「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」感想2014年5月号(連載再開13回目)

Category : F.S.S.
<お知らせ>
「花の詩女ゴティックメード」復活上映なるか!?
2015/05/23 (土) @大分
@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
https://www.dreampass.jp/e827

2015/05/24(日) @大坂
@TOHOシネマズ くずはモール
https://www.dreampass.jp/e828

※規定の枚数のチケットが売れなければ再上映されません。企画が不成立の場合、お金は掛かりません。
周囲のF.S.S.読者を誘って企画を成立させましょう。
※現状、BD・DVD化は絶望的です。
<お知らせ終>

2014年04月20日追記
2014年04月15日投稿
ネタバレあるので、連載をまだ読んでいない人、単行本派の人、映画『花の詩女』未見の人は注意。








■ 扉:オデット(オデッセイ広告)
イラストそのものは先月の流用。新規イラストや文章はなし。ちょっと残念。「デザインズ5」のイラストや設定文が出るのを期待してたんだけど。

川村万梨阿の「オデッセイ」のCDのレーベルが小さく載っている。CD4枚にそれぞれ一人ずつキャラクターが印刷されている。この4人にはなにか共通点があるのだろうか。
このうち一枚がシルビスらしきキャラクター。シルビルといえば90年代前半によく描かれていた印象なので、こうして最新のタッチと色で描かれるとそれだけで新鮮。
ふと思ったけど、シルビスも詩女なの?


■ 本編4ページ減
先月に続いて今月も4ページ減。
なんで。
先月も今月も「ごめん」などのエクスキューズなし。
原稿が間に合わなかったのではなく、あえてページ減らしてるのだろうか。
まさか、連載を描きつつ単行本の表紙も描いてるとか?
永野はこれまで
連載の再開後、およそ1年以内に「13巻」を発売する予定」(オートマチックフラワーズ内)とか、
あまり間をおかずに「ファイブスター物語」13巻が発売となります」(デザインズ4)
とか言ってきたのだが、これらの発言はページを減らして連載をやりつつ表紙イラストも用意しちゃうから単行本はわりと早く出せるゼという意味だったのか?だとしたら画期的だ。でも連載をしないで休養する期間も大事だと思うよ。原稿にだけ向かっていれば良い物語が描けるわけではないと思うし。


■ 権力としての永野護
先月でてきたオーダ宇宙海賊のGTM、今月は暴れてくれるかな、とうとうロボットの宇宙戦かな、と期待してたらそうでもなく。そう簡単には宇宙戦はみせてくれないらしい。

船内アナウンス「空気のある安全なブロックから移動しないでください!!」。
なんだかSFみたい。
F.S.S.にこうして宇宙らしい描写が出てくるのっていつ以来だっけな。ぜんぜん関係ないけど、吾妻ひでおの作品に「SFをやると担当に怒られる」的なエピソードがあったのを思い出した。同じようなことをいしかわじゅんも言ってた気がする。かつてSFをすることを禁じられたマンガ家がいる一方で、永野護はやすやすとSFを描き始め、誰からも咎められることなく25年以上続いている。時代が違うとはいえ。作者はSFではなくおとぎ話と言っているがこの場合、それは関係ない。これに限らずさまざまな面でF.S.S.は他のマンガ家に許されないようなことを平気でやっていて、ずるい。たとえばF.S.S.では担当編集者が本編にリテイクを出したり、物語にコミットしたりするということが皆無のはずだ。少なくともF.S.S.周辺でそのような証言はひとつもない。それは島本和彦が『吼えろペン』の中で担当編集者と格闘しているのとは対照的だ。永野護は本当に一人でF.S.S.を作っている(ただし例外的に単行本第1巻の用語集を井上伸一郎が書いているだとか、あるいはクロニクルの類にも周囲のスタッフによる記述があったようだが)。

永野護、自由すぎるよ。内部事情は知らないけど、たぶん永野護という存在はKADOKAWA内でアジールみたいになってるんじゃないか。
F.S.S.=永野護は当たり前のようにSFをやり、当たり前のように打ち切りの憂き目に遭わず、当たり前のように版権を出版社ではなく自分で管理し、当たり前のように休載し、当たり前のように突如として映画を作り出す。それもこれも、全ては永野護が子供(と大きなお友達)の喜ぶロボットを描けるデザイナー(註)であり、ミリオンセラー作家であるからなのだが、じゃあ他のミリオンマンガ家は永野護ほどの権力になっているかというと決してそうではあるまい。なぜ永野護は権力として君臨し続けられるのか、という問いは私にとってスタント遊星の謎と同じくらい興味深い。

(註)そういえば思い出したのだが、夫婦喧嘩したときに川村万梨阿から「ロボット描けなかったらダメ人間」的なことを言われたというエピソードがある。信者はみんな知ってるか。


■ ジャコー・クォン・ハッシュはヴィジュアル系
ジャコーきたー。よしよし。
キャラシートでは口紅してるっぽいのだが、今回はすっぴんに近い。

ジャコーはF.S.S.では珍しいヴィジュアル系キャラ。コーラスやトリハロンやジークボウが「美形」であるのに対し、ジャコーやメヨーヨ大帝は「V系」。ジャコーは見た目がV系だし、実際デザイン画が描かれたのも1998年であり、90年代後半V系ブーム下に誕生している。ちなみに90年代の前半のV系ブーム下ではメヨーヨ王子が生まれている(一応断っておくと、作者が自分でそのように説明しているわけではなく、私が勝手にそう読み取ってるだけ)。じゃあ00年代中頃のネオV系ブーム下に出てきたキャラって誰かいたっけ、と気になるところだが、思いつかず。バギィ・ブーフをして「ヤベエこいつ!!」と言わしめたバイズビズなどはV系的だが、どっちかというとモードに近い気もする。


■ ジャコーの髪型
ここでいつも通りテキトーに口走ってしまうけど、ジャコーのデザインで重要なのは髪型だ。ジャコーの髪型は00年代のメンズスパイダー系の盛り盛りな髪型を彷彿とさせる。Vホス系(V系+ホスト)ともいわれたこのジャンルには「筋盛り」という技術があった(参考画像リンク)。これは髪を無数の細い束にし、それを盛ることでボリュームをつける髪型で、おそらくはマンガのような髪型を現実化したものである。マンガの現実化だからたとえば海外でもV系はオタク趣味の延長として受容されたりする。

筋盛りでポイントとなるのは極端にボリュームがついている点だ。こういった特徴は、ジャコーがデザインされた90年代後半のころのV系界隈には存在しなかった。筋盛りを含めたVホス系というジャンルの登場は00年代に入ってからなので、結果的にジャコーはVホス的なものをあらかじめ先取りしていた、といえる。そのことがジャコーがV系と呼ばれる所以なのである。うっ、なんか永野っぽい言い回しだな。

見た目もだが、性格的にもヤンキーなのでVホスっぽい。そういえばジャコーの母親であるイマラ・ロウト・ジャジャスもヤンキーっぽかった。この親にしてこの子ありの感。てことはあの母も若いころはギャルファッションだったのだろうか。第5話で淑女を装っていたのが逆に怪しい。

第5話ではヤンチャで頭の悪そうな子供だったジャコーが、キャラシートや今月の連載ではV系のキメキメなお兄さんに成長している、というギャップがF.S.S.の面白いところの一つだ。読者によってはこれを同一人物と言い張るのは強引にしか見えないかもしれない。だが、これは単にギャップを狙った演出というわけではなくて、ヤンキーなら思春期を過ぎれば髪もツンツンになっちゃうよね、という判断が永野にはあって、その意味ではジャコーは成長は穏当なところだといえる。


■ ジャコーの服
ジャコー、着ているブルゾンにファーが付いている辺りは正しい。そういえばメヨーヨ大帝もファー付けてたな。
あ、ブルゾンじゃなくてモッズコートかも。後ろ身頃がシッポのように尖っているようにもみえるんで。モッズコートってF.S.S.では見たことなかった気がする。
このファーは良いんだけど、インナーはふつうのタンクトップで、パンツも普通っぽい。オシャレ感はあまりなし。
私的にはこういったゆるいシルエットではなく細身のロックな服を着てほしい。それこそ「ユリイカ」で蘆田裕史が言及していたエディ・スリマンのようなやつもいいし、数年前の109メンズやマルイメンのようなやつも似合うだろう。しかし、永野はタイト至上主義者じゃないし、そもそもベタなメンズファッションなんて描いてくれないのであった。永野が筆をとるときは現実の世界に衝撃的なファッション(たとえばゴスロリのようなやつ)が登場したときだけ、なのだろう。
そういう作者の個人的な趣味嗜好とは別に、女性騎士やファティマがタイトな服を着てるのに男性までタイトな服を着るとF.S.S.の画面が単調になってしまう、みたいな配慮も作者にはあるのかもそれない。


まだジャコーのことしかしゃべってないので、続く。続きはここに追記する。

以下、追記。


■ 永野護と荒木飛呂彦とヴィジュアル系
メモ。
F.S.S.のライバルは「ジョジョの奇妙な冒険」ということになっている。主に私のなかで。この二つの作者にはいろいろ共通点ありまくりだと思うのだが、誰も話題にしない。読者かぶってないのか?うーん、まあ、F.S.S.の読者はジョジョも読んでいそうだが、ジョジョの読者はF.S.S.知らないかも。
それはよいとして、ヴィジュアル系。
90年代はヴィジュアル系の時代だった。88年にヴィジュアル系前史としてのボウイが解散した後、92年にルナシーがデビューした後のほぼ10年は、だいたいそんな感じだった。現在の10代のギャとギャ男には信じられない話だろうが、テレビの音楽番組にお化粧したバンドが毎週のように出ていた時代なのだからヴィジュアル系の時代としか言いようがない。
そのような環境下でF.S.S.のメヨーヨ大帝、ジャコー、マヨール・レーベンハイト、ボスヤスフォートは生まれているし、ジョジョにおいては第5部のブチャラティチームが登場している。荒木が言うにはブチャラティのチームは「スマップのようなグループ」を念頭において作られたらしいが、どう見てもヴィジュアル系である。90年代のF.S.S.もジョジョも、ともにV系化していたことをここにメモしておく。
あ、この二人の作者が同じ時期にどんなキャラクターを作っていたか時系列順で比べてみると楽しいかも。こんど忘れなかったら、やろう。


■ その他の感想
  • ジャコー、しゃべり方が特徴的。


  • ジャコー、この尖った見た目で一人称は「オイラ」。


  • ジャコー・クォン・ハッシュ。
    今まで気づかなかったが、クォン・デと名前かぶってたのね。クォン・デは日本で死んだベトナムの王子。ベトナムをフランスの支配から解放するために奔走した。


  • ファティマ・弁天も登場。
    いつ以来だか忘れた。
    宇宙で活動するファティマはプラスタが基本、と設定されているのでプラスタで登場。
    本編にアシリア仕様のプラスタが出るのってこの弁天が最初かな?


  • 弁天の襟巻きってこうなってたのか!
    キャラシートの正面のイメージが強いので横からのデザインが新鮮。


  • ジャコー「"ヴィン・ティン" 警察権でここのマザーに侵入しろ 娘さんの追跡を」。
    言われた弁天が空中に映った画面のようなものを操作。8年半の休載でファティマにそんな能力が追加されたらしい。


  • ジャコーのイオタ宇宙騎士団は治安騎士団。
    治安騎士団とか聞くとサヨクの私は微妙な気持ちになるのだった。権力を持たない一般人が権力を代行する、なんてそもそも無茶な話だし、自警団ってようするに私刑団だし。
    今月のジャコーは「警察権でマザーに侵入しろ」と言っているのでイオタは公的な組織のようだ。


  • うわーこのファティマ誰?きれー。
    顔じゃ誰だかわからんし、服も未発表の新作だし。アレクトーのセリフによればファティマ・カレとのこと。へー。ステートバルロ・カイダのファティマ。カレといえば第5話の「ブラックスリー」でブリを片手でふり回していたあのファティマ。


  • カレのアシリア服、かなり良い。
    海月姫のノムさんなら「どっふー」って言うところだ。
    ミニドレスのスカート部分が短めなので提灯パンツが映えるデザイン。
    アシリアセパレートのデザインって、スカート部分の形が重要だと思う。たとえばエストの場合はぺろーんとした四角い板状で、あれは私にはイマイチなのだが、もちろんあれは一番シンプルな基本形なのであって、今後はこのカレのように様々なパターンが登場するはず。楽しみ。
    あと、アシリアのエストやカイゼリンスーツはぶっちゃけ、シルエット的にはデカダンと大きな違いはないのだが、今回のカレやアレクトーは提灯パンツのシルエットが強調されるため明らかに「非デカダン」な装い。アシリアセパレートが新しいデザインラインだということがよくわかる。

    先月号の特集記事にアレクトーのキャラシートは載ってたが、カレのはなかった。今月のお披露目のために隠してのか。


  • カレのアップの顔に作者の気合を感じる。
    ファティマには珍しく(?)髪がなびいているのも含めちょっと写実的な雰囲気。「我が名はエスト」のときのエストとは違う種類の写実性。人造人間ゆえの奇妙さ(気色悪さ)もある。ファティマってかわいいし美しいんだけど、たぶんリアルに描けば描くほど怖くなるんじゃないか。


  • グリット・ブリンガー。
    先月の表紙がお披露目で、今月さっそく登場。かっこいい。でもちょっと地味かなあ。


  • カイダの顔がなんか変!
    そういえばカイダってアップで描かれたことあったっけ。一度くらい見てみたい。


  • ファティマ・アレクトーが登場。
    先月のキャラシートの服。
    アレクトー「こんなに風ふいてもワタシのカミはゆれない~~っ 固めてあるから~~ ヤッホッホー
    固めてたのね。


  • アイシャきたー。
    先月の作者の予告どおり。たぶんこのアイシャの服も新作。先月の特集記事によれば、タイツの色はアイボリーとのこと。


  • スパコーン、ハスハのドヌーブたちに名が轟いていたいたけど、今月もハスハの騎士から「あんた… いや… あなたは… 」とか言われている。有名人やな。
    ジョーカー世界での騎士の顔の認知度ってどんな感じなのだろう。


  • この辺り、コマ割りの展開が早い。


  • 天照からの親書。
    映画『花の詩女』でトリハロンがべリンに放り投げたことで有名な「連邦議会の決議書」を思い出す。





スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する