「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想18―詩女(5)

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S.デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いてので、注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。

GTM広島上映が厳しい。6月23日までにあと19枚売れなければならない。せっかくの機会なのにな~。

■集約の詩女 クルル・タイダル
ひとつ前の詩女ナカカラのキャラシートは淡い色だったけど、詩女タイダルは鮮やかな色遣いでザ・永野カラーという感じ。

解説を読む限り、この詩女タイダルにもいくつかの物語が用意されているよう。というか、すべての詩女にそれぞれの物語が用意されているはず。連載でそれを読める日は来るのだろうか。


■あらたまの詩女 リトラ
[Apostleress on a
Dark side of the Moon]
Dark~はピンクフロイドのアルバム名からの引用。2013年の設定改編以後は洋楽等からの引用を控えていくのかな、と思ってたけど、そうでもなかったらしい。

リトラは「特別な詩女」(p80)。
リトラって凄いキャラクターだ。主人公の妻という物語のうえで非常に重要な立ち位置にいるにも拘らず、本編には20年以上前の第3話に出たっきりで、設定さえ出てこなかった。そのリトラが実は詩女でした、と明かされたのが昨年あたりのことだった。「詩女」という呼称は映画『花の詩女』以後の新しいものだが、リトラが巫女的なものであるというアイデア自体はけっこう古くからあったんだろうなと想像する。その設定がようやく読者に明かされつつあるのだろう。気の長い話だな。

解説によれば、天照の生まれた2020年、セントリーやカレンも参加する超常レベルの戦いがおこなわれていて、それを天照とリトラは見ているのだという。めっちゃ楽しみなんだけど、このエピソード、たぶん現在の第6話と関係ないよね。てことは描かれるのは第7話以後だろうか。遠い。

リトラの典星舎制服のキャラシートも掲載。
このキャラシートが初めて公開された当時、永野、韓流ドラマでも見てる?とか思ったのを思い出した。ちょっとチマチョゴリっぽい。年齢は高校生くらいとのことで前ページの詩女コスチュームの時よりも若いようだが、化粧は濃い。


■晴天の詩女 ボルサ・バスコ
フンフト(第一期)の前の詩女。第6話のアクト3「ダイ・グの花嫁」では、クリスティンの前に現れた詩女軍団のなかにいた。
詩女のなかでも特に落ち着いた雰囲気がある。と書いてみて気付いたけど、詩女ってやんちゃそうな人物が意外と多いのが面白い。読者である私たちにとっての最初の詩女(というか巫女)であるムグミカがどこかフワっとした雰囲気だったので、勝手にミスリードされてた。

ボルサは第5話以後、よく名前が出てくる割にデザイン画がなかった。単行本9巻のスバースの純血家系図に顔のみ掲載されていた。顔の雰囲気は当時と変わったような変わってないような。『デザインズ4』に掲載されている詩女たちは基本的に新しいキャラクターなのだが、このボルサやフンフトに関しては第5話の開始にあたり、新しい設定(超帝國や純血など)をつくる中で出来上がったキャラクターなんだろう。「ハスハの巫女」という設定に歴史的な厚みが出てくる最初の時期の巫女(詩女)。

超帝國純血の血統という点で特殊な詩女。慧茄と親戚。
単行本9巻家系図ではカイエンに剣聖を与えたと記されている。カイエン、クーン、アウクソーと縁が深いらしいので、そのあたりの話も本編で読みたいんだけどなー。

かぶっている帽子のハイライト部分がボカしたような効果が加えられている。シャープな光沢感ではないってことだろう。シャカシャカ系の生地なんだろうか。


■沈黙の詩女~魅惑の聖女 フンフト

フィルモアの元老院の老人たちなど詩女からすれば赤子以下でしかないのだから。
p83


……考えてはいけないことなのだが、フンフトの1期目、その過ちによる追放は彼女自身が確信していたのではないかとまで後の世では噂されている。
p83

詩女さまは恐ろしい。上にやんちゃと書いたが、やんちゃどころの話じゃない。


■ヘアード・グローバー
画集『ナイトフラグス』掲載のヘアード最初のキャラシート。やっぱこの頃のリスマチックセルの色は綺麗。
帽子に入ったマークが詩女マーク(花の輪)に描き直されている。このように近年の作者は過去のキャラシートに現在の設定を反映させるような描き足し/描き直しをする。たぶんデジタルセルなので簡単にできるんだろうけど、わざわざ描き直さなくてもいいのに、と思う。それをやり始めたら、たとえば初期のミラージュ騎士団のキャラシートのミラージュマークを花十字に描き直すなんてことにもなるわけで、それってナンセンスだと思うし。というか、ふつう、作家にとって自分が一遍発表したものに手を加えるのって嫌なもんじゃないのか。永野は意外と嫌じゃなかったのかな。

ま、それはともかくとして。
ヘアードの服や装飾品について細かい解説がされている。そのうち肩にくっついた「雲形のかざり」が興味深い。解説によればこれは「ラーンの象徴」であるという。これまでに発表されてきたキャラクターのなかで雲形に近い意匠の入ったものといえば年代順に以下。他に誰かいたっけな。
ヘアード(単行本10巻)1999年頃発表
ヘアード ミカレス大神官(デザインズ3)2008年発表
ファティマ・ナールーシャ(デザインズ3)2008年発表
アデム、ムンセン、ナナド(『花の詩女』エンディング)2012年発表
GTMダッカス(NT2013年5月号)

1999年頃のヘアードの肩に描き込まれた雲模様が、やがては黒騎士バッシュ(現ダッカス)の全身にまで及ぶだなんて一体誰が想像しただろうか。作者だって1999年の時点では雲模様を「ラーンの象徴」(P84)とまでは考えていなかったかもしれないし。ただ、雲模様ってヤーン・ダッカスや黒騎士の「三つ巴」マークとも似ているので、聖宮ラーン~ヤーン・ダッカス~黒騎士というふうに設定的にうまいこと繋がっているのは確かだ。
というわけでGTMダッカスへの読者の不満がいくらあろうが「ラーンの象徴たる雲模様なんだから有り難いデザインだろ」とでも言えば丸く収まる(収まりませんか)。

ヘアードの私服。
上にロング丈のベストを着ているキャラシート。脛には乗馬のチャップスのようなアイテム。ダイ・グもしていたし、永野ファッションでは定番。
まさかこの服がスパコーンに買ってもらったものだったとはね。「いばらの道を歩く人生」(p84)という物語を背負っていることもあってか、ベストもインナーも渋い色味。本編でドヌーブ・ガゼットからモテない女子扱いされるヘアードをみるにつけ、女子なのに作者から華やかな服を宛てがってもらなくて可哀想に、と奇妙な同情をしてしまった。美しいウェディングドレスとかで登場するシーン、用意されてたりすると私はうれしい。

この私服のキャラシートの初出は2003年の画集『スモークウォール』(もしくはそれ以前にNTやTOJに先行掲載されてるかも)。ここで着ているベストが本編に出てくるまでに11年かかっている計算。F.S.S.ではよくあること。
ちなみに、『スモークウォール』には髪を短くしたマグダルも掲載されていて、第6話アクト4「ロスト・マグダル」のシナリオが2003年時点である程度、出来上がっていたこと窺わせる。

ヘアードの制服。
『スクールデザインズ』からの転載。ヘアードって髪型がずっと変わらないのね。髪型といえば、ヘアードと関係ない話だけど、F.S.S.ってファッションマンガなので服とか髪型とか頻繁に変わると見せかけて、実は服にしろ髪型にしろキャラの同一性はそれなりに守られていると思う。『ユリイカ総特集永野護』で伊藤剛が「キャラの同一性がないので読みにくい」的なことを言っていた気がするけど、永野の気分としては、同一性を重視するマンガという表現形式にけっこう譲歩してんじゃないのかな、と私は思っている。きちんと検証すればよいのだが、面倒くさい。

で、制服。上着は丈がボレロ丈(ウェストよりも短い丈)で、ボタンの合わせもない作りで、ほんとのボレロみたいで非常にかわいい。なんだかロリータ系ブランドでふつうに売ってそうな感じ。袖先なんて広がってるしオシャレすぎ。でもこの形だと袖丈ツメとかダシとか出来なくて、学生服としては不便では、という突っ込みは野暮か。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する