「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」感想2016年4月号(連載再開02回目)

Category : F.S.S.
■お知らせ
映画『花の詩女ゴティックメード』再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で永野監督は「映画で作ったものは映画館で見ないとおかしいじゃない?」と発言。事実上のソフト化しない宣言。見たい人は「ファン登録」してから投票しよう。
※個人的にはこの映画の鑑賞は2回目以降が本番。1回目「なんか変わった映画だな……」。2回目「背景や細部の描写が美しいなあ……」。3回目「良い物語だなあ……」。
※座席に関しては後方座席で物語全体を俯瞰するのも良いが、前方の座席で映像をよく観察するのも楽しいと思う。4K対応劇場でなくとも元映像のハイスペックぶりは感じられるはず。

■お知らせ
映画「ファイブスター物語」再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717


以下、今月のNTの感想。
ネタバレあるので注意。




「ニュータイプ」2016年4月号の感想。

■表紙:GTMバーガ・ハリ・BSコブラ
今月の表紙は一発で「MH・Aトールだ」とわかるデザインのGTM。
デザインって色による部分が大きいなと思う。あまりAトールっぽくはない白色のGTMバーガ・ハリskと共通のパーツが実はけっこう多い。なのにBSコブラが一瞥しただけでAトールだと判るのは色によるところが大きい。ウェブ上では「鉄血のオルフェンズ」のロボットの色をMHふうに変えて遊んでいる人がいるのだけど、色を似せるだけで本当にそのMHに見える。
トレードマークの「一つ目」はMH時代は顔に配されていたが、GTMでは帽子部分に移動している。なんでだろう。
MH・Aトールのスネ外側にはCGエフェクト処理されてギラギラ光る謎の金属パーツが配されていたのだが、今回のBSコブラにも似たような光沢のパーツが頭部にある。

GTMバーガハリとMH・Aトールってパーツに共通点があまりない。GTMのデザインにはMHのイメージを踏襲しているものとそうでないパターンの二種類があるのだが、作者のなかでそのへんの区分の理由って何かあるのだろうか。MH時代と色のイメージが大きく変わったのはGTMカイゼリンやGTMバーガハリだ。バーガハリに関しては本編で大量に描く必要があるのがデザイン時点で目に見えていたので、なるべくトーンを貼らずに済む白色になったのだろうか、とか邪推する。あるいは「起動戦士ガンダム」でいう「ジム」ふうの、色白(ロボットに色白とかいうのも変だが)のやられメカ的なイメージを強調したかったのだろうか。MH・Aトールじゃ強そうなので、ミノグシアの苦境っぽさが出ないとか。

■ロボーター・HL1
GTM版エンゲージ。感想は『デザインズ5』のほうに譲る。いつ書けるか不明だが。

と言いつつ一つだけ。GTMカイゼリンやダッカスに比べて異形感が薄れた感じはする。MH的なまとまりの良さに寄ってないか。永野護は俺様ワンマン作者に見えて実は読者との距離が近い。読者の反応をかなり気にしていることは本人が述べている。今月の2万字にものぼるQ&Aでの読者との交流はF.S.S.史上初であるしても、F.S.S.FAQなど読者は常に近かった。というのは飯田一史が言っていることだが。だから読者から「GTMは変だ」と言われた永野がGTMをMHに寄せていくことに驚きはないが、個人的には異形に戻ってほしい。日本の高名なフランス菓子職人が「ドザージュ」(客が慣れていない珍しい味付けがなされたお菓子に関して、客が慣れやすいように長いスパンで味や香りを濃くしていくこと)という言葉を使っていたけど、GTMも同じようにやってほしい。GTMをダサいと言っていた人たちだって「ドザージュ」しているうちに慣れるはずなので。

■30周年Q&A
とても面白いQ&Aだが、質問の内容がNT2014年9月号の「永野護100問100答」とかぶってるのも多くて、ちょっともったいない企画だった。質問を選んだ編集者に文句を言いたくもあるが、逆をいえば先の「100問100答」を知らない、もしくは詳しくは読まないレベルの新規ファンからの質問が多かったのかもしれず、もしそうであるならば文句は言わない。

Q&Aそれぞれの感想は書きたいところだが、いまは2つだけメモしておく。
  • 寒天的な、余りに寒天的な
    正直体調はいかがですか?」との質問への永野の返答のなかに「今年の質問は食い物ネタが多いのは気のせいじゃないよな?」という部分があった。Q&Aに食べ物ネタが多いのは気のせいではない。今月の本編でラキシスがB級グルメマンガのようなことをやり始めたのも、直近の『デザインズ5』に食べ物特集があったりするのも、すべて偶然ではない。なぜなら2013年以後、F.S.S.の看板である「GTM」自体がそもそも食べ物になったからだ。今月の本編でも騎士の食事が詳しく描かれていたが、作者も読者も食べ物に思考が向かうのはGTMの存在によるところが大きい。MH・Aトールは美味しそうではなかったが、GTMバーガ・ハリ・BSコブラはちょっと美味しそうなのだ。和菓子でいえば抹茶の寒天やわらび餅ということになる。美味しそうなGTMを見続けた読者や作者の思考がついつい食べ物に向かってしまうのも仕方のないことであろう。冗談。

  • 買えなかった服の恨み
    実在するブランドのアイテムがちょくちょく登場のですが、これらのうち、いくつかは永野さんも所有されているのですか?」という素晴らしい質問。よくぞ聞いてくれた。で、作者の答えは想像どおり「たいていのものは所有しています」。いつも言うが、私は永野家には1000着規模の服飾品があると踏んでいるので、だいたい持ってるという回答は予想どおり。続けて「なるべく気になったものはその場で買っちゃいます。これは若いころ、買うタイミングを逃して二度と手に入らなかった服の恨みがあるからかもしれません」と言っていて、死ぬほど共感した。ふと自分の場合、「買えなかった恨みの服」はいくつあるだろうかと数えてみると、思ったより多くて14アイテムだった。なかでもSブランドのボルドー色靴、Aブランドのメタル刺繍ブルゾン、Fブランドの船底ソールブーツ、Pブランドのピンク色ツイードハーフコート(シルエットがファティマっぽい)、Yブランドの黒色羊革ドレープコート、Aブランドの白色ブーティ(ファティマっぽい)、Sブランドの蛇革ブーツ、Bブランドの黒色ストライプコート、Sブランドの白色革ズボン、Dブランドのファーコート、Gブランドの上下揃いドレススーツ、などは死ぬまでに手に入れたい(せめて一回袖を通してみたい)。


■扉絵
ファティマ・ティスホーンのキャラシートと、BSコブラの線画。よい子は塗り絵にして遊ぼう。

■本編
ツラック隊の食事
「ごまつきパン」。硬くてかじれないラキシス。お前フロートテンプルの柱、かじるくせに、と突っ込もうと思ったらソープ様が突っ込んでくれた。とても硬いってことはドイツ系のパンだろうか。水分や空気をあまり含まず、生地のつまった「麦を食べるためのパン」なのであろう。水分や空気たっぷりのしっとりふわふわパンとは全然ちがうやつ。あとのページのスバース隊の食事には「軍用パン1つ700g」というずっしりと重いパンが出てきたので、「ごまつきパン」もたぶんそれに似ているのだろう。
ちなみにドイツの軍用パン「コミスブロート」については以下。
google検索結果「コミスブロード」
ラキシス、何をするのかと思ったら、パンを砕いてB級グルメマンガみたいなことをやり始めて可笑しい。ラキシスの作る「パンのおかゆ」とは、お茶のなかに砕いたパン、ラード、塩を入れたもの。味の想像がつかない。これ、作者の自作レシピかとも思ったが、実際に戦時下の軍で使われたレシピなのかも。

ツラック隊とスバース隊の食事対比
苦境のツラック隊は、肉や魚などがなくタンパク質が摂れないという悲しいメニュー。対してスバース隊はだいぶ恵まれている。おそらくデザートであろうフルーツカクテルなるものまで用意されている。ちなみにカクテルといっても酒が入っているとは限らない料理。全体的に無国籍ふうのメニュー。スバース隊で気になるのは、野菜の量が少ないことと、量そのものが少なく見えること。日本人は少食だが、欧米の食事風景などを見るとびっくりするほど大量に食べていることが少なくないので、騎士でこの量は少ない気がする。騎士の食事量についての設定があったか覚えていないが、騎士ってスポーツ選手よりたくさん食べるのかどうか気になる。

モンダッタとゼニヤッタ
久しぶりの二人。おそらく本編登場は14年ぶり(2002年5月号以来)。なんかいきなり大人になって出てきた、と思ったが、単行本を読み返すと穏当な成長だった。どうも私のなかではもっと幼い頃の最初のキャラシートの印象が強かったらしい。

スパコーン
スパコーン、支隊長になったとはいえモンダッタとゼニヤッタに説教とかしてめっちゃ偉そう。そうか、支隊長って偉いんだなと思う。

ファティマ・ティスホーン
いくつかのコマ、なぜか壇蜜にみえる。
脚を「ぷらんぷらん」させるティスホーンが、不思議なリズムの独り言をほぼ2ページ分ほどつぶやくおもしろいシークエンス。以下はそのセリフの一部。

…と言えば
そーいえば…
マスターは陛下の長期休暇褒賞にいたく感動されていたけれど…
感動されて…
いたけれど…
陛下はマスターに何の処罰も与えず
まして他国騎士団に渡したり休暇を与える方だったかしら…
温情なんてあり得ない…のよ…
なのよ…


このシーンが仮にアニメ化されたら、声優はどんなふうに演技するのだろうか。とても見てみたい。映画『花の詩女』にはここまで個性的なセリフはなかったはずなので。

ソープがスパコーンらの行動を咎めないことについては、かなり以前から「個人で動くものとして容認している」的な設定はあった気がするが、今月のティスホーンによって「ソープ自身が参戦するから他の騎士を責められない」というのが明らかになった。言われてみればそりゃそうだなという。

ツバンツヒ登場
直径1mくらいありそうな帽子をかぶっている。
なんでソープの居場所がわかったのか。それともソープがいることは知らないのか。

来月号(というか今月号か)発売までに何とか感想、間に合った。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する