「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.DESIGNS4感想27―キャラクターズ(3)

Category : F.S.S.
ネタバレあるので、連載をまだ読んでいない人、単行本派の人、映画『花の詩女』未見の人は注意。
基本的には「デザインズ4」の見出しごとにメモ。




■エルディアイ・ツバンツヒ ミラージュ騎士団服
映画『花の詩女』カーテンコールのキャラシート。
前のページのツバンツヒ(エープ服)とはタイツの色が微妙に違う。

背を見せたポーズなので、ヒールブーツのアウトソール(靴の底)が見えている。どこぞの実在ブランドのように真っ赤なソールかなと思いきや、意外に普通で黒色。ミラージュマークも入っているので、きっとブランド品とかじゃなくてAKDの支給品なのだろう。
そのミラージュマークなんだけど、今のミラージュの「漆黒の花十字」ってかわいいので、このブーツに刻印されている花十字マークをパンチングでくり抜いたデザインにしてもよかったのではなかろうか。そしたらタイツのローズピンク色が覗いて見えて良い感じに。そうすると漆黒じゃなくて「ローズピンクの花十字」になってしまうけどな。

解説文のなかでは触れられていないが、ツバンツヒはミラージュレフトのナンバー18。シトロン・メナーがナンバー16で、間の17番はエイブ・ロゥ。なのでツバンツヒよりも先にエイブ・ロゥがミラージュ入りするのだろうが、この人物に関する情報がまったく出てこない。いったいどんな人物なんだろ。登場はそれほど遠い未来でもないはずなのだが。


■ユーゴ・マウザー教授
映画『花の詩女』カーテンコールのキャラシート。
映画でこのキャラシートを見たときはびっくりしたなー。なんか液体が滴ってるし。胸にこれみよがしにバッハトマのマークも入ってるし。1回目の鑑賞時には気づかなかったのだが。

液体の滴る服はやはりボスヤスフォートの服と同じ素材とのこと。


流体繊維を使用したこの反射装甲コートはボスヤスフォートが着ていたものと同じで、バッハトマの高級指揮官たちの制服ともなっている。一種の形状記憶繊維で防御にも攻撃にも使えるのはすでにボスヤスフォートが見せている。
(p125)

この素材、いかにも魔法帝国っぽくて良いよね。しかし、他の国家がなぜ使用しないのか謎。カリギュラが開発した専売特許的な素材なのか?だとしたら各国は「あの装甲コートいいな~ウチも欲しいな~」とか思って見ているんだろうか。と言っても、このコート着たボスやん、スパコーンにも炎の女皇帝にも殺されかけてるし、そんな良いもんでもないかも。

私がマウザーで思い出すのはこの写真。
XAMPAGNE 2011年秋冬コレクション
http://www.fashion-press.net/news/2352


■ジークボゥ
キャラシートはトレーサー2からの転載。

「トレーサー2」によればジークの服はルミナス学園のカスタム制服で、生徒会長用とのこと。刺繍のようなものも入っていて、ずいぶんと派手な制服。
ロング丈のテーラードジャケット(詰め襟)に短いマントというシルエット。けっこう好きかも。あっ、これって永野版”王子ファッション”じゃん。ブランドでいえばアトリエBOZとか今はなきBPNなどのような。そう思ったんで検索したらやっぱり、アトリエBOZにマント、売ってるし。
http://www.boz.ne.jp/product/lady's/mantle&coat/list.html
そっかー、永野もようやく王子を描いたかー。ただ、ジークは本当の意味で「王子」なので、ジークにとってはファッションというよりは素の服でしかないのだが。ま、それでも王子は王子。ゴスロリについては既にナイアスで描いてるしね。あとはベタなロリータとかも描いてほしいねえ。

・セイレイ・コーラスと”美苦取案・目偉伝”について
ベタなロリータ、と書いてみて「美苦取案・目偉伝」を思い出した。
ジークボゥとは何の関係もない話。
「美苦取案・目偉伝」とはビクトリアン・メイデン(下リンク)というロリータ系のブランド。第6話で、セイレイ・コーラスが「自惚れ」は読めないけど「美苦取案・目偉伝」は読める、というお話があった(註)。
ビクトリアン・メイデン
http://www.victorianmaiden.com/main.html
ヤンキー的なセイレイがこのクラシックでベタなロリータブランドを愛好しているとは考えにくいのだが、わざわざブランド名が出ているのだからきっと好きなのだろう。セイレイがロリータ……。これは妄想のし甲斐があるな。といっても、おしとやかな服を着る人間がおしとやかとは限らない。それはジョーカーでも現実の世界でも同じかもしれない。
 (註)F.S.S.第6話(単行本12巻p68)

・第6話の「女子的なもの」について
それからも一つメモ。
件のセイレイ対アルルの口喧嘩のシークエンスには、女子あるあるが妙に連続しているのが気になる。
 ・セイレイの「死美羅」「美微暗・餓州徒鬱怒」「美苦取案・目偉伝」
 ・アルルの水虫(ロング丈のレディースブーツに水虫は付き物)
 ・アルルの「ビタミンC」「レモンパック」「DHLローション」「ヒアルロン酸」「日焼け止め」「UVカット」
まあ、F.S.S.って女子あるあるの物語でもあるので、その意味ではいつも通りのF.S.S.とはいえる。が、第6話の前半(単行本11巻、12巻)はそれ以前のF.S.S.までに比べて、「女子的なもの」が強く出てきている印象がある。たとえば第6話から突如として始まった、少女マンガの体裁を借りた「プロムナード」は言うまでもないし、それから以前もメモしたことだけど、第6話(特に単行本12巻)は線が少なめで、画面が白っぽい。「プロムナード」に限らず、第6話は全体としてスタイリッシュな絵柄の少女マンガ―たとえば楠本まき、中村明日美子、三原ミツカズのような?―に近づいている感じがする。

これって、第6話から入ったスクリーントーンアシスタントのHANA OKADAに永野が影響を受けてのことではないか、と私は勝手に踏んでいるのだが、確証なし。


過去の記事一覧
http://pladress.blog.fc2.com/archives.html
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する