「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想07―カイゼリン・スーツ バックスタイル

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S.デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いていくので、未読の人は注意。







基本的には「デザインズ4」の見出しごとに感想をメモしてます。
あと何回か服についての感想が続きます。

■ カイゼリン・スーツ バックスタイル
このコンコード、キャラシートとしては珍しく顔が横向きになっているせいか、妙に実在感がある。鼻のせいかな。

ブーツが透明なので、ソックスを履いた足が透けてみえている。透けているおかげでつま先の部分にきちんと「捨て寸」(足の指が動くための空間)がとってあるのが確認できる。捨て寸は重要。描き手によっては捨て寸ゼロの窮屈すぎる靴を描いてしまうケースもあるから。まあ、物語的には瑣末な細部でしかない。しかしF.S.S.は瑣末な細部の集合であって、その部分こそが面白かったりするのだから困る。いや困らないが。むしろ本当に困るのは、膨大な細部が面白いせいで、読者の興味がF.S.S.のテーマそのものに向かわないことかもしれない。

この解説文のなかで作者がまたシャネルとミュウミュウの6万円のソックスのことを言っていて笑った。『リブート5(P164)』が最初で、次が『ニュータイプ2013年5月号』、今回が3回目。永野がこれほど一つのアイテムに執着するのは珍しい。そもそも、「デザイナー」を自称する作者がよそのブランドのアイテムを引用すること自体が稀だったはずで、つまりそれほどお気に入りなんだろう。

ちなみに同じ素材の手編みのカラー(付け襟)は3万円だった。こっちは……ええ、買いましたとも!このオレが靴下1足買えなかったのが積年の恨みである。おのれ~~~。このニットの恨みは次のラキシスで晴らす!(p38)


ラキシスが楽しみだな。
ここで個人的に興味深かったのは、おそらくレディース物であろう「付け襟」を永野が買っていること。そっかー、やっぱレディースでも買うよな永野は。そうだと思ってた。まあ、今までもマノロ・ブラニクとか持ってると匂わせてたし(※)、それほど驚かないけど。買うとき、自分用と言って買うのか、それとも奥さん用と言い訳して買うのか気になる。

(※)『ニュータイプ』の「モデルにファティマ服を着せる企画」と、同じく『ニュータイプ』で永野が西村しのぶのコラムを代筆をしたときだったと思う(あとで確認すべし)。

ちなみに、ニットの付け襟で思い出すのは、ツバンツヒ(『花の詩女』登場時)の襟だ。ツバンツヒの襟はニットではなくファー素材だと思われるが、柔らかい素材感を持ってきているところは共通している。従来の永野デザインの襟といえば、ほとんどがコットンかシルクのような普通の生地だったはずで、そこにモコモコ素材を持ってくるのが現在の永野のトレンドなのだろう。

ついでにメモしておくと、襟の素材感で遊ぶのは何もツバンツヒだけではない。
写真『別冊カドカワtreasureVOL.1』(2012年/角川マガジンズ)より

コピー ~ 写真
不鮮明ではあるが、襟の部分に立体的な刺繍のようなデザインが入っているのが確認できる。ダブルカラーシャツ(襟が二枚重ねのシャツ)のようだが、もしかすると「付け襟」なのかもしれない。チェックのジャケットも含めてやっぱおしゃれ。


・永野護はどこで服を学んだのか
ところでこのジャケット、自分でオーダーした物ではないか。なんとなく既製品ではない気がする。そういえば、永野が『kera!』でトシヤ(ディルアングレイ)と対談したとき、「シャツ:自家製」と書いてあったのが思い出される。自家製って自分でオーダーしたってことかな、と当時は理解していたのだが、まさか本当に自分で作ったのか?もしそうなら、↑のジャケットも自作である可能性が出てくるぞ。まじかよ。

少なくとも永野護のオフィシャルな経歴のなかに、服飾の技術を専門的に学んだ形跡はない(はず)。しかしよくよく考えてみると、どこかの段階で、服飾専門学校に入学してたりする可能性はゼロではない。ってことに今頃、気づいた。プロの小説家だってデビュー後、大学で小説を学んだりするぐらいだし。うわー、今までまったく考えが至らなかったなー。

『ユリイカ総特集永野護』のファッション対談(蘆田裕史×小野原誠)でもその辺りへの言及はなかったが、実際どうなんだろ。
スポンサーサイト

No title

昔の記事にレスしてすみません。

永野さんの実家が呉服屋か縫製工場か何かで
「生地に埋もれる子供時代だった」というのを単行本か何かで読んだ記憶があります。

それと、カジュアルなシャツやジャケットレベルなら
洋裁学校にいかなくても独学の家庭洋裁でOKですよ
型紙も売ってますしね
さすがにビジネスやフォーマル向けの紳士服は無理ですが
(レディスのフォーマルスーツぐらいなら家でも縫えますが紳士服は
色々と難しすぎます)

No title

コメントありがとうございます。

>「生地に埋もれる子供時代だった」

言ってましたね。調べたところデザインズ1のアイシャの解説ページでした。

>レディスのフォーマルスーツぐらいなら家でも縫えますが

これは知らなかったので驚きました。自作すごいですね。もしそのレベルの技術を持っていれば画像のようなジャケットも自作できそうです。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する