「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想04―アシリアセパレート

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S. DESIGNS4』の感想をネタバレとか気にせずに書いていくので、未読の人は注意。



基本的には「DESIGNS4」の見出しごとに感想をメモしてます。

■ アシリアセパレート 
映画『花の詩女』からファティマ・町のアップ。

めちゃくちゃ鮮やかな色。

この美しい町を4K対応劇場で見れた人は幸せだな。

あの映画は2Kの劇場で見るくらいなら、いっそ4Kのテレビで、部屋を暗くして見たほうが映像の美しさを堪能できる気がする。F.S.S.猛者のなかには、『花の詩女』4K版メディア化に向け、今から4Kテレビを用意してる人もいるんだろうな。しかしテレビも大事だが、オーディオ関係の更新を考えてみてもよいと思う。スピーカーに関しては欧米製のものがオススメ。関係ないけど、Jポップの衰退って、若者にオーディオの素晴らしさを伝えられなかった日本のオーディオ屋の責任もけっこう重いんじゃないか。


■ ファティマ・町
「蛍光パライバスカイブルー」だって。

こだわりの色というだけあって綺麗。

参考までに。
画像検索「パライバトルマリン」
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=lmosU9GrGYrFkwX6zYCQBg&sqi=2&ved=0CCkQsAQ&biw=1164&bih=788
美しすぎる。

アクト6は「トラフィックス3・パルスエット」とのこと。これは初出の情報かな。


■ アシリア・セパレート

アシリア・セパレートが「ビスケット・スタイル」と呼ばれるのはその膨大なパーツのためである。

意味がよくわからん。
そういえば、ビスケット・スタイルってビスチェに由来するデザインでは、と以前は想像していたことを思い出した。違ったっぽいが。

蜘蛛の糸よりも細いヘリオスの糸で編まれたアシリアの生地は織り目が肉眼ではまったく見えないほど細かく、GTM同様の美しい光沢を発する。

そういう意味だったか。何ヶ月か前の連載トビラ(註)に、「表面には織り目はまったく出ず、(後略)」とあって意味を取りあぐねていた。あまりに細かくて織り目が見えないという意味だったのね。非常にすっきりした。

(註)ニュータイプ2013年8月号


■ アシリア・セパレートの構造 ファティマ・コンコード
とうとうファティマにも分解図きたー。「完成図」は以前のニュータイプに載っていたものなのだが、まさか分解図になってるとはねー。

透明な靴について。
デザイン自体は発表済みだし知ってたけど、改めてムチャな設定だなぁと思う。透明とか、行くとこまで行ったな。常識的に考えればあまりにリアリティがない靴だし、これが他の漫画家のデザインなら「どんな素材だよ」って突っ込みたいところだ。でも永野の場合は常日頃の服フリークぶりが凄まじいんで、透明な靴もありだよなー、うん、って納得してしまうのであった。

あ、透明な靴っていっても、F.S.S.的にはそう革新的ではないかも。
人間向けの靴といえば主に皮革製なわけだが、ファティマの靴が同じように皮革で出来ているとは思えない。だって革はファティマの運動に耐えられないから。靴が崩壊すると思う。なので、ファティマの靴ってデカダンの頃からずっと革ではなく、SF的な素材だったのだろう。最初からSF的な素材だったのなら、靴が透明化されたのもそう驚くことではない、と。

それでも気になるのは、透明な靴ってクッションはどうなってんの?ということだ。永野は「屈伸性はある」と書いているけど、でも革や布の内張りがないと靴ズレするよ。騎士の運動に耐えうる内張り(しかも透明)って凄いな。

ファティマ服の設定とか調べずに書いたので、あとでまた調べよう。

まだ続く。



スポンサーサイト

履き良い靴下

いつも楽しく拝見しております。ランダムに読み返しつつ、気付いたら忘れぬ内にの書込ですので、失礼ながらお邪魔します。
透明靴のクッションの件ですが、アシリアの場合、素足履きは基本無いとするなら、靴下類がその役割を果たせないでしょうか。
自分は山靴が好きなのですが、近年の山ブームのせいもあり、山靴は不必要なほど機能満載です。
しかし、靴下は相変わらず通気性や保温性など、素材が多少進化した程度で、靴に見合う物を見つけられずにおります。
アレルギー体質につきAF並の天然素材派ですが、綿や羊毛となると、履き易さなど望むべくもありません。
しかしジョーカーの技術をもってすれば、天然素材をナノレベルで縮れさせ、AFの戦闘時動作にも耐えうる天然素材の靴下を…耐ショックシルクとかいかがでしょうか(笑)
いちいちシューレースをほどき靴下直すのが、ホント面倒くさいです。
まぁ、透明中敷きにその機能を持たせれば良いのですが…
私事で失礼を致しました。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する