「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」単行本13巻感想(1)

Category : F.S.S.
ネタバレあり。
13巻の感想だけどメヨーヨ大帝のことしか書いてない。



■表紙


三度(だっけ?)にわたり描き直されたという表紙イラスト。いつも思うけど、NT付録のポスターを折り目なしで見たい。

ファティマ・町の服の色味や質感がよい。書店で若い人がこの町を見て手にとってくれるといいんだけど。市川春子の『宝石の国』がある現在、厄介なことにファティマのほうがパチモン扱いされかねないわけで、あの宝石たちに負けないようにファティマたちは頑張らなければならない。

■キャラシートと設定文(巻頭の分)


巻頭と巻末のカラーページから、キャラシートを中心に感想。

  • 詩女ラーン
    炎の女皇帝の実子」(p3)という設定が明かされた。「ヤーンの妹でカイエンの叔母」(p3)。これにはびっくり。そっか、ベリンたんはカイエンの叔母さんだったのか。さほど嬉しい設定ではないが、別によし。F.S.S.を読むというのはそういうことなのだ。どういうことだ。


  • にきたまの詩女ナカカラ
    ボスヤスフォートの出現をその千里眼でモニターしていた。(単行本6巻)」p3
    6巻にそんなシーンなかったし!
    でも別にいい。F.S.S.を読むということはそういうことなのだ。


  • ファティマ・ウークーツ
    このスーツを着ているときは戦闘中とみなされ、武器による攻撃を許されている」p6
    アシリアを着ることが戦闘許可と同義になるほどにアシリアは非日常の服だということなんだな。まあGTM用のスーツなんだから当たり前といえばそうなんだけど。


  • ヘアード・グローバー
    現在彼女はとあるものを身につけているために頭が半分砕けても蘇生する不思議な力に守られている。それは「命の水」が固定化した物質である」p7
    「命の水」が固定化した物質、というのは新規情報だっただろうか。覚えていない。


  • エルディアイ・ツバンツヒ(新規キャラシート)
    良いキャラシート!
    まったく永野はツバンツヒにいろんな服を着せ替えて遊びまくりだな! 13巻本編で着てるのともまた違うの着せてるし。シルバー色の素材の質感がファティマスーツとも違っていて面白い。かつて日本のサイバー系ブランドがこんな感じの生地で服作っていたのを思い出す。


  • ミース・バランシェ
    あとまわし。


  • メヨーヨ大帝(新規キャラシート)
    すごいのきたー!
    誰得や、俺特や!
    私はこのデザイン画見れただけでもう満足です。
    13巻分の本編連載時にクラケンが登場したとき、私は日記のなかで
    「もうすこし良い服はなかったものか」
    「メヨーヨは国家の正装にブルゾンを重ね着するような超オシャレ人間だと思ってたけど、今回はそうでもなかった」
    「2010年代らしいモードな着こなしの大帝も見てみたい」
    と偉そうにケチをつけていたのだが、まさかこんなにカッコいい大帝を見せてもらえるとは。もう参った。
    13巻は本編もキャラシートも全部メヨーヨ大帝が持っていったと言っても過言ではない。主に私のなかで。
    この人だけ立項。


  • ■クラーケンベール・メヨーヨ大帝をファッションチェック


    メヨーヨ大帝の着ている服

    今回の大帝の着てる服は次のとおり。
    ・チョーカー
    ・ボレロ丈の細いシングルテーラードジャケット
    ・短丈のなんらかのインナー(へそ出し)
    ・裾切りっぱなしのワイドパンツ(正式名わからん
    ・サンダル

    こうして書き出してみると、さすがにデコースほどには装飾的ではないということが判っておもしろい。13巻で女優帽姿を披露してくれたデコースとはまた違ったおしゃれ感。そういえばクラケンに似合う帽子って何だろう。うーん、やっぱふつうの中折れ帽とかかなあ。クラウン(帽子の山部分)が四角っぽいシルクハット的なのも似合うかも。第4話で初登場したときはキャップをかぶっていて似合っていたけど、あまりカジュアルすぎないキャスケットなんかも似合うかもしれない。

    クラケン、まずジャケットがかっこいい。タイトなつくりでショート丈というのが現在の永野のトレンドのようで、たとえば13巻本編デコースもそうだし、先の『花の詩女』上映舞台挨拶で永野が着ていたのも同じようなジャケットだった(これについてはNT感想日記に書いたので後でアップする)。身頃の裾が切りっ放しでワイルドなところは、デコースの意外にも上品に着こなしぶりとの違い。上襟部分は光沢があるのでベルベットとかシルクのような素材なのだろう。袖や胸元の刺繍(?)もいい感じ。インド刺繍みたいな感じだろうかと勝手に想像した。

    ズボンもジャケットと同様、裾が盛大にほつれている。もはや切りっ放し加工とかのレベルじゃないので、もしかすると本来はロング丈のズボンを自分で引きちぎっているのかも。 一般人の私たちが紙を破るように、騎士って平気で布も破りそう。このホツレを見たクラケン祖母に「まつってやろか?」とか言われて「ばあちゃんやめてよ、こんなデザインなんだよ」とかいうやり取りが思い浮かんだ。

    足元はサンダル(草履?)。そういえばカイエンは下駄ばっかり履いてたけど、こういったコーデの外し方がF.S.S.らしい。ここでブラック色の革ブーツなんか履いてたらマネキンみたいで嫌、というのがクラケン(というか永野)の美意識なのだろう。

    F.S.S.とスーツっぽいもの

    ジャケットの話に戻るけど、このジャケットが真っ黒であること、そして超細くて短丈ではあるもののデザインとしては「何の変哲もないジャケット」であることについてメモ。永野がこのような「何の変哲もないジャケット」=「メンズスーツっぽいもの」を描き始めたのはつい最近のことではなかっただろうか。F.S.S.では「メンズスーツっぽいもの」がほぼ排除されてきた(註)ことはずっと前にも日記に書いた気がする。伝統と格式にしばられた装いであるメンズスーツはF.S.S.に似つかわしくない、という判断が作者にあったのだと思う。ところが今回のメヨーヨも、本編のデコースも、そろって「何の変哲もないジャケット」=「メンズスーツっぽいもの」を着ている。

    (註)例外的にメンズスーツっぽいものがF.S.S.に登場した例はあった。たとえば『F.S.S.リブート』7巻収録の「プロムナード」で、大おじ様=ソープがチェスターコートのようなものを着ている(p239)。このソープの姿をみた読者は違和感を抱くはずだ。というのはF.S.S.において何の変哲もないメンズスーツっぽいコートが登場することが稀だからで、ましてソープがそんな服を着るはずがない、という意識が読者にはある。それだけF.S.S.の世界にはメンズスーツっぽいものは珍しいということだ。


    なぜ最近になってF.S.S.に「メンズスーツっぽいもの」が出てくるようになったのかといえば、それは蘆田裕史の指摘への返答のためだったんじゃないかと思う。『ユリイカ総特集永野護』のなかで蘆田裕史は「F.S.S.にはエディ・スリマン的な服が出てきそうなものなのに出てこない」という意味のことを言っている。エディ・スリマンというのは00年代の極細スキニーパンツの流行をつくったデザイナーであるとされる。真っ黒で超細いスーツで世界を席巻したエディ・スリマン的なラインを永野護はずっとスルーしているよね、というのが蘆田の指摘だった。じゃあ描いてやるよ、というわけで描かれたのがこのメヨーヨ大帝であり、本編デコースだったんじゃないか、というのが私の理解。

    どうでもよいが、F.S.S.にエディ的なデザインがこれまで登場しなかった理由について「エディの服は真っ黒だから永野の好みに合わなかったに違いない」と推理してみせた俺は、真っ黒の装いに身を包んだデコースやクラケンが登場したことによって爆死した感もあるが、デコもクラもカッコよかったので気にしない。

    関係ないけどクラケンって、キャラの濃さのわりにキャラシートも本編登場も多くない。キャラシートはたった三枚で、最初のキャラシートは皆がよく知っている1992年に描かれたやつ。二つめが2002年に描かれたヒゲを生やして首にファーを巻いた立派なやつ。三つめが今回。クラケンは最初のキャラシートでも、第4話「放浪のアトロポス」で本編初登場したときでも、いかにもバブル期らしいブルゾンを着ていた。あれから20年(地球時間であってジョーカー時間ではないので念のため)経って、現在らしい私服で再登場してくれたことがとても嬉しい。つってもこんなことで喜んでる人、ネットでも見かけないのだが。一体誰が共感してくれるんだか謎だが、それはいつものことなので気にしない。

    ところで少し残念なのは、クラケンにせよデコースにせよメンズの保守的ジャケットを着てしまうと妙に大人っぽくみえるということだ。メヨはもう五七調の「HIPでBAD!」みたいなこと言いそうにないし、デコもデコでミース・バランシェのことを「あの方はお若いが信用できる」とか言い出すし。

    あと、今回のキャラシート、右肩に模様がみえるんだけど、これは刺青的なものなのか。それともどっかの剣聖に肩砕かれた系のやつなのか。

    感想の続きは次の日記で。









    スポンサーサイト

    No title

    ぉ待ちしてぉりました、13巻感想。意外と速くて嬉しいです。
    とりあえず笑いました(笑)
    『まつってやろか?』
    3以降も楽しみにしてます。
    ごゆるりとお願いします。
    ありがとうございました。
    非公開コメント

      

    全記事タイトル一覧

    全ての記事を表示する