「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」感想2016年5月号(連載再開03回目)

Category : F.S.S.
■お知らせ
映画『花の詩女ゴティックメード』再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m342768
※NT2014年9月号で永野監督は「映画で作ったものは映画館で見ないとおかしいじゃない?」と発言。事実上のソフト化しない宣言。見たい人は「ファン登録」してから投票しよう。
※個人的にはこの映画の鑑賞は2回目以降が本番。1回目「なんか変わった映画だな……」。2回目「背景や細部の描写が美しいなあ……」。3回目「良い物語だなあ……」。
※座席に関しては後方座席で物語全体を俯瞰するのも良いが、前方の座席で映像をよく観察するのも楽しいと思う。4K対応劇場でなくとも元映像のハイスペックぶりは感じられるはず。

■お知らせ
映画「ファイブスター物語」再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717

以下、今月のNT感想。
ネタバレあるので注意。



扉:GTMの脚部、変動接地圧システム解説
今月の扉はちょっと読者の不意をつく感じでGTMのヒールと足についての詳細な解説が来た。「デザインズ6」からの先行掲載だろうか。
GTMがピンヒール、つま先立ちである理由について以下。

つま先だけの接地は不整地、がれきの山の上でしっかり安定し、戦闘できるのである。
p63


なるほど。ちなみに、デザイン画集『プラスチックスタイル』(1997年)ではヒールについて次のように語られていた。

戦闘時には猫や馬のように爪先立ちで動いているモーターヘッドにかかとの必要性はあまりないと言っていい。かかとはあくまで休むときに疲れないようにするためのものだから、モーターヘッドにはなくてもかまわないという発想が出てきたこともあるかもしれない。
(デザイン画集『プラスチックスタイル』(1997年) 「エレシス」の項より)

『プラスタ』時にはこのようにだけ語られていたのだが、今回の解説はより詳細になっている。GTMの地面との接地パターンには以下三通りがあるという。
  • 1、通常接地状態
    人間でいうつま先と親指付け根辺りのみ接地している状態。ピンヒールは接地していなくとも安定するのだという。ファティマの重心制御がすごいな。当たり前といえば当たり前だが。

  • 2、攻撃状態・柔らかい地面での接地
    足に自重が加わる攻撃時や柔らかい地面では、GTMの足裏の第2から第5までの接地ブロックがせり出し、設置面積をかせぐ。ピンヒールは接地の邪魔にならないように上方へ引き上げられヒール先端は手前に傾いた状態になる。

  • 3、最大接地状態
    攻撃を受け止めるときや、非常に柔らかい地面では、第2から第5までの接地ブロックすべて地面に接地し、さらにその奥からも接地ブロックがせり出す。ヒールは地面との抵抗を増やすためにヒール先端が前方に傾いた状態で固定される。それでも安定しない場合は後方のアイゼンを下ろし地面に突き刺す。

    このヒール部はこの状態になるとアシリアセパレートツインスイングが螺旋状に動きねじり込むように前後だけでなく左右のぶれを押さえる役目を果たす。
    p63

    いまだ核心部分は謎に包まれているアシリアセパレート・ツインスイング構造。いつか明かされる日はくるんだろうか。「ツインスイング」にせよ「モナークセイクレッド」にせよ、マモちゃんは手元にある大量の手札をながめなが「どれから出そっかなー、うふふ」といつも思案しているはずで、なんか楽しそう。


本編
ツバンツヒ……先月号でツラック隊のもとを訪れたのはやっぱりツバンツヒだった。ツバンツヒが出てくるとテンションあがったので、どうやら私はツバンツヒが好きらしい。そしてセリフがすべて声優の声で再生されるというこの幸せ。
ツバンツヒを前にしたツラック隊の騎士たち、ザワついてはいるけど、リアクションとしては控えめだな。奇妙な化粧をしていて、髪質がプラスチックみたいで、「リン」「シャリーン」「シュリン」と不思議な音を鳴らす人物を見たら普通、もっと驚くと思う。これが地球だったら「映画の撮影?」「特殊メイク?」「コスプレ?」という感じであろう。ツバンツヒみたいな人もきちんと相手にしてもらえるジョーカー世界。普通ならバイズビズを見たバギィ・ブーフのように「ヤベェ こいつ!!」となっていてもおかしくない。ジョーカー世界はそれだけ多様性が確保されているのだろう。


エーディス中隊長……メーテルみたい。

ソープ……p65の6コマ目が別の何かの漫画で見たような表情。少女マンガだったような。なんだったか。思い出せない。

ラキシス……ツラック隊がツバンツヒを雇用するかどうするかという場面でラキシス、解像度の高いキメ顔で「ほら 戦死しちゃうかもしれないしー させちゃってもいいワケだしー」と怖いことを言う。背景に少女漫画的なほわほわした浮遊物を背負って言うセリフではないぞ。このコマはその1、背景とセリフの内容がミスマッチ、その2ヒロインのセリフとは思えぬ怖い内容という2点においてかなり面白いコマ。今までのF.S.S.にもあまりなかった表現な気がする。

ボレー大隊長……

ナルミ支隊長!!
オレはっ!
もう2度と見た目で人を判断しませんっ!!

笑った。見た目で判断すると死ぬマンガ。そういう意味ではランドアンド・スパコーンなどは「見るからに強そう」なので敵も安心だな。

ちゃあのセイラー……「MGP グランドクルーザー」。GTMマグナパレス専用で、三段折りのバスター・ランチャーを収容可能だという。単行本12巻時の同じシーンで描かれたドーリーと雰囲気は似ているがデザインは新規。

p69のソープ……ナルミと表情が混ざっている。目尻の表現がなんか新鮮な感じ。

ちゃあ……「せっかく私の考えたアシリア・スーツあるのに~」とヒュートランに不満を述べるちゃあ。自分のファティマのスーツを自分でデザインした騎士なんてちゃあ以外にいないはず。まあどこまでちゃあが「デザイン」しているのかは不明だが。

猫耳ヒュートラン……NT2015年4月号で仄めかされていた通り、やはりGTM破烈の人形とともに描かれていた猫耳ファティマはヒュートランだった。ヒュートランがGTM破烈の人形に乗るとはねえ。

ヒュートラン……ちゃあに嫌われるのがとても怖い様子のヒュートラン。

ヒュートランの瞳の描写……単行本12巻当時に比べると目が丸っこくなっている。描写もあっさりと記号的になり、より萌えキャラ感が強くなっている。

ファティマ・スーツの生存性……ヒュートラン「ここの戦場は情け容赦ないからマスターの生存性考えてPSスーツにしてたんだけど…」。てことは、プラスタは他のファティマ・スーツよりも性能が良いという設定なのか。そういえばそんな設定があったような、なかったような。『デザインズ4』をさっと確認したが見つからず。あとで確認。プラスタは全身を覆っているからファティマ自身が怪我から守られやすく、それゆえ万が一の際にもマスターを助けられる確率が上がる、みたいなことだろうか。

GTMスコータイ?……p71のGTMの内部モニター、「SCOTAI」(スコータイ)と書いてあるのだろうか。うっすらとモニターに写るこのGTM、ちょっとGTMダッカスのような雰囲気もあってカッコいい。デザイン画が見たい。脚があまり長くないシルエットが逆にいい。

で、スコータイってMHでいうと誰? ということで調べてみたところ、MHルビコンにあたるようだ。ルビコンは第5話「ザ・シバレース」でイアン・ケーニヒのMHアルカナ・サイレンと手合いをしたMH。当時のデザインと比べるとけっこう雰囲気が変わっている。ところで、関係ないが私はGTMとMHの名称の脳内変換がぜんぜん済んでいない。高級信者の方々は既に済んでいるのだろうけど、私は低級信者なのでGTMダッカスとGTMツァラトラとGTMバーガ・ハリぐらいしか覚えていないのであった。あとカイゼリン。

ツバンツヒとソープ……ソープが調整したGTMに乗ったツバンツヒのセリフ、「確かにガーランドとスライダーのGTM調整能力に差はないが… ……これは噂以上かレディオス・ソープ…」。上から目線でソープの腕前を評価するツバンツヒ。ソープの正体を知ったときのツバンツヒのリアクションを期待して待とう。

髭を生やした男性騎士……今月最後にフードをかぶった謎の男性騎士が登場。やさぐれた雰囲気。戦場でいったい何をしているのだろう。というか誰だろう。というわけで連載は次号へ続く。

今月は読むの時間かかった。45分。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する