「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

『浦沢直樹の漫勉』浅野いにお回

Category : F.S.S.
昨年9月頃のNHK「漫勉」の感想日記を投稿。
「漫勉」の今シーズンは先ごろ終了してしまったが、来年3月に次のシリーズが始まるらしい。

次こそ永野護が取材されるようみんなでNHKにリクエストしよう。
http://www.nhk.or.jp/manben/
以下、昨年9月の日記。

―――

NHK『浦沢直樹の漫勉』の浅野いにおの回が面白かった。

永野護もこんな感じで執筆してんのかな、とか思いながら見る。この番組をネタにF.S.S./永野関係メモ。なんでも自分のジャンルに結びつけるよ。

風景の作家、ロボットの作家
浅野はコマの背景として日本の現実の風景を取り入れることに強い関心があるのだといい、資料用写真のPC上での加工に工夫を重ねていた。「キャラクター」よりも「風景/街」のほうが先行するみたいなことも言っていて、へえ~と思った。F.S.S.の場合は何先行だろうか。キャラクター? ファッション? どこかのインタビュか何かで、「モーターヘッドが存在できる世界を逆算で構築した」みたいなことを言っていたから「ロボット先行」ということになるかもしれない。
(20161021追記:マンガやアニメの業界で、何よりも「風景」に一番の関心が向かう作家ってそうそういないと思うけど、いま浅野や新海誠のように風景命みたいな作家が人気なのって何か理由があるのだろうか)

ファティマと、路地裏チンピラ的美意識
浦沢直樹はあまり美少女を描きたくないらしい。個人的な嗜好が露わになるのが恥ずかしいのだという。

浅野
浦沢さん、何かのインタビューで美少女はあんまり描きたくないみたいなことを仰ってましたけど。
浦沢
「お前これかわいいと思ってんのか」ってのが出るのが恥ずかしいんですよ。すごいそれが何か照れちゃう。
(NHK『浦沢直樹の漫勉』の浅野いにおの回 26分ごろ)

照れる気持ちはなんとなく分かる。とはいえマンガであれ映画であれ、作家の個人的な嗜好は否応なく作品のなかに反映されてしまうものでもある。もちろんF.S.S.にも永野護の嗜好がこれでもかと反映されている。これに関しては以下の指摘が思い出される。

ファティマって女性の美でもわりと特殊なラインに限定されてると思うんですけど、軍隊の下っ端とか路地裏のチンピラまでもが永野護的美的感覚を共有している(笑)。
(金田淳子×岡田育「『FSS』はこの男に萌えろ! 女子たちのための『FSS』(再)入門」の金田発言。『ユリイカ総特集永野護』所収)

たしかにそうだ。ジョーカー世界では超痩身のファティマ体型を良しとする路地裏チンピラ的美意識がメジャー、とまではいかなくとも、一定の市民権を得てはいるようだ。

では、路地裏チンピラ的美意識は永野護のごく個人的な嗜好の反映なのだろうか。私は一概にそうは言い切れないような気がしている。理由その1は、永野のお気に入りキャラが(ファティマ体型とは違う)詩女ムグミカ・アトールであること。永野はムグミカの水着姿を描こうと目論んでさえいた(註1)。理由その2は、「女性の体のパーツで好きなのは、顔よりもやっぱり足でしょうか?」という質問に対して「ほわほわのほっぺたです」と回答していること(註2)。

私にはこれらの発言と、超痩身を愛好する路地裏チンピラ的美意識の間には隔たりがあるように思われる。もちろん「ムグミカが好き」発言も「ほっぺた」発言もすべて読者をミスリードするための嘘である、と考えられなくはない。しかし、読むたびに必ず笑ってしまう以下の永野発言における、読者を惑わせるようなわけの分からない語りからしても、結局のところの永野の嗜好はよくわからない、というのが私の見解。

ムグミカさんは大好きな女性キャラのひとりで、<ぽっちゃり丸々>の女性ですけど、男ってのは何やかや言いながら<ぶっとい太モモ>ってのにあこがてんですよーホント、ボク以外の大半は(オイオイ!)。見てごらんなさい、他のマンガの女の子、樹齢300年はありそな<ぶっとい太モモ>してるっしょ。大好きなのよー<ぶっとい太モモ>がー、ボク以外の大半はー。……何いってんだか、おいといてもこのムグミカさんはあんましー描きたくなーい。
(『F.S.S.クロニクル2005』p171 『ニュータイプ』1993年4月号付録「The Cover Art of FSS」より転載されたもの)

なお、あるインタビューの中で女性キャラの細さについて問われた永野は、「自分の趣味として細いとか太いじゃないんです」「ファティマ描いてるときや女性描いているときは、おっぱいが邪魔なんですよ」(註3)と述べている。おそらく服飾と身体とのマッチングが難しいということだろう。ということなので、(個人的な嗜好かどうかはともかく)「デザイン」のレベルではファティマ体型が好きであるようだ。
(註1)『F.S.S.カレンダー2009』
(註2)『ニュータイプ』2014年9月号「永野護100問100答」
(註3)『季刊エス』2003年夏号 永野護インタビュー


オタク第一世代とロボット・コンプレックス
次のメモ。番組内の以下のやり取りは、浅野がいま連載しているSF的な作品(『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)についてのもの。浦沢の発言が興味深かった。

浅野
ぼく今までSFとかファンタジーってのはほぼやったことがないんで、こういうもの(SF的な構造物)を創作、自分でデザインしろとかって言われた時にけっこう躊躇があるというか。
浦沢
わかるわかる。コンプレックスもあるでしょ
浅野
……ありますね。そういうのはあまり向いてない……
浦沢
あの……これ専門にやってる人たちいるじゃないですか。ロボットデザインとか。ぼく『PLUTO』のときそうでしたよ。『PLUTO』のロボットで、それこそ「ロボットどうする?」って言われて、まあ~そのコンプレックスたるや酷くて。それで、もういいやと。小学校上がるか上がんないかぐらいの時に鉄人28号を描いてた。開き直ってもう鉄人28号でいいや。っていうデザインでもう描いて、みんなに笑ってもらおうと。ちょっとギャグになるじゃないですか。
(NHK『浦沢直樹の漫勉』の浅野いにおの回 32分ごろ)

1960年生のオタク第一世代、浦沢が「コンプレックス」を抱くに至ったのはたぶん、同世代にメカ・ロボットの専門的なデザイナーが多いからであろう。出渕裕(1958年)、河森正治(1960年生)、永野護(1960年生)、小林誠(1960年生)、カトキハジメ(1963年生)。浦沢がロボットやメカの類にコンプレックスを抱くほどの強い関心をもっているとは知らなかった。気持ち的にはロボットマンガとかじゃんじゃん描きたかった、ということなのだろうか。それはそれで読んでみたかったものだ。浦沢作品は熱心には追ってはいなかったが、イメージ的にはロボットのような荒唐無稽な存在にはむしろ無関心な作家だと思っていた。コンプレックスがあると言うけど『PLUTO』のデザインはけっこう良かったような記憶もあるし(かなりうろ覚えだけど)。

上に引用したやり取りの中で浦沢は「コンプレックスもあるでしょ」と言っているのだが、それに対して浅野は少し間をおいて「ありますね」と応じている。このやり取りを聞いて思ったのは、浅野は浦沢ほどにはコンプレックスを抱いていないか、もしくはまったく抱いていないのかも、ということだ。浅野の場合は(浦沢とは違って)同世代に異常なレベルのロボットデザイナーが複数いるわけでもない。もしかするとロボットというもの自体に興味を持っていない可能性もある。若い世代になればなるほどロボットに関心をもたないという話もときどき聞こえてくるし。そういう意味ではロボット・コンプレックスというのは、幼児期に「鉄腕アトム」や「鉄人28号」、幼少期に「マジンガーZ」、思春期に「宇宙戦艦ヤマト」、青年期に「ガンダム」と出会い、同年代の出渕や永野らが20歳前後で「メカデザイナー」としてデビューしていくのを横目で見ることになったオタク第一世代にだけ特有のコンプレックスなのかもしれない。

20150919

スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する