「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

(追記)「ニュータイプ」感想2015年4月号(休載10ヶ月目)

Category : F.S.S.
映画『花の詩女ゴティックメード』
再上映リクエスト受付中!
見たい人は「ファン登録」して投票すべし。
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で、事実上のソフト化しない宣言が出ました。見たい人はやっぱり投票するしかないようです。

映画「ファイブスター物語」復活上映なるか!?
再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717



表紙:謎のGTMと謎のファティマ
GTMは胸に破烈の人形エンブレムがあるのでリッタージェットだろうか。なんだかものすごく立派でかっこいいデザインのGTM。こんなのが戦場に出てきたら勝てる気しないな。ただ、かっこいいのは間違いなんだけど、好き嫌いで言うとそんな好きでもないかも。あ、でもMHバングよりは好きだが。

ファティマに関しては以下の予告通り、猫耳。


猫耳部分はともかくとして、服はかわいい。いったい誰だろう。新キャラだろうか。顔はラキシスのようでもあり、ヒュートランのようでもあり。読者プレゼントの川村万梨阿の色紙に永野がイラストを描いているのだが、そこに当該ファティマらしきキャラが描かれていて、その後ろにワスチャらしき人物もいることから、このファティマはヒュートランかもしれない。しかしなぜヒュートランとGTMリッタージェット(?)のペアなのか意味がわからない。なんでだろう、と想像できるのがF.S.S.の楽しいところ。

しかし猫耳とはね。ショック度でいうとMHからGTMへの改編よりも猫耳のほうがよほどショックな気も。永野はそんなもん描かんでいい、っていう。しかし、永野護は基本的にミーハーであり、ミーハーさがF.S.S.を面白くしているのは間違いない(永野ミーハー論はいつかこの日記でも書く)。00年代に描かれた「プロムナード」では「萌え」が既に登場しているわけだから、猫耳ファティマだってその延長線上にある。あ、「プロムナード」ではヒュートランは萌えキャラとして描かれたわけだから、今月の萌えな猫耳ファティマはやっぱりヒュートランで正しいかも。顔が少し赤くなってるのは、描いてるマモちゃんが恥ずかしがってるからだな、きっと。

あと関係ないが、先月のNT表紙のGTMダッカスとエストのイラストはふつうの一枚イラストだったけど、今月はGTMのセルイラストにファティマのキャラシートを合成してある。これって今までにはない手法のような。


インタビュー

――消費されずに残る作品というのは何が違うのでしょうか?
「王道かどうかってことなんじゃないのかな。強い男が女性を守るというのも王道だし、守られた女性も実はすごい人だったとかも王道だからじゃないかな」
p16


F.S.S.がファティマというあからさまに男女差別的な設定を掲げていても批判されにくいのは永野のなかにフェミニズムっぽい部分があるからだと思うけど、「強い男が女性を守る」という部分に関してはけっこう保守的だな。

――次に(アニメを―引用者註)つくるとしたらどんな話になるんですか?
「シナリオは3本くらいあるんだけどね。」
p17


もう3本もあんのか! めっちゃ楽しみだな! 
そういえば永野は9年前のインタビューで「『GTM』のシナリオも10本はできている」と言っていた(「ニュータイプ」2006年7月号永野護インタビュより)。そっちはどうなったんだろうか。

(以下追記20150319)

--「ファイブスター物語」は人や物などこの30年で周辺環境が変わっても本当にぶれないですよね。
「何も変わらないよね。そして今後30年もきっと何も変わらないよ」


インタビュアーも永野もふつうに「変わってない」という前提で話してて笑う。たしかに設定が変わっても永野護という人の本質的な部分は何も変わってないとは言える。いや、むしろF.S.S.が変わった変わらないということで言えば、2013年の改編よりも第3話や第5話での改編のほうがよほど一大事だったんじゃないか。これについては次あたりの記事で書く。


ニュータイプ30周年記念イベント
TOHOシネマズ新宿オープニング上映イベント
4月17日『花の詩女ゴティックメード』TCX&爆音上映会
来場者特典つき
http://webnewtype.com/special/30th/


単行本について
ニュータイプには単行本について触れてなかったけど、一部の書店によれば、F.S.S.13巻は5月に発売するらしい。てことは7月か8月くらいに発売すれば良いところか。

スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する