「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

なんのための選挙権

Category : F.S.S.
F.S.S.と関係ない話。

以下のソープダッシュのセリフは、1990年に始まった湾岸戦争下のものだ。

どんな時代であっても普遍的に読まれていいセリフだと思う。


なんのための選挙権!?
戦争になったら
こうなるのは
当たり前でしょう!

子供たちが
大切なら
戦争なんか
回避できたわよ

『F.S.S.リブート』3巻 p201



ただ、ひとつ虚しいのは、太平洋戦争を含む十五年戦争だって、「軍部の暴走」というよりは「国民の暴走」がまずあった、ということだ。お互いを監視しあい自粛しあい、戦争を待望したのは日本国民だった。ソープダッシュは戦争をさける手段として選挙を使えよ、と言うけれど、私たちが暴走して戦争を望むなら、選挙だってムダに終ってしまうね。

そんなふうに考えると虚しくなるけれど、選挙には必ず行く。

結局のところ、国家をマネジメントする責任は、政権与党などではなく、まして安倍晋三という個人でもなく、私(たち)にあるので。

たとえば2011年の原発事故のとき、私たちは政府や東電にたいして「今まで安全だって騙してたのかよ」と憤ったけれど、政治の責任が私たちにある以上、「騙された」と被害者ぶるのって、ほんとは反則だ。

たとえば00年代に日本の自衛隊がイラクで行った活動は、アメリカのイラク侵攻を手助けするものだった。私は、自衛隊にそんなことしてほしくなかった。それって間接的に「私が」イラクの人を殺したのと同じだからだ。

ふざけんなと思うけど。

ふざけんな、と声を上げる方法の一つとして選挙はある。


以下、面白かった記事。
若者世代の投票率が1%下がると、若者は1人当たり年間13万5000円損しているとの試算(東北大調査)
投票しないと損するんだって。

【総選挙2014】落としちゃ「ダメよ〜、ダメダメ」な衆院選候補者リスト 駒崎弘樹
タイトルがアレだけど。

【総選挙2014】みな勝手に投票すればいい 東浩紀
この煮え切らなさは本当に終始一貫してて、逆にすごい。東浩紀らしい。

スポンサーサイト

No title

これまた素晴らしい考察ですね。FSSでなく社会学ですけど。
ソープの当該セリフの後、結局ビスコあげてるのが好きです。
永野が時にラヴ&ピースだったりするのは、ヒッピー文化の影響をギリ受けてた世代だからなのかな…と、思ったりします。

No title

コメントありがとうございます。
ビスコのシーンはいいですよね。
なるほどヒッピーですか。ヒッピー、永野も子どもの頃に横目で見ていたはずです。そういえばあの時のソープやハイアラキは60年代ファッションがテーマということでしたから、ヒッピーの時代と重なっていますね。関係ないですが、永野本人ってヒッピーというかフォークロア的なファッションが似合いそうだと思いました。

No title

だいぶ間が空いてしまいましたが、レス恐れ入ります。
永野氏がキャスケットだかにボヘミアなシャツ?にベルボドムだかの写真を見た時、「帽子にこだわるのって、リアルででもなんだ…」と思った記憶が有ります。チューリップハットが似合わなかったのか?
さて、肝心の選挙権。
全面賛成です。
原発だって自衛隊だって、ソレが嫌なら脱原発や自衛隊に戦争させる事に反対している政治家や政党に投票すべきだと思います。
選挙の時にロクに公約を読みもせず投票したくせに、後から文句を言うのは、極端な話、誠意が無いと私も思います。
もっとも、選挙では公約を良く比較する事をキチンと教えない80年代以降の教育や、苦情等に乗じて選挙活動を必要以上に縮小させ、国民の知る権利を封じてきた選挙法改悪など、体制側の国民への「教育」による現状でもあるのでしょうが。
永野氏はダイ・グ的平和共存が本意で、争い奪う帝国主義的やり方は、基本嫌いなんだろなぁと、私は思っております。
だからあの「何の為の選挙権?」のクダリや、世界と言う町の同じ町民として仲良く暮らして行ければ」(…でしたっけ?星団3大巨頭会談)的なセリフには、ラヴ&ピースを感じて、才能の有る表現者は平和思想に辿り着くんだなぁジョンレノンやスティービーワンダーみたい♪
などと喜んでしまいます。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する