「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想26―キャラクターズ(2)

Category : F.S.S.
ネタバレあるので、連載をまだ読んでいない人、単行本派の人、映画『花の詩女』未見の人は注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。






■ナルミ・アイデルマ
リブート7に白黒で掲載されたキャラシート。

アクト5の中、彼女もいろいろな格好で出てくるが、こちらの場合はおしゃれとかではなく、戦場の軍人のいろいろな格好ということで、騎士団内の普段の生活が見られることだろう。
(p120)

そういわれれば戦時下の騎士達の生活ってあまり描かれてこなかった気がする。この辺は作者のなかでストーリーを魅せたいとかではなく、世界そのものを魅せたいっていう感じだな。

私が気になるのはナルミ・アイデルマとキャナリア・アイデルマの関係。同一人物なのか別人なのか。今回の解説文では明かされず。


■ファティマ・ビューリー
キャラシートはトレーサー2からの転載。
地味めなアシリア・スーツだな、って思ったらデカダンだった。区別のつきにくさについては作者も自覚しているようで、作者は解説文のなかでアシリアとデカダンについて、

実際にはスーツの光沢が異なることや、そのスーツが透けていないのですぐ判別は可能ですが、イラストではわかりにくい。
(p121)


と説明していて可笑しい。作者が自分で「イラストではわかりにくい」と言い切ってるのが凄い。そのうち「デジタルセルやモノクロのマンガではスーツの質感が判りにくいので、完全再現のできる3DCGに切り替えます」とか言いそう。


■エルディアイ・ツバンツヒ
リブート7に白黒で掲載されたキャラシート。
ツバンツヒの髪色やメイクはフェアリー的なのに、着ている服はエープ騎士団のゴツくメンズっぽい制服なのでそこにミスマッチがあって面白い。タイツの色は紫色。設定によれば「ローズピンク」色とのこと(註)。ブーツは◇の形にくり貫かれたデザイン。たぶん映画「花の詩女」や本編で履いていたものと同じ。永野ファッションのブーツというとミリタリー由来のデザインが多いという印象なので、このブーツはデザイン入りという点で珍しいと思う。かなり好き。
 (註)NT2014年4月号特集記事より

ツバンツヒのトレードマークにもなっている頭の花のような飾りについて以下の解説。

いつもしている彼女の頭飾りだが、これは両脇にまとめた髪の毛にかぶせるもので中国の民族衣装で見られるものと同じだ
(p122)

たしかに中国だかの民族服で見たことあるぞ。うまく引用するねえ。

エルディアイ・ツバンツヒの本名はストーイ・ワーナー。私はずっとストーイ博士って男性なんだと思ってた。それが『デザインズ3』だったかの中で正体はツバンツヒでした、と明かされたんで驚いた記憶がある。


■ファティマ・”湖のオーハイネ”
キャラシートはトレーサー2からの転載。
上品な見た目ではあるんだけど、服はシンプル過ぎてちょっとな。豪華なオーダーメイドではないのだろう。とか思ったけど、設定によれば「完全なカスタム・スーツで類似のスーツはほかにない」(p123)とのこと。へ~。

靴下は半透明で描かれていて、模様まで入っている。近年のこういった靴下描写って素晴らしい発明だと思う。そういえばオーハイネは本編初登場時でも靴下の模様がこまかく描かれていたっけな。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する