「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」感想2013年5月号(連載再開01回目)

Category : F.S.S.
■お知らせ
映画『花の詩女ゴティックメード』再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で永野監督は「映画で作ったものは映画館で見ないとおかしいじゃない?」と発言。事実上のソフト化しない宣言。見たい人は「ファン登録」してから投票しよう。
※個人的にはこの映画の鑑賞は2回目以降が本番。1回目「なんか変わった映画だな……」。2回目「背景や細部の描写が美しいなあ……」。3回目「良い物語だなあ……」。
※座席に関しては後方座席で物語全体を俯瞰するのも良いが、前方の座席で映像をよく観察するのも楽しいと思う。4K対応劇場でなくとも元映像のハイスペックぶりは感じられるはず。

■お知らせ
映画「ファイブスター物語」再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717


以下、2013年4月に書かれた記事。
************

『ニュータイプ』2013年5月号において、待望の「ファイブスター物語」連載が再開された。

信者というのは恐ろしいもので、お預けを食らえば食らうほど、たとえば『花の詩女ゴティックメード』(わずか70分)や今回のF.S.S.連載(たった21ページ)を与えられただけで死ぬほど満足してしまう。それは永野護という人が、稀代のエンターテイナーであり、稀代の変態デザイナーであるからだ(韻を踏んだ)。

一応、ネタバレ注意。
私は物語の読解・解説とかはしません。できません。ただの日記です。




************



************




映画『花の詩女ゴティックメード』は積年の想いが爆発し、涙なしでは見れない映画だったから、今回の連載でも感極まって泣いてしまうのではないか、とか悠長に考えていた。が、それどころの騒ぎではないのだった。
「あー!」
「ぎゃー!」
「ぐ!!」
「わあ!」
と叫ばずにはおれない展開で、ある意味では『花の詩女』以上の衝撃があった。21ページの連載を読むのに22分も掛かってしまったのは、頭が混乱していたからだろう。


■ 衝撃その1
■ モーターヘッドがすべてゴティックメードに変換

これは想定の範囲内ではあったものの、実際に目の当たりにするとケラケラと笑わざるをえない。やらかし番長でこそ永野。黒騎士については正直なところ、かっこいいのか変なのか判別がつかない。一ついえるのは、たぶん立体化すれば凄い存在感のロボットとなるだろう、ということだ。このバージョンアップされた(というよりも別モノとなってしまった)ロボットたちを、原型師の生嶋毅彦や平井興治はどんな気持ちで見ているだろう。彼らの造る美しいゴティックメードを早く見たい。それにしても、数十体に及ぶモーターヘッドのデザインをすべて一新するというのは並大抵ではない。この人、変態デザイナーだわ、ってしみじみ思う。


■ 永野 「モーターヘッド?うわ、古っ!!」
モーターヘッドが黒歴史に塗り込められた今回の連載。読者たちは騒然としているわけだが、予兆はあった。2007年の春まえ頃と思しきこの永野の言葉は、どうやら本気だったようだ。セイレイ・コーラスによるモーターヘッドについてのコメントと、永野によるコメント。

セイレイ:
「なんだこれ?うわ、古っ!!」
「いまどきこんなもん見てすげーとか言うやつなんているわけねーじゃん」
「かこのえいこうにすがりまくりってか??けけけけ」
「こまかいだけのメカかいてえらそうにしてるよーじゃ、お前、もう生きてるかちねーぜ!」
「とっとと死んじまったほうがいいんじゃねーの?あはははは」
(『F.S.S.デザインズ2』p187)



20年以上もロボットものの最前線でがんばっているMH。
よく言えば歴史がある。悪く言えば古い。
それを僕は素直に認めています。でも歳月とはそういうものですし、それを悲観する理由もありません。
(『F.S.S.デザインズ2』p188)


永野護という人は、「若者」には優しく、「懐メロ」には手厳しい。そのことについては以前、「なぜ永野護はエディ・スリマンをスルーしたのか」に詳しく書いた通りだ。永野は若者から支持されるモノは無条件で肯定するが、一方で「懐メロ」の送り手にも受け手にも容赦がない。だから、もはや「懐メロ」となってしまったモーターヘッドを、永野は自らの手で葬ってしまった。この上ないほどに強引なやり方で。ミュージシャンでいえば、たとえば活動再開したLUNASEAがかつての「ROSIER」「Dejavu」など全てを封印し、ライブで新曲のみを披露するようなもの、と考えてみればそのロックぶりは理解できるだろうか。

私は幸いにして(?)永野デザインに好き嫌いはあまりないので、これから大量の新ロボットを見られると思うとそれだけで嬉しいが、しかしモーターヘッド(≒かつてのF.S.S.)こそが好きだった人たちにとって、このアップデートによるショックはいかばかりか。彼/女らの心中は察するに余りあるが、「案外、慣れるんじゃないの?」とも思う。映画『花の詩女』が当初、ファンの間で期待ゼロ状態から、公開後の大絶賛に移行したことを思い返せば、新しいF.S.S.にもきっと読者が喜ぶ展開が待ってるよ、と無責任だけど思う。


■ 衝撃その2
■ MHエンプレス=GTMカイゼリンで確定。ちょっと納得いかない

以前からファンの間では「エンプレス=カイゼリン」と語られていたが、ちょっと納得できなかった。というのは設定云々の話ではなくて、デザインの問題としてだ。エンプレスはいわば、「ファティマファッション」の意匠をまとったロボットであり、一方のカイゼリンは「永野版ゴスロリ」(もしくは永野版メイド)であると思われるからだ。
カイゼリンのデザインについては「まつ毛とアイシャドウのあるロボットについて」でも書いた気がするけど、もう一度。

MHエンプレス 画像検索
・永野ファッション(ファティマファッション)がモチーフ?
・白色と赤色の配色
・白色のドレスシャツ
・赤色のエナメルのミニスカート
・白色のレギンス(脚絆。近年のスパッツ状のレギンスではない)
・白色のソックス
・銀色のパンプス

GTMカイゼリン 画像検索
・メイドかゴスロリがモチーフ?
・白色と黒色の配色
・「つけま」のごとき豪快なまつ毛
・緑色のアイシャドウ
・イヤリング
・黒色のミニスカート
・白色のガーターストッキング

どちらのロボットも永野ロボットの中で最もファッション性の強いデザインがなされているという点では同一ではある。しかし、デザインのモチーフが違いすぎるため、「じつは同一機でした」という種明かしはありえないだろう、と考えていたのであった。「姉妹機」なら納得しやすかったのだが。


■ 衝撃その3
■ エストとウークーツの「かぼちゃパンツ」

アシリアセパレートのデザイン上のキモって、「ショートパンツ」+「裾に切れ目の入ったワンピース」だと思っていたが、今回の連載で判明したのは「ただのショートパンツ」ではなくて「かぼちゃパンツ」だということだ。なるほどなー、と関心した。かわいい。
(2013年04月17日追記:「かぼちゃパンツじゃなくてブルーマーズだ」とか永野に怒られそうな予感がする。永野護がこのパンツを何と呼称するか非常に楽しみ。)


■ 衝撃その4
■ まさかの「一部カラー化」

今回、もっとも驚き、嬉しかったのは「一部カラー化」だ。NT編集部が読者を煽って言っていた「事件になる」というのは、連載全面カラー化のことではないかと期待していたので、それは叶わなかったものの贅沢は言うまい。フルカラーの映画『花の詩女』を見て、「F.S.S.もカラーで見たいなー」とか言っていた昨年11月の私に、「お前の望みが叶うぞ」と言ってやったら絶叫するだろう。ネット上ではこのカラー化がぜんぜん話題になっていないようだが、私は一人で盛大に盛りあがっている。やっぱりカラーでこその永野デザインだよ。

そういえば永野護は2012年1月の段階で、こんなことを言っている。

「ロボットにとって非常に重要な色が漫画では出せず、そこのところがちょっと悲しいかなとは思います」
(『リブート』6巻P68)


この時点ですでにカラー化が目論まれていた蓋然性は高い。長い休載期間のおかげでカラー化のテストもできたのだろうし、この8年間は悪いことだけでもなかったな、と思う。信者だし。

あ、一部カラー化が今月号だけのサプライズだったら、泣く。


■ マンガ原稿のデジタル化?
以前、『デザインズ』か何かで永野が「F.S.S.関連イラストでスキャン・デジタル化されていないのはマンガ原稿のみ」という意味のことを言っていた。今回のカラー化をきっかけに、とうとうマンガ原稿もデジタル化されたのだろうか。今月の連載ページにはレイヤーのような処理で解説文も入っていたし、本格的にマンガ原稿もデジタル化されたのかもしれない。てことはスクリーントーンもデジタルだったりして。


■ 衝撃その5
■ 年表改竄と、永野護の長い「8年」

この新しい年表にも驚いたけど、よくよく考えてみると、そりゃ年表も変わるわ。後出しじゃんけん的で申し訳ないが、この大規模な改変は来るべくして来た感もある。「改変されないとおかしい」とさえ思う。というのは、この休載の8年間というはのファンにとっても長いものであったが、同時に永野護にとっても長いものであったからだ。この8年間、永野は映画『花の詩女』用の膨大な原画や動画をじっと一人で描き続けていた。描けば描くほど、永野の頭の中では新しいアイデアや、設定や、ファッションや、ロボットが怒涛のごとく湧いたのではないか。『花の詩女』の構想が完成すれば、当然だがF.S.S.の構想も進化する。そりゃ8年もあれば永野の中のF.S.S.も変容しちゃうだろうし、ロボットのデザインもアップデートされちゃうだろう。


■ 絵柄の変化

これについてはまた今度、書こう。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する