「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想19―詩女(6)

Category : F.S.S.
永野護『F.S.S.デザインズ4』の感想をネタバレとか気にせずに書いてので、注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。



■AP騎士団ラーン支隊長 ドヌーブ・ガゼット
前ページのへアードとほぼ同じAPの服を着ているのだが、色の鮮やかさがぜんぜん違う。へアードのは落ち着いたトーンだがドヌーブは曇りの一切ない鮮やかさ。どちらも良い。


■転生の王女 ムグミカ・コレット
キャラシートはムグミカ初登場の頃のものだが、今回に合わせて色だけ塗り直されている。元のキャラシートは緑色系でまとめられていたが、今回のは全体に青色系。ムグミカの服で面白いのはスカート部分にサクランボのような柄が描かれていること。永野にしては珍しい柄の入った服。

あれ、作者は『デザインズ3』で新規にムグミカのキャラシートを描いているのに、なんで今回は古いほうのキャラシートを塗り直して掲載したのだろう。気に入らなかったのかな。

どうでもよいことだけど、このムグミカの解説部分にマグダルについての解説もちょっと書かれていて、こういうのって後で当該の設定を探すときに苦労するんでどうにかならないものか。ならんだろうが。


■グリント・ツヴィンゲン
ここはグリント・ツヴィンゲンって何、という私のような読者のための項目。

グリント・ツヴィンゲンとはようするに精神パワーのことで、グリント・ツヴィンゲンを使う者のことをバイターという、という設定。グリント・ツヴィンゲンには4種類あり、ボルテッツ、スコーパー、グレイン、オペラと分類される。うーん、私はこの時点ですでに面倒くさくなってきたぞ。ま、覚えなくてもいっか。

・フ・リエ・シグダ(ボルテッツ)
このキャラシートは数年前のものなので今更だけど、背中にでっかい羽みたいなのがくっついているのね。なにこれ。

・ホワイト・リンクス
このキャラシートも『デザインズ1』の頃のものなので今更だが、ホワイト・リンクスって荒木飛呂彦の「ジョジョ」っぽい。髪型もだし、服の柄も。えっ、ホワイトリンクスってルーズソック履いてたのか! 永野版ルーズソックスじゃん!ヒール靴と合わせてあってかっけー。あ、違うわ。レッグウォーマーだった。現在の永野なら「手編みで6万円」とか言いそうなアイテム。


■星団歴2000年代以降の主な詩女たちと出来事
これを見ると『デザインズ4』に収録されなかった詩女があと数人いるのがわかる。どうせならすべての詩女のキャラシートと設定を掲載してほしかったなー。

詩女の在位年も書いてあって、たとえば魅惑の聖女フンフトなら「3030年~3070年?」とされているのだが、自分でお話つくってるのに「?」とはこれ如何に。あ、明確にしちゃうと物語のネタバレになりかねない、みたいな事情があるのか?

フンフトの時代に以下の出来事。

3075年 フィルモア帝國と連携し、惑星カーマントーを解放。以後カーマントー、聖宮ラーン・ミノグシア連合に編入。
p90

早くマンガで読みたい。

この年表では時の詩女マグダルの在位期間の出来事として「4100年 星団解放」までが含まれていて驚いた。マグダルは2994年生まれなので、星団歴4100年には1106歳とかいうことになるのだが、どういうこと?私がなにか勘違いしてるのだろうか。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する