「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

永野護と宮台真司(メモ)

Category : F.S.S.
永野護の守備範囲の広さって謎だ。
軍事、音楽、ロボット、コンピュータ、ゲーム、ファッション、模型と、どんだけのジャンルをフォローしてるのか。永野は高偏差値オタク第一世代なので、そりゃ知識欲や体系化への欲望はあっても驚くことではないのだが、それにしても永野はアレもコレもと知識を欲張りする傾向にあると思う。永野護=カリギュラ説。同じくオタク第一世代の岡田斗司夫だって、「オタクだからって美少女が好きとか、戦車が好きだとは限らない。それぞれ別のジャンルだし」みたいなことをメルマガで言っていた気がする。そういう意味では、永野の知識への欲望のあり方は、「ジャンル違うし」と言ってしまう岡田タイプというよりは、アレもコレも網羅せずにおれない宮台真司タイプと考えた方がわかりやすい、かも。宮台と永野の共通点というと、コンピュータや洋ロックへの傾倒、ガールズカルチャーや若者カルチャーを持ち上げるところか。あと、オタクなのにヤンキーっぽいところも似ている。これはけっこう重大な要素かもしれない。オタクとヤンキーの雑婚といえばV系がそうで、だから永野はディルアングレイを評価しちゃう。あの宮台でさえ世代的にV系はフォローしてないのに永野はちゃっかり聞いているわけで、それって普通に凄いと思う。

どうでもよいが、私が知る限りでは宮台真司は一度だけF.S.S.に言及したことがある。『サブカルチャー神話解体』でF.S.S.がなにかの例として示されていたのだった。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する