「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

更新:「ファイブスター物語」単行本13巻感想(2)

Category : F.S.S.
映画『花の詩女ゴティックメード』
再上映リクエスト受付中!
見たい人は「ファン登録」して投票すべし。
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で、事実上のソフト化しない宣言が出ました。見たい人はやっぱり投票するしかないようです。

ネタバレあるので注意。






キャラシートと設定文の感想(巻末の分)
  • GTM・ディー・カイゼリン
    「剣聖騎士団ヘリオス」(p231)なるかっこいい騎士団名が登場。初登場か? 『デザインズ4』には「皇帝親衛隊ヘリオス」(p137)というのがあったが、それのことかな。


  • GTM・ゲートシオン・マーク2

    システム・カリギュラの諜報目的に沿うため、「完全コンシール機能」をもっている事がある。
    (中略)
    レーダーやスキャナなどの電磁波索敵システムに反応しないことはもとより、反周波数発信によってGTMの出す起動音や爆音すら一定のレベルにまで下げてしまう。
    p232

    へえ。そんな機能あるんだー。ってこれ、映画『花の詩女』のなかで実演されてたやつじゃないか。あのシーン、ふつうに受け入れてたけど、よくよく考えてみるとMHの時代のF.S.S.には光学迷彩機能つきのメカなんて存在しなかったわけで、映画館でもっと驚いてしかるべきシーンだった。

    あらためて思うけど、F.S.S.の単行本にMHはもういなくなって、かわりにキャラシートも全部GTMなんだねえ。『花の詩女』パンフレットのGTMカイゼリンのヒジ関節とヒザ関節の異様な形状を見た時、こりゃMHもGTMの関節に変わっちゃうかも、と思ったのが思い出される。といっても、ちょっとしたピンナップで描かれたりする程度を想像していたので、まさかMHという存在そのものが消えてしまうとまでは考えなかったけど。


  • シン・ファイヤ

    「ファティマをシン・ファイア化する技術」もあり、魔導大戦最後半ではこの移行システムも登場する。
    p233。

    ほうほう。

  • GTM・マーク3・破烈の人形

    映画でははっきりとわかるが、大出力化しているためにマーク2よりもかなり大きな爆音を出す。この耳をつんざくような破裂音がその人形のトレードマークと合わせて「破烈の人形」と呼ばれているのだ。
    p233。

    「破烈」ってそういう意味だったのか! MHの時代からこの設定があったとすれば私の不勉強だが、新しい設定だとすればなんかウケる。そんなとこ辻褄あわせするんだ、っていう(笑)。楽しいなあ。


  • 騎士服・GTM搭乗戦闘制服

    通常騎士服は戦闘に耐えうる対衝撃スーツ生地で作られているが、大騎士団などでは優雅で華美な騎士服であることが第一とし、表だけ普通の高級素材で作られていることもある。しかし、その内部には対衝撃インナーが貼られ、防御システムの「反応式電磁装甲」を内臓している。
    p223

    おもしろい設定。いつも疑問に思ってたけど、騎士の服に使われる「高級素材」って具体的にどんな素材なんだろう。ファティマ用のシルクやナイロンなど天然由来の素材ではなくて化学的な素材のことだと思うんだけど、実はファティマと同じ天然素材だったりするのだろうか。第5話「ザ・シバレース」ではナトリウム・シング・桜子が絹製品を持っていたし。

    「反応式電磁装甲」という設定。ページ左のブルーノ・カンツィアンのキャラシートを見るとどんなモノかわかる。電磁と聞くと、第4話「放浪のアトロポス」で剣聖カイエンが着用したナゾの装備「戦闘用重甲冑」の「電磁シールド」(註)を思い出すが、同じシステムなのだろうか。

    (註)『F.S.S.リブート4』p120で、今は亡きオシャレ騎士、エイドリアン・ターク(パイソン)さんが

    電磁シールド…
    バリアライン…
    戦闘用銃甲冑か…

    と、モノを知らぬ憐れな我々読者のために解説してくれている。


  • ノイエシルチス 男性騎士服(新規キャラシート)

    彼らの騎士服は皆自腹を切ってオーダーするもので支給されるわけではない。
    p234

    そうだったのか。知らなかった。私が忘れているだけなのか新設定なのか不明だけど。かなり古い資料になるが『キャラクターズ4ファティマ』p43によれば、ミラージュ騎士団では「戦闘用ケープ、コート、マント、スーツ」なども支給される、とされていた。ミラージュが特殊ってことか。

    最新の線で描かれた赤色のノイエシルチス服ってのが新鮮。赤色といえばやっぱりラルゴ・ケンタウリが思い出される。というわけで、ラルゴの1988年当時のキャラシート(「デザインズ3」掲載)と今回のものを比べてみた。デザインも更新されているが、絵画的に進化していると思った。1988年ラルゴ服に比べると、今回の服はシワの入り方が自然で、そのためか袖とズボンのふっくら感がよく出ている。1988年ラルゴ服はズボンが股にやや食い込み気味(なぜなんだ)なのだが、今回のは自然な感じ。デザインの違いでいうと、今回のは「ストライプの本数が少なくなった」というのが特徴だろうか。1998年ラルゴ服はストライプの本数が多い。2008年に描かれたギエロのキャラシート(『デザインズ3』掲載)ではストライプが少し減り、今回のキャラシートではさらに減っている。好き嫌いで言えば今回のが一番好きかな。とくにズボンの内股部分のストライプの入り方が良い感じ。


  • ノイエシルチス青グループ リーダー ブルーノ・カンツィアン将軍(新規キャラシート)
    凛々しいブルーノ。半袖ワイシャツにネクタイという出で立ちがF.S.S.では珍しい。永野なら「半袖なんてダサいからF.S.S.じゃ長袖オンリーです」とか言いそうかなと思っていたので意外と言えば意外。


  • ノイエシルチス 女性騎士服(新規キャラシート)

    ファッションモデル並とは言っても彼女らの足はスポーツ選手の太くてごつい足よりもさらに太い。
    p235

    良い設定きた。女性騎士は一般人より非常に筋肉質だが、身長が2mもあるとバランス的にモデルのように見える、という話。私は騎士の体型のこととかあまり深く考えないことにしている(だって演出的な都合で騎士の体型って変えて描かれるだろうし)のだが、この設定は理に適っていると思った。
    欧米の長身女性スポーツ選手を見ていると、「なんでスポーツ選手なのにモデルみたいに細いんだろう」と思うことがあった。でも小柄な選手をみると明らかに筋肉で身体が太いわけで、ようするに細いんじゃなくて長身だからバランス的に細く見えただけだった。騎士もそれと同じというのがおもしろい。が、となると小柄な騎士はバランス的に太くみえるわけで、一般人に化ける系の泉興京巴とかどうなるのだろう。

    タイツではなく濃い色のぴったりとしたスキニーズボンの騎士も多い。残念だが。
    p235

    F.S.S.に「スキニー」なる語句が出てきたのはこれが最初かな。スキニーが日本で流行したのは00年代中頃からだったと思うので、ちょっと出てくるのが遅かったような気もするが、男性キャラのズボンとしては90年代後半に描かれたジャコー・クォン・ハッシュのキャラシートですでにローライズスキニーが登場していた。ヨーン・バインツェルやジョー・ジィッド・マトリアなども超細いズボンを穿いているが、F.S.S.では逆に女性キャラのスキニー着用例が少ない。少ないというか皆無か? なので上の設定文の「スキニーズボンの騎士も多い」との記述は想定外。これまでのF.S.S.の女子服はズボン文化じゃなくてタイツ文化だったから。以前、日記で「F.S.S.にタイトな服があまり出てこないのは筋骨隆々な騎士に似合わないからではないか」、という予想をしたことがあったが、今回の設定で、少なくとも女性騎士はタイトなスキニーを穿くし、その上そんな騎士が「多い」ということがわかって、なんかスッキリした。


  • まだ続く。
    次はメヨーヨ朝廷の騎士服。

    スポンサーサイト

    No title

    スキニー…カジュアルでは未だに続くスキニーパンツブームに違和感を感じており、土管ストレートやバギーパンツ復活を密かに望んでおりますが…
    スキニーシルエットは80年代西海岸ハードロックや一部ニューウェイブ系を想い出させます
    あ、勿論ロンドンパンクも
    ご指摘のジャコーなど、80'Sロックなキャラに着せてきたように感じました。
    騎士が着るならロックな性格の人達に…と希望したいですね~
    只今貴ブログ深読み継続中です(笑

    失礼致しました
    非公開コメント

      

    全記事タイトル一覧

    全ての記事を表示する