「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想15―詩女(2)

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S.デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いてので、注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。



■ 聖宮ラーン
詩女ラーンの花の種について。

ラーンは、星団歴2000年代初頭、2300年代、3100年代、3900年代にこの道で花の種を渡したとされるが(後略)
(永野護『F.S.S.デザインズ4』p70

詩女ラーンは星団史において4度、花の種を誰かに渡しているのだという。参考に4度それぞれの年代の出来事を新年表から抜き出しておく。年表のなかで種を渡された人物としてと明記されているのはウラニウム・バランスのみ。他に誰に渡されたんだろう、とか想像できるのがF.S.S.の楽しいところだ。

2000年代初頭

2014 ボオス星、聖宮ラーンのゴーム支配の解放に星団列強が参加。「東宮西宮の乱」と呼ばれる。この事件をきっかけに星団法が誕生する。ウラニウム・バランス、「花の詩女」から花の種が渡される。


2300年代

2310 GTMを制御するための演算機、「ファティマ」誕生。リチウム・バランス公によって作られたそれは人間と同様の生命体であった。兵器名として「オートマチック・フラワーズ」とも呼ばれる。

2324 天照、エイダス大陸東方10カ国の天照王朝皇帝となり、デルタ・ベルン星の全統治を開始。ガス・ガル連邦との講和始まる。


3100年代

3100 アドラー星の南半球、ヨーグン大陸とアダマス大陸で国家の再編が始まる。

3159 天照、突如予告もなくアドラー星に武力侵攻開始。バスター・ランチャーを使用した無慈悲な攻撃で、天照は星団連合より殺戮者として告訴されるが星団委員会を離脱。以後天照は星団法を無視。
同年、密かにフィルモア帝国皇帝とラーンの詩女の間に想像を絶する協定が結ばれる。

3180 天照王朝の旗艦「ザ・ウィル」完成。

3199 天照、ボオス星に侵攻開始。
聖宮ラーンとカステポー以外のすべてを支配下に置く。数多くの国家首脳は抵抗するも、皮肉なことに一般市民たちは安定したA.K.D.の政治を歓迎する。


3900年代

3952 天照、巨大になったジュノー星の反抗天照勢力が他星に広がっている事実を認め、遂に、ジュノー星に侵攻開始。

3960 天照、コーラス王朝制圧。
ジュノー星をも支配下に置き、星団皇帝となる。コーラス王朝の女官アテンタ、生まれたばかりのコーラス王子を連れて脱出。

3961 天照、星団全統治。
が、天照は自分と同じ姿をしたファティマ「ユーパンドラ」を表に立て、その全統治権をゆだねた。以後天照の消息は消える。ミラージュ騎士団も解散、消滅。

3968 コーラス王朝マイスナー家の生き残り、王女ディジナ、コーラス女官ルンカの手によりボオス星へと脱出。

3969 天照の影武者、ユーパンドラの恐怖政治始まる。
この時代にはGTM、ファティマの数は激減しており、GTMは発掘、レストア。ファティマは非人間型の「エトラムル型」が主流となっていた。

年表はすべて以下のウェブサイトからの引用。
https://docs.google.com/document/d/1gX8XTFO23oHa4tFyhxZ7QmGKl4SMzIepUYb5TN9AxDE/mobilebasic?pli=1


■詩女ラーン・ユニオ5(アジェリ・マグダル)
・一般に詩女は「ドキュメンターレス・オブ・ボォス」だが、詩女ラーンのみ「ドキュメンターレス・オブ・ジョーカー」。「星団歴そのもの」とさえ言われるという。預言者ではなく、予言者。

・詩女ラーンの人物像について以下。

歴代の詩女の中で最もやさしく、人々に人気のあった詩女である。
(永野護『F.S.S.デザインズ4』p72

自分の奥さんをこんなふうに記述してしまうマモちゃんさすが。アジェリは漢字で阿蘭梨であるそうで、もう完全に万梨阿。

・ちなみに本書では阿蘭梨とされているが、元ネタは阿「闍」梨だろうか。便利なウィキペディアによれば阿闍梨とは以下の通り。

阿闍梨(あじゃり、あざり、サンスクリット:ācārya アーチャーリヤ、阿舎梨・阿闍梨耶とも音写)とは、サンスクリットで「軌範」を意味し、漢語では師範・軌師範・正行とも表記するが、その意味は本来、正しく諸戒律を守り、弟子たちの規範となり、法を教授する師匠や僧侶のことである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%97%8D%E6%A2%A8

これを読んでアーチャリーという言葉を思い出した。これも阿闍梨から来ているようだ。適切な裁判も受けられず死刑囚になってしまったオウム真理教主宰者には6人子供がいて、そのうち三女がアーチャリーと呼ばれていた。

・服のデザインは他の詩女よりシンプル。そしてベリンって必ずスリーブレス(袖なし)なのだね。トリハロンも袖をやぶってたし、お似合いというところか。


■ アデム・ライト・ミカレス
ミカレス(最高神官)の衣装を着たアデムのキャラシート。
おなじくミカレスになるヘアード(デザインズ3)と同じ衣装かな、と確認したところ、別だった。デザインの雰囲気は似ているのだが。ファイブ・スター(首飾り)は共通。

ヘアードのミカレス衣装では巻き巻きデザインの冠が特徴的だった。パートナーのナールーシャも巻き巻きのド派手なスーツだった。それに対し今回のアデムはヘアードのような冠こそかぶっていないものの、肩章に小さな巻き巻きがくっついている点は共通。

巻き巻きといえばGTMダッカスが思い出される。『デザインズ4』では黒の聖女ダッカスが率いる超帝國皇帝騎士団「カンプグルッペ・シュバルツ」が後のGTMダッカスに繋がる、との設定(p63)も出ているので、もしかすると巻き巻きデザインは超帝國の時代からつづく由緒ある意匠だったりするのかもしれない。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する