想03―GTM

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S. DESIGNS4』の感想をネタバレとか気にせずに書いていくので、未読の人は注意。
<お知らせ>
永野護監督作品『花の詩女ゴティックメード』
2014年 全国再上映なるか?
※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
これを見ないとF.S.S.単行本13巻を理解できません。
永野キャラ・永野ロボットがほんとに動く!
従来のロボットモノとは一線を画する音響!
F.S.S.読者は絶対に見るべきです。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。

2014/7/4(金) 21:00~@広島
復活上映なるか!?@広島バルト11
https://www.dreampass.jp/e664

2014/7/12(土) 13:00~@福岡
@ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
https://www.dreampass.jp/e662

2014/7/18(金) 21:00~@大阪
@梅田ブルク7
https://www.dreampass.jp/e665

2014/7/27(日) 17:30~@名古屋
@名古屋ピカデリー
https://www.dreampass.jp/e663

2014/6/29(日) 13:00~@東京
@お台場シネマメディアージュ
https://www.dreampass.jp/e666


■ GTM黒騎士 ダッカス・ザ・ブラックナイト
ニュータイプで公開されたものとは色がだいぶ違う。たしか当時の解説には「濃緑色」と書かれているのに誌面のダッカスは濃緑色には見えず、変だなと思っていた。ニュータイプでは今回の正しい色が出なかったようだ。でも「黒騎士」なのに黒色じゃないのはいいのか。
(追記20140319:色の件だけど、確認したところ、ニュータイプでは黒色にしか見えない。おそらく印刷云々ではなく、ニュータイプ掲載時には黒色だったのを、「デザインズ4」用に塗り直したのだと思われる。)

2013年の設定大改編でいろいろ設定は変わったけど、GTMダッカスがルミラン・クロスビンの作であるという設定は残っていて安心した。クロスビンのMHには胴体の造りに共通性があって、そこが好きだった。GTMでもそうなってると嬉しい。

そして見逃せないのが以下の記述。

現次点での永野デザインの最高峰である


以前、「GTMダッカスは本気デザインじゃないのでは」という意味のメモを書いたけど、ハズれた。
信心が足りませんでした。
当時は理屈で考えてみて「本気じゃない」と推測してはみたものの、それとは裏腹に、私の目は明らかにダッカスに釘付けになっていたので、作者の「最高峰」との自己評価にも納得である(言い訳)。


■ GTMバーガ・ハリBS
ニュータイプで見たよりも発色がかなり良い。綺麗。


■ フィルモア帝国GTM系列
ダイ・グの乗機GTMウィリーズは元クバルカン法国太閤機とのこと。ほほー。


■ 変形GTMゲートシオン・マーク2

ストーイ博士はのちに「エルディアイ・ツバンツヒ」と呼ばれるが、本名のストーイを名乗ると(後略)

本名だったのか!
あの人達に本名とかいう概念があるとは思わなかった。

ツバンツヒと天照のコントが可笑しい。
ツバンツヒは「かわいい半透明の調理器具」まで開発しているらしい。
まるで地球のようだな。


■ GTMゲートシオンホルダ31A・幽霊(ユーレイ)
解説によると「ツインスイング関節は完全弛緩状態」とのこと。腕がだらりと伸びている。GTMはもともと、さとうけいいちのビッグオーとシルエットが似ているのだが、腕が垂れ下がっているので尚更、ビッグオーっぽくみえる。


■ ツァラトウストラ・アプターブリンガー
何度見ても凄いデザイン画。

しびれる。

それでもデザイナー的にはダッカスのほうが最高峰なのだというのが面白い。

パーツの構成が複雑なので、頭部とか形を把握できない。MHレッドミラージュやMHナイトオブゴールドの頭は、かろうじて子供でもお絵かきで描けそうなところがあったが、ツァラトラは無理じゃなかろうか。

装甲の色も詳しく解説されている。珍しい。
そこに「ホワイトゴールド・コーティング」とあって気になった。なんか惹かれる。これは合金の「白色金」のことなのか、それともそのまま「白っぽい金色」のことなのか。

実物のツァラトラは、さまざまな素材感が主張していて美しいんだろうなぁ。

なぜか見出しに「GTM」の文字がない。他のGTMは「GTM」と書かれているのに。何か意味あるのか?





まだ続く。

早くアシリア・セパレートの感想を書きたいのだが、なかなかそこまで行き着かない。

スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する