「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.13巻発売までの道のり(2)

Category : F.S.S.
広島GTM上映まであと5枚。
ツイッターの永野護公式アカウントからの紹介があってからけっこう売れたみたい。


1か月くらい前、「オートマチックフラワーズ」サイトに以下のようなお知らせが出た。

Turns red and yellow:2014
ファイブスター物語13巻
A5版変形
2014年発売予定
価格未定
発売 KADOKAWA


「A5版変形」(いつもの単行本サイズ)というのがショックすぎる。やっぱりNTサイズへの大判化は頓挫したらしい。私的には「テールズオブジョーカー」(NTサイズ。連載3か月分掲載のムック)的なかたちで連載がまとめられると嬉しいのだが、当の作者が「子が親の一部を食う」ようなムックは「今後は絶対にありえない」(『デザインズ4』あとがき)と言っているので、その線もないらしい。あ~あ~。

突如、作者からのツイートが。

これは燃える。「映画「花の詩女」の星団歴451年のエピソードがダイジェストで加筆」というのはスゴい。めっちゃ嬉しいなあ。いっそそれもニュータイプに掲載すればいいのにな。
で、このマンガ版「花の詩女」、何ページぐらいに纏まるんだろうか。連載1か月分(14ページ)じゃ絶対に終わらないだろうし、3か月でも無理では。だからこその「ダイジェストで」ということなんだろうけど。自分でマンガ描く読者の人なら、自分でネーム描いてみて何ページくらいか計算する遊びができるね。

あ、考えてみると、今回のように既存のエピソード(花の詩女)をマンガ形式で再話する試みって初めてのことだ。F.S.S.はこれまで、マンガ、一枚イラスト、掌編小説(KFなどに掲載)といったメディア形態をとって発表されてきたが、基本的には1エピソード=1メディアだったはず。同じエピソードが複数のメディアで語られたケースはない。そういう意味でもマンガ版『花の詩女』はたいへん楽しみだ。映画版となにが違い、何が同じだろうか。

しかし、作者のツイートには不穏なものも感じる。
この文面には「マンガ版『花の詩女』はまだ描いてなくて、今から描くつもりです」というニュアンスがないか。通常の単行本化作業だけなら4~6ケ月程度(従来の実績から弾き出した数値です)で終わるんだろうけど、それに加えてマンガ版「花の詩女」まで作るとなると、プラス3か月以上は掛かるのではないか。つまり、単行本発売は12月か翌年2月くらいになるのではないか。「オートマチックフラワーズ」サイトでは年内発売とされているが、それも怪しくなってきたな。ま、F.S.S.ではよくあることだよ。

もう一つ気になること。
この作者に限って一度、映画という形で語り終えたエピソードをもう一度、別の形で再構成するなんていう二度手間をしたがるだろうか?という疑問はやっぱり残る。読者である私も、永野護には過去のエピソードなんか振り返らずにさっさと次のエピソードを語ってほしい、と思う部分はあるし、永野だってそういうタイプだと思う。
なのにわざわざ手間を掛けてまでマンガ化するのは、映画『花の詩女』はソフト化しないからマンガで我慢してね、ということではなかろうな。川村万梨阿ベスト盤のオマケである「空の皇子 花の詩女SE音源入り」だってそういう意味だったりして。悪い方へ考えるとそうなるのだが、良い方へ考えると、もともと13巻には映画「花の詩女」を何らかのかたちで必ず挿入しなければならなかったという事情は一応、ある(そうじゃないと映画を見てない読者が混乱してしまう)。

スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する