「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想17―詩女(4)

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S.デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いてので、注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。



■にきたまの詩女(かがやきの詩女)ライヒ・ナカカラ
・デザインについて
ニュータイプ2014年2月号の扉に「トホホな詩女」として初登場したキャラクター。作者は「ナカカラは主人公クラスのデザイン画が用意されている。こいつ作るのに2年くらいかかっている」と言っているが、2年かけた甲斐あって(?)死ぬほどかわいいデザイン画になっている。

扉では線画だったので、今回がカラー初公開。ゆるい雰囲気に合わせて色も淡い。アウターはとても淡いピンク色で、バルーンスカートはカスタード色。こんなに淡いピンク色もF.S.S.では珍しい。珍しいので、F.S.S.ってパステルカラーは少なくて、キリッとした色が多いんだなあと逆に気付かされた。てことは、私がパステルカラーの服をなんとなく敬遠してしまうのは、知らぬ間に永野カラーの影響を受けていたのか?

それにしてもかわいい。すべてのパーツがかわいい。特に花びらのような帽子は反則。やっぱり永野帽子にハズレなし。襟は当然のようにモコモコしている。中にスポンジ入っているみたいなモコモコ感。

全体的に少しだけロリータっぽさのあるデザインだが、シルエットは永野オリジナルと言ってよいと思う。私がロボットもファッションも同類だと思うのは、いずれも「新しいシルエットを提示した人が偉い」からだ。で、このコーデを抽象化すると、
花びら帽子+ふんわりブラウス+袖のない短いジャケット+ひざ下丈のバルーンスカート
となる。このルールだけ守って、あとは色とか柄とか自由にコーデすれば自分だけのナカカラふうの装いとなる。あっ、それって正に、どこぞのGTMスライダーの「ナカカラ様をイメージしてみましたっ」コーデ(NT6月号)じゃん。やっぱり永野的にもこのシルエットはいろいろ遊んでみたくなるほどの自信作なのかもしれない。こうなると、ゴスロリみたいに独自の呼称をつけたくなるね。永野ロリータでナガロリ。うーん……。

それにしても、こんな良いデザイン見せられると、アリスアンドザパイレーツでもヴィクトリアンメイデンでも何でもいいから永野とコラボしてくれと思う。私が死ぬまでに一回くらい永野デザイン服を買わせてほしい。レディースでもメンズいいので。イラストをアップロードするだけで服になるSTARtedとかもあるし。

ところで、このデザイン画には直筆の日付が入っている。ふつうは書籍にする段階で消されるらしいが、今回は残っている(消されていないデザイン画のいくつかはリブートに収録されている)。で、このデザイン画は2013年11月20日に書かれたらしく、かなり新しいデザインであることが判明した。まじかよ。それって連載の扉にナカカラが登場する直前じゃん。私は魔導大戦の登場キャラのデザインなんてとっくに全員分完了してると思ってた。8年半の休載中に絶対すべて終わってて、あとは本編を描きまくるだけの段階だと思ってた。しかしそうではなかったらしい。てことは、今後も「デザインするから休載」がありうるわけだな。永野信者として読みが甘かったことを反省している。

あ、あと顔。
本編でクリスティン・Vに助言したときとは微妙に雰囲気が違う。キャラシートの顔は現在らしい感じがする。あ、でも約10年前のファティマ・ヒュートラン(デカダン)にちょっと似てるかな。

・人物設定について
ライヒ・ナカカラは「東宮西宮の乱」と、それが元となり制定された「星団法」に関わる人物。また、「2020年の出来事」にも関わっているらしい。2020年といえば年表上では天照が生まれた年という記載があるのみだが、そこでなにか関わるのだろうか。
他にもニヤニヤしていしまう設定があるんで、今後が楽しみ。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する