「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

永野ロボットはいかに女性化したか(1)ガンダム編

Category : F.S.S.
お知らせ 2017年
2017年6月24日と25日、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。
https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。



 * * *



一年以上前、書くと言って放置していた記事を今さら投稿。「服飾としてのロボット(メンズと大河原邦男、レディースと永野護)」のつづき。

永野護が描いたガンダム 
永野護の描くロボットは女性的である、としばしば言われる。たとえば永野が1997年に発表したMHエンプレスは、女性の服を着たロボットだった。上からドレスシャツ(ようするにワイシャツ)、コルセット、ソックス、ピンヒールパンプス、と洋服の意匠がそのままデザインとなっている。永野はこのMHエンプレスを端緒として、ロボットのなかに女性性や女性ファッションの意匠を不自然なほどに、露骨に導入し始めている。00年代後半からのゴティックメードに至っては、まつ毛や、イヤリングまでもが登場している(註)。これから何回かに分けて永野ロボットの女性性について(私の興味の範囲で)振り返ってみたい。
 (註)GTMカイゼリンやGTMマークツー

MHやGTMについて見ていく前に、今回は永野護がデザインした「ガンダム」について考える。映画『花の詩女』以降の若いF.S.S.読者にとっては意外かもしれないが、永野護はかつてガンダムシリーズのデザイナーでもあった。それは永野が25、6歳の頃のことで、富野由悠季監督によって抜擢されたスターのような扱いだった。「Zガンダム」「ガンダムZZ」「逆襲のシャア」のデザイナーとしていくつかの仕事を任されていた。

それにも拘わらず若い読者にとって、たとえばキュベレイ、リックディアス、百式のデザインが永野護の名前とセットで記憶されていないのは、永野が何度も「降板」させられたデザイナーだからだろう。永野が提出したデザインはスポンサーなどの意向と衝突した。ようするに永野護という人は昔から永野護だった。私なんかは永野信者なので、当時のスポンサーや永野デザインを否定したガンダムファンを恨めしく思っているけど、ただ、そのときの挫折によってF.S.S.が生まれたという側面は確実にあるというのが複雑なところではある。「降板」にまつわる事情は以下の記事で。
http://moegino.hatenablog.com/entry/mn-mk-zgundam
「永野護と小林誠のZガンダムという時代」もえぎのhtnb

永野によるMS関係のデザインには「怪獣」としか言いようがない奇怪なものも多いのだが、ガンダム系のデザインもいくつかある。残念ながら永野がデザインしたガンダムがテレビ本編で使われることはなかったが、Zガンダムなどのいくつかの部位には永野のテイストが残っている。永野版ガンダムは美しい。特に模型にしたものを見るとその美しさが際立っていると思う。たとえば以下。
http://homepage3.nifty.com/damian/page036.html
「ZZガンダム ver.NAGANO」扇町彗星帝國


SDガンダムの顔
おっと、前置きだけで記事の半分が過ぎてしまった。
モータヘッドやゴティックメードにおける女性性はしばしば指摘されるが、実は永野ガンダムのなかにも女性的な部分がある。それは唐突だが「SDガンダム」を介して考えるととわかりやすい。「SDガンダム」というのは、便利なウィキペディアによれば「ガンダムシリーズに登場したメカや人物などを、頭が大きく手足が短い低頭身で表現したキャラクター、およびそれを用いた作品群の総称である」。このシリーズのガンダムたちは生命体であり、自意識・性別がある。なのでこの世界には少数ではあるが、「女性のガンダム」が存在するということになっている。

ここで重要なのは、女性型のSDガンダムには「ヒゲ」がないということだ。初代ガンダムを始めとした多くのガンダムの顔にある「ヒゲ」のような「へ」の字型の模様が、女性型のSDガンダムには入っていないのだ。説明するよりも見たほうが早いので、いくつか例を挙げておく。いずれにも「ヒゲ」がないのが確認できる。

これら女性型SDガンダムの顔には、「ゼータ顔」(Zガンダムの顔)と呼ばれる種類のものが多い。ZガンダムというMSは、デザインの成立過程で大河原邦男、近藤和久、藤田一己、永野護と複数のデザイナーの手が入っていて経緯が複雑なのだが、便利なウィキペディアによれば以下のように説明されている。

顔のデザインは永野が描いた没案の顔を採用して最終的にメインデザイナーである藤田によってクリンナップが行われた。
Wikipedia「Zガンダム」


つまり、永野がデザインしたZガンダムの顔が、SDガンダムシリーズにおいては「女性性」の記号として使用されていることになる。

このことから大雑把に分類するなら、大河原邦男による初代ガンダムとは「ヒゲ」のある文字通りの男性の顔なのであり、永野護のガンダムは「ヒゲ」のない女性の顔だったのである。初代の時点では男性的だったガンダムの顔デザインを永野は女性の側に振ったのだ、という言い方をしてもいい。以前、別の日記のなかで永野ロボットのシルエットは女性/レディース服であり、大河原ロボットのシルエットは男性/メンズ服であると対比したが、そのような対比は顔のデザインにおいてもある程度、有効であるようだ。

ただ、たとえばウェブ上で「ゼータ顔」と検索すると、Zガンダムを「イケメン」と形容する文章が出てくることからも判るように、ほんとは「ゼータ顔」は女性的というよりは中性的と言ったほうが正しい気もする。しかし中性的なんて言い出すと無限のグレースケールのため男性性と女性性の分別ができなくなってしまう。なので上のSDガンダムの例を根拠として、永野ガンダムの顔は女性「的」である、ということにとりあえずしておく。

というわけでまとめると、永野ロボットの女性性といえば、90年代以降のMHやGTMにみられるピンヒールなどの服飾的な意匠やウェストの細さなどがよく挙げられるが、1985年の『機動戦士Zガンダム』の時点で、顔デザインのなかに女性性への志向がすでにあったのだ、といったところ。

(追記:
http://ameblo.jp/addicto/entry-10347738733.html
こちらの記事によれば、大河原による初代ガンダムの準備稿にもヒゲのないバージョンがあったようだ。なので、永野のZ顔は大河原準備稿からの引用ということもありうる。)
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する