「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」単行本13巻感想(5)

Category : F.S.S.



本編の感想
  • 本編のストーリーについての詳細な感想は連載時にその都度、書いてきたので、ここでは書かない。このブログに投稿していない連載感想については後で投稿する。

  • せっかくの新刊ではあるが、小さい単行本サイズで読んでもな~ということで本編は読まなくていいや、とも思ったものの、なんとなく読んでみた。休載後、たぶんはじめて連載12回分を通して読んだ。このマンガ、めっちゃおもしろいな。今更。

  • キャラクターの顔について。
    通して読むと、連載初回分のキャラクターの顔にちょっと違和感があったというか、キャラがそのキャラになりきっていない感じがした。連載が進むごとにF.S.S.らしい顔になっていったような気がする。それと全体的に古参のキャラよりも新しいキャラのほうが顔が生きている感じもする。

  • 絵柄について。
    単行本12巻から7年経っているので当然なのだが、11巻や12巻の頃の絵柄の体系から次の体系に移行した印象がある。なんとなく第3話「トラフィックス」の頃っぽい印象も。というか、そもそも線(ペン?)そのものの質も以前と変わっているように思うが、うまく説明できない。

  • 画面が全体に黒っぽいことについて。
    上の話とも関わるが、13巻は11巻や12巻に比べるとディテールの描写が細かい気がした。ページをぱらぱらと捲ってみると、画面が黒っぽい印象を受ける。以前、日記に「12巻は白色(空白)を多く使ってるのが面白い」みたいなことをメモした気がするが、その12巻に比べると尚のこと画面の黒さが際立つというか。13巻は11、12巻に比べてロボットの登場シーンが少ないため、作画のエネルギーがすべてキャラクターや背景に注がれているのかもしれない。白っぽい画面と黒っぽい画面のどっちが好きかと聞かれると、うーん、どっちだろう。どっちも好きです。信者ならではの回答。



本編追加ページの感想
  • 「花の詩女」ダイジェストについて。
    予告されていたとおり、映画『花の詩女』のダイジェストが追加されている。ダイ・グがクリスティンに語る挿話という形式。ダイジェストとはいえもうちょっとストーリーっぽいものかと期待していたので、ちょっとがっかり。第5話の中の「JUNO18097」(モンドとバナロッテのお話)みたいな感じの短編を期待していた。

  • ドナウ皇帝アルカナスとリン皇后、本編初登場。
    名前は以前から出ていたけど、こんな顔だったのね。

  • GTMカイゼリンの起動シーン。
    すごい。先の大河原邦男×永野護トークイベントではボークス製作のカイゼリン模型についての言及があったらしいが、今回のカイゼリンはその原型を見ながら描いたのかな、とか思った。関係ないけど、永野は映画『花の詩女』製作中に大量のカイゼリンの絵を描いたはず。てことは、永野が現時点でもっとも多く描いたロボットはカイゼリンなのだろうか。

  • GTMボルドックスの駆動音。
    ドヒュ ヒュ ヒ ヒ ヒ ドコ ドコ ドコ シャキ キ キ キッ キッ カキキッ。映画では何度も聞いた駆動音だけど、擬音語として書くとこうなるんだねえ。しかし映画のときと微妙に違うようにも思うのは気のせいか。

  • p112の5コマ目、なんかデジタル絵っぽい。
    単行本1巻から12巻にこのような表現はなかったはず。F.S.S.の原稿もついにデジタルに移行したのだろうか。個人的には本編原稿はアナログっぽいほうが嬉しくはあるが、魔導大戦終盤のボスヤスフォートのダイバー戦などはデジタルっぽい描写のほうが面白そう。

  • このダイジェスト、登場人物がみな映画とは違った服を着ている。
    どのような事情でそうなったのだろうか。
    (1)映画と今回のダイジェスト版のどちらかがフィルモア帝国のプロパガンダ映像であり、どちらかが史実。そのため細部が食い違っている。
    (2)映画『花の詩女』では「カット」されていたが、実際の都行の途中ではダイジェスト版のような場面があった。
    (3)作者が単に同じ服で描きたくなかっただけ。
    などが思いつく。

  • p52の3コマ目、アウクソーの顔が描き直されている。
    なんでだろう。


単行本の仕様の感想
  • カラー化について。
    連載時に読者の度肝を抜いた部分的カラー化は、単行本でもそのまま再現されていた。単行本12巻までに比べると紙そのものの色が白っぽい気がしたが、それはカラー印刷のためなのだろうか。F.S.S.ほどカラー化が嬉しいマンガは他にない。次の連載時もファティマやGTMをカラーで見たい。

  • 巻末のスリーブノートもカラー化されていて良かった。従来はカラーではなかった。

  • サイズについて。単行本の大判化計画がなくなったのは残念だった。もう何回も言ってることだが。いつもの単行本サイズというのは、音楽でいえば64kbpsのmp3音源みたいなものだ。圧縮音源ならぬ圧縮マンガ。音楽の世界では十数年前から圧縮音源の是非が問われているが、マンガの世界ではあまりうるさく言われないようで、悲しい。まあ、F.S.S.の場合は、永野の作家性と角川の商業性の妥協点が「通常サイズの単行本」なのだろうし、あまり文句を言ってはいけないのだが。




ようやく単行本13巻の感想終了。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する