「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想06―もこもこ靴下

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S. デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いていくので、未読の人は注意。





■ 手編みニットのもこもこ靴下~アシリアの意外な決め事 アシリアの(作者にとっての)デザイン面での工夫などが語られている。思ったとおり、アシリアにはハード+ソフトの異素材感が意図されているそうだ。服についてはこういったデザイン裏事情を話してくれるけど、GTMについてはなにも語らない作者。

アシリアは素材の質感が硬く、ファティマの雰囲気とマッチしにくい。なので作者は、結局は柔らかいイメージのデカダンばかり描いてしまうのでは、と「作業的な心配」(p37)をしたといい、そこでアシリアを硬+軟のコーデにした、という。でも結局は作者が解説文でボヤいているように、明らかにアシリアって描くの大変なはず。まじどーすんのと思う。描くの地獄じゃん、と判っていながらパーツを増やしてしまう辺り、やっぱデザイナーなんだなあ。アシリアの描写に凝るぶんだけGTMの描写があっさりする、なんてこともあったりして。

カイゼリンスーツ、かなり好きかも。
服(実物)も見てみたいが、フィギュアでも見てみたいものだよ。
ふくべ屋さんには頑張ってほしい。
ボークスの完成品ファティマを作っていた平井興治、大石凡にも期待しているのだが、そもそもF.S.S.フィギュアを作る原型師自体が少ないっていう。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する