「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

永野護がF.S.S.を改編した理由について考えてみる

Category : F.S.S.

■お知らせ 2017年 再上映「花の詩女ゴティックメード」


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

・一回見た人もまた見よう
見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

・劇場が遠くても見に行こう
交通費が高いから行かない、なんて言わず、多少の距離なら行くといいと思う。海外のFSSファンに比べれば日本の人は恵まれているのだから。地方の人が武道館のライブに行くようにして行くと。ライブと思えばチケット1800円なんて安すぎるほど。

・どんどん拡散しよう
システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

https://www.dreampass.jp/m342768





■永野護がF.S.S.を改編した理由について考える



萌えぎのエレン
なぜモーターヘッドを捨てたのか
http://moegino.hatenablog.com/entry/FSS-MH
こちらの記事が面白かった。読んでいて、書いたまま放置していた文章の存在を思い出したので掲載。去年の8月に書いたもの。
『花の詩女ゴティックメード』と2013年からのF.S.S.を未見の人は注意。ネタバレあり。

■F.S.S.の「独立」
2013年という年はF.S.S.という作品にとって重大な年だった。それはF.S.S.の8年半ぶりの連載が再開されたから、ではない(それもあるけど)。2013年はF.S.S.がエルガイムから初めて「独立」した年なのである。

永野護が映画『花の詩女ゴティックメード』の製作を開始したのは、おそらく2004年頃のことだ。2003年にはすでにカイゼリンのデザイン原型が誕生している(註)。このアニメ映画の詳細が初めて公表されたのが2006年で、それから2012年の劇場公開までの約6年間、永野は一貫して『花の詩女』を完全なるオリジナルの新作アニメとしてアナウンスしてきた。もし永野や角川書店が、映画の売り上げを少しでも増やすことを考えていたなら「F.S.S.の外伝、映画化!」とでも宣伝すればよかったはずだが、「新作」として発表した。そのため『花の詩女』をスルーしたF.S.S.読者も一定数いたようだ。
 (註)『ニュータイプ』2006年7月号より

映画本編を見れば、『花の詩女』とF.S.S.の関わりは明らかとなる。しかしそれでもなお、永野はシラを切りつづけている。イベントなどの場で永野は、映画のなかにエストや町が登場したことを否認しているのだ。あくまで『花の詩女』は『花の詩女』である、と。歴戦のF.S.S.猛者なら「はいはいツンデレツンデレ」などと受け流してしまうところだが、むしろここに『花の詩女』の本質が隠されている。作者にとって、『花の詩女』はF.S.S.とは無関係の「オリジナルの新作」でなければならなかったのだ。そうでなければ、F.S.S.の自主独立は果たせないのだから。

 
■F.S.S.連載再開と改編
映画公開から5ヶ月後、F.S.S.の連載が再開された。そこで永野がおこなったのは、マンガ史上でも類をみないような自作の大改編であった。詳しくは説明しないが、登場するロボット(モーターヘッド)はすべて『花の詩女』のロボット(ゴティックメード)に置き換えられた。いくつもの固有名詞も『花の詩女』のものに統一され、マンガ本編には「GOTHICMADE≡時の詩女≡」とのサブタイトルが大きく掲げられていた。それは『ファイブスター物語』が『花の詩女ゴティックメード』になってしまったか、あるいは『花の詩女』によって飲み込まれてしまったのかと読者に思わせるものだった。

なぜ永野護はF.S.S.を改編したのか。

その理由について作者がまだ何も語っていないということもあり、読者の間では様々な憶測が飛び交っている。それに乗じて私も憶測の一つをここに記す。この改編劇で永野が目論んだのは、F.S.S.から『重戦機エルガイム』の要素を排除し、さらにF.S.S.を「オリジナルの新作」である『花の詩女』のなかに編入することで、F.S.S.を完全なオリジナル作品にすることではなかったか

周知のとおり、F.S.S.はアニメ『重戦機エルガイム』からの派生として生まれている。多人数で共同制作されるアニメ作品からの派生であるF.S.S.には、必ずしも「永野護のオリジナル」とは言いきれない部分がある。それはエルガイムから継承した部分があるという点でもそうだし、作家のプライド的な点でもだ。これが永野にとって長年の引っかかりとしてあったとしても変ではない。永野はこの改編劇によってそれらの引っかかりを解消したかったのではないか。


■HM≒MH MH≠GTM
だからたぶん、この改変劇で永野が消去したかったのは「モーターヘッド」というよりは、「エルガイムの痕跡」である。

これついてはヘビーメタルとモータヘッドは似ているのに、モーターヘッドとゴティックメードは似ていないという事実から考えるとわかりやすい。『F.S.S.リブート』1巻にはオマケとして、作者がヘビーメタル(HM)のデザインをどのようにモーターヘッド(MH)へと変換していったのかが解説されている。それを読むと両者の進化論的なリンクが見て取れるし、なるほどなと納得することができる。たとえば『リブート1』p94をみれば、HMアシュラ・テンプルが少しずつMHレッドミラージュになっていく経過がよくわかる。それは穏当な進化と言ってよい。HMからMHへの変遷はすんなりと理解できるのだ。

しかし、問題なのはMHからGTMへの変化である。ここでは「進化論」で説明できないような大きな変化が起こっていて、GTMにはもはやHMの痕跡は残っていない。おそらく永野護にとって問題だったのは、MHのなかにエルガイムからの進化の痕跡が残っていたことで、その痕跡を消すために、たとえばあの「鬼瓦の雲模様」(GTMダッカス)が登場するに至ったのではないか。

今回の改編劇で消去されたのはそのようなデザイン上のエルガイム要素だけではない。エルガイムに由来するロボットの名称ーーバッシュ、オージェなどーーもすべて廃され、F.S.S.にエルガイムの痕跡はほぼなくなっている。

ではF.S.S.の看板の一つであるMHが消去された一方、作品のもう一つの看板であるファティマはどうなったのか。ファティマは消えもせず、固有名も変更されなかった。その理由は簡単で、ファティマが『重戦機エルガイム』に登場していなかったからである。正確には、永野護はファティマ的なものを出したかったが、富野由悠季がそれを許さなかった(註)。富野の判断によって、奇しくもファティマは改編を免れた、とも言えるかもしれない。
 (註)富野由悠季「ファティマを嫌悪する」(井上伸一郎『マモルマニア』所収)


■形而上レベルの「独立」
今回の大改編で「エルガイム要素の排除」と並んでもうひとつ重要なのは、F.S.S.の世界が映画『花の詩女』の世界に編入されていることだ。具体的には巫女(F.S.S.)から詩女(花の詩女)へ、実剣(F.S.S.)からガットブロウ(花の詩女)へというふうに、設定・用語などが『花の詩女』基準に改定された。このことの意味は、作者の美意識の変化だとか、気まぐれだとかに留まらない。

永野護の古いインタビュに「ファイブスターはエルガイムの尻尾じゃない」(註)というタイトルのものがある。このタイトルが永野本人によるものか編集部によるものかは不明だが、いずれにしても作品の送り手の側からこのような言葉が出る程度には、F.S.S.にはエルガイムの尻尾としての側面がずっとあった。
 (註)ニュータイプ1986年9月号付録

そんなF.S.S.を永野は『花の詩女』に取り込んでしまった。つまり、F.S.S.はエルガイム要素を丁重に排除された上で、オリジナル新作『花の詩女』の内部へと入れ子構造のように編入されることで、形而上的なレベルにおいても「オリジナル作品」となったのである(強引ではあるが)。エルガイムの変奏との評価を免れなかったF.S.S.は、これにより自主独立を果たし、何にも根ざさない純粋な「おとぎ話」になった、ともいえる。



―――

昨年書いた記事はここまで。
自分で自分の記事に突っ込むのもアレだけど、F.S.S.改編によってすべてのエルガイム要素が消されたわけではないので、その点で私の説には欠陥がある。たとえばGTMマークツーのデザインなどは、エルガイム時代の面影をある程度、残している。超帝國剣聖ミキータ・オージェという名前に関しても変更はなかった。一方、ヤーン・バッシュはヤーン・ダッカスに変更されていたりするわけで、変更の基準は謎だ。


スポンサーサイト

No title

なるほど!
説得力ありました!
良い話をなすってくださり有難う。

No title

いつも楽しく拝見しております。
エレンさん面白かったですね。
改変の事情に関しては、FSS雀達wの噂通り、トイ●゙プレスとの確執がやはり第一だったのかなぁと感じています。
銀色のNOGを無断で作られたら、そりゃ頭に来るでしょうね~。
また古い物を捨てて変わりたがる志向に関しては、永野氏のロック(ミュージシャン)的思考からの考察も面白いと思います。
ボブディランやニールヤングを追いかけているのと、同じ楽しみを、永野作品にも感じます。
「まぁた変わりやがったか!」的な…
おそらくファッション界もそうなのではないでしょうか。

Re:

とおりすがり さん

いえいえ、こんな長い文章読んで下さり、こちらこそありがとうございます。

Re:

ばじさん

作者は「デザインズ4」あとがきでテールズオブジョーカーのことを苦々しく思っていた旨の発言をしていますので、旧版権管理会社との間にはやはり色々あったのかもしれませんね。ただ、旧版権管理会社と永野側が互いにどのような要求をし合ったのかいまいち判然とせず、それでこの件については言及しにくいところがあります。

面白いというか不思議なのは、おっしゃるような改変理由の、いずれにもそれなりの説得力があることです。

(1)旧版権管理会社とのトラブル
(2)古いデザインからの離脱(ロッカー的志向)
(3)エルガイムからの離脱

それだけメリットが多かったからこそ、この大規模な改変をやってのけたのかな、とも思います。


>また古い物を捨てて変わりたがる志向

よくよく考えてみると、80年代に作られたFSS設定を(永野護みたいな変わりたがり人間が)10年代以後もそのまま持ち越す、という方が逆にありえない感じがしますね。むしろジョーカー世界を捨てずに改変だけでよく済ませたものだ、偉いぞマモちゃん、とさえ思えます。

No title

わざわざ返信下さりありがとうございます。
(1)に関しては、雀のサエズリで構わないかと思います。
(2)では、古い歌を唄う時に、まったく違うアレンジで演奏したがるミュージシャン達と似た物を感じたものですから。
ファンとしては、初収録通りの完コピも聴きたいけれど、今度はどんなアレンジかなぁと期待してライヴに行くのも楽しいです。
そんな気持でこの改変に順応しております。
長くなりすいませんでした。
楽しみにしておりますので頑張って下さいませ。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する