「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」単行本13巻感想(3)

Category : F.S.S.
キャラシートと設定文の感想(巻末の分)続き
  • メヨーヨ朝廷四奉開経金剛騎士団”ア・シュ・ラ・テンプル
    漢字の読み方がわからない。『デザインズ3』にも載ってたけど、わからない。「ア・シュ・ラ」という区切り方は新設定かな? 検索してもぜんぜん出てこないし。元ネタと思しきドイツのバンドは「アシュ・ラ・テンペル」という区切り方だしちょっと違う。

    国家自体は日本とよく似た気候で(後略)
    p236

    まるでどうでもよいことだけど、F.S.S.の設定文に何の前置きもなく「日本」と出てくるとギョッとする。できれば「メヨーヨ朝廷は太陽系の地球の21世紀の日本とよく似た気候で」みたいな書き方してほしい、とちょっと思ったりする。読者を21世紀の日本人に限定しないでほしいというか。無茶苦茶言うなあ自分、と思うけど。究極的なこと言うと、私はF.S.S.を「ジョーカー太陽星団の「誰か」が書いた書物(F.S.S.)の翻訳を読んでいる」という体で読みたい。あ、違うか。ジョーカー人がジョーカーの歴史がテーマのF.S.S.を書くわけないか。いや書くか? うーん、自分でも意味がわからなくなってきたので考えるのをやめる。そういえば、金田淳子と岡田育が永野のことを「N特派員」と言っていたのを思い出した。ひょんなことからジョーカー太陽星団へワープしてしまった異能の日本人ジャーナリスト、MAMORU NAGANO氏の取材記録をまとめたものがF.S.S.である、と考えれば、設定文にいきなり「日本」とか出てくるのも納得がいくな。関係ないけど、記録といえば、永野と同世代のマンガ家、浦沢直樹の「20世紀少年」には作者の変身のような「マンガに記録するキャラクター」が出てくるし、同じく同世代の荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」にも「マンガを描くキャラクター」が出てくるけど、F.S.S.には永野の分身のような「描くキャラクター」が出てこない。F.S.S.の本編にも設定にもN特派員的なキャラクターは出てこないんだねえ。あ、永野護の分身という意味ではファティマ作家としてクローム・バランシェ、ロボット作家としてブラウニー・ライドが出ているか。自己完結。

    傭兵騎士団と呼ばれるのはこのメヨーヨの騎士団そのものが他国の依頼などで傭兵となって戦っているからである。
    p2356

    メヨーヨは騎士団員が傭兵で構成されているのではなく、騎士団員が傭兵として他国へ赴くことから傭兵騎士団と呼ばれる、という設定。たしかに勘違いしやすいところかもしれない。
     

    国家騎士団のカンプフ・ランダバウト(後略)
    p236

    これまでは「ランナバウト騎士団」という言い方がされていたが、ランダバウトということになったようだ。発音の仕方が変わっただけであろう。


  • 四奉開経金剛騎士団 男性服(新規キャラシート)

    銀の光沢をもつ上品なグレーの生地にメヨーヨの国家マークである赤と黄色の半円模様が入っている。
    p236

    あ~、銀の光沢か~。よいね。このキャラシート、ただの灰色の生地だと思って見るか、銀色の光沢だと思って見るかでだいぶイメージ変わるなあ。関係ないが、赤色、金色、銀色の配色といったら、ついに撤回されてしまった2020年東京オリンピックエンブレムが思い出される。あのエンブレムの永野評を聞いてみたかった。永野は天邪鬼のなので「カッコイイじゃん。」とか言う気がする。

    男性の制服は裾丈の長いコート丈が基本となる。
    (中略)
    ちなみにクラーケンベールはこういう規則をすべて無視した適当な服を着ているが、(後略)
    p236

    なんか笑った。たしかにメヨーヨ大帝は適当が許される男だ。第6話「マジェスティックスタンド」序盤、メヨーヨ朝廷とフィルモア帝国のMH軍団が激突するシーンでも織田信長みたいな(?)凄い服着てたし。ヒダ襟のコート、シャボ(シャツのヒダ状飾り)、カマーバンド、サイハイ丈のブーツと好き勝手やってる感がある。あの出で立ちの大帝をフィギュアで見てみたいものだ。

    大帝は「規則はすべて無視」しているらしいが、王子時代はそうでもなかった。90年代前半に描かれたメヨーヨ大帝(というか王子時代)のキャラシートでは、きちんと正装のロングコートを着ていたから。ただし、その上にブルゾンを羽織っていた辺り、当時からクラケンの規則無視の精神は現われていたと言える。こんなふうに、着ている服で性格を読み取れるというのもF.S.S.の楽さの一つ。


  • 四奉開経金剛騎士団 女性服(新規キャラシート)

    ワンピースはプリーツの入ったミニスカートで(後略)
    p236

    この文を読む限りでは、メヨーヨはミニ丈が基本らしい。前のページのフィルモア帝国の設定文では、「長く優雅なロングスカートを好む女性騎士は多い」とされていたので、その辺りに国柄が出るのかな。メヨーヨの女性騎士のデザインが明かされたのはこれが最初だっただろうか。なんか新鮮。


  • ガーランド~GTMとファティマの製作者

    ガーランドたちは特権をもちほとんどの法律を無視して殺戮兵器や人工生命体の製造を行なう。
    (中略)
    その社会本来の秩序を無視した自分たちの扱いに悩む者も多いが、これがガーランドという特殊な才能をもった人間の宿命で、騎士たちと同じだと割り切っている者がほとんどである。
    p237

    この辺の話はそれだけで一本スピンオフ的な作品が作れそうなものだが、たった数行で終わってしまうのがF.S.S.のF.S.S.たるところ。

  • ミース・シルバー・バランシェ伯爵(新規キャラシート)
    90年代後半(00年代前半だったか?)に描かれたキャラシートよりも大人っぽくなったミース。当時の執務スーツはワンピース型で、バランシェの服と同じ青色系だったが、今回のは黒色系に変わりジャケット+スカートの構成に変わっている。色が黒色と白色のためか硬質な印象を受ける。

    大きな袖の折り返しはポケットにもなり、(後略)
    p237

    そうだったのか! 
    袖の大きな折り返しは「ザ・永野デザイン」とでもいうべきものだ。他の作品ではあまり見かけない特徴で、現実世界にもこういったデザインの服はなかなか売ってない。売ってるのを見つけたときは死ぬほど嬉しかった。「S型ファティマのレギンス」と並んで、永野デザインを永野デザインたらしめる要素だ。で、この袖はデザイン的には個性的だけど袖はただの袖だと思ってたので、「ポケットになる」という実用性が隠されていたとは思わなかった。


  • GTMガーランド・メリンダ・クルップ・ショルティ公爵
    新規キャラシートのような気がするが違うかもしれない。


  • まだ続く。



    スポンサーサイト

No title

毎度お邪魔しております。
袖の折り返しがポケットに…は、AKDの軍服だかにもそんな解説が有った気がします。
半袖Tシャツの袖を捲り上げて、タバコの箱を挟むのに似てるなぁ…と思っておりました。
オリンピックデザイン、ポスターも競技場もナカツにやらせろ!と、どこかで書いてる人いました。
コーラス城みたいな競技場、有ったら嬉しいです。
失礼致しました。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する