「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「トホホな詩女」はきゃりーぱみゅぱみゅだった説

Category : F.S.S.
「トホホな詩女」ことライヒ・ナカカラは、永野版きゃりーぱみゅぱみゅなのだろうか。

ナカカラのあのふんわりシルエットやパステルカラーは他のキャラと異質だし、とくにパステルカラーは従来の永野デザインではほとんど見られないものだった。

あれは永野なりのきゃりー的ファッションなのでは。「デザインズ4」でキャラシートを見てからだいぶ時間が経ったけど、今頃になってふとそう思った。

以前、マンガ家の西島大介がこんなことを言っていた。

西島 たぶん永野さんは、マンガとして「ONE PIECE」と勝負するよりも、レディー・ガガに負けたくない人なんだよね。あと、きゃりーぱみゅぱみゅとか増田セバスチャンにも負けたくない。
「永野護「ファイブスター物語」ひらめき☆マンガ学校によるF.S.S.入門」
http://natalie.mu/comic/pp/fivestarstories/page/2



なんかよくわかる。永野護の戦っている土俵っていつもマンガ以外の場所だ。

永野は兵器でもファッションでも、何かに衝撃を受けると「永野版」にしてF.S.S.に取り入れたりする。

なので現在であれば、西島が言ってるきゃりーぱみゅぱみゅや増田セバスチャンのような何かが「永野版」としてF.S.S.本編に登場してもおかしくはないはず。

もちろん、きゃりーぱみゅぱみゅはナカカラよりももっと混沌としたイメージだろ、という反論はありうるけど、逆にきれいに纏まってる辺りが永野らしいのかなとも思う。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する