「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ファイブスター物語」感想2016年6月号(連載再開04回目)

Category : F.S.S.

■お知らせ 2017年 再上映「花の詩女ゴティックメード」


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

・一回見た人もまた見よう
見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

・劇場が遠くても見に行こう
交通費が高いから行かない、なんて言わず、多少の距離なら行くといいと思う。海外のFSSファンに比べれば日本の人は恵まれているのだから。地方の人が武道館のライブに行くようにして行くと。ライブと思えばチケット1800円なんて安すぎるほど。

・どんどん拡散しよう
システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

https://www.dreampass.jp/m342768


以下、今月のNT感想。
ネタバレあるので注意。




■扉


ファティマ・ニナリスのキャラシート(既出)と解説。
フ・リエのキャラシート(既出)と解説。

■本編



GTMの戦果4区分……GTMの戦果は「撃破」「大破」「中破」「小破」の4区分。騎士団による集団戦では、「中破」程度では味方のサポートが入ったり、後退したりしてしまうので、きっちり「撃破」するのは難しい、という解説。

先月ラストの男性騎士……ナルミがボーレン市について、「バランシェ博士に言われた騎士ハレーはここ出身だったな……」と言った直後のコマが、先月の髭の男性騎士のコマ。マンガの文法から考えると男性騎士はワンダン・ハレーということになりそうだ。

ベラ騎士団員のAP編入……ベラ騎士団の3名がAP騎士団に登用される。と言うとなんだかアルバイトの正社員登用のようだが。
星団国家では、筆頭騎士団への入団に「最上位の勲章の授与」が条件となっていることが多い、という。旧ハスハの最上位の勲章である「ミノグシア大騎士章」は、

GTMを3騎以上撃破と撃破補助数騎が目安で 他に極めて優秀な戦功等が加味される
p62


とのこと。へー。

ナルミさんの語尾……どうでもよいが、ナルミの語尾が「あるの」「してくれるの」と「の」が続く。ちょっと不自然ではないか。

騎士の義務……騎士団への入隊希望者を募るAP騎士が、「入隊、傭兵希望者は右へ! ここはキツイぞ!! 騎士の義務を果たせるぞ!」と言っている。へー、この世界では「騎士の義務を果たせること」が騎士募集の売り文句になるんだね。なるほどなあ。

星団史上のソープの活動歴……ツバンツヒがソープの星団史上における活動歴を列挙している。以下にまとめておく。
2700年代:ダマ分裂戦争
2970年代:トブルク戦争
2988年:バストーニュのお披露目
2999年:コーラス戦
年代不明:GTM破烈の人形がAF搭載型になったときのマスター・チューニング担当(噂)

ラキシス……ソープの名は襲名制なのかと勘ぐるツバンツヒに対し、ラキシス「ソープ様はひとりしかいないんでス!!」。しかしソープが一人であることを認めてしまうとソープが異常な長寿であることがバレてしまわないのか。うろ覚えだけど過去の設定に「星団には異常に長寿な者もいる」的な一節があった気がしないでもないので、そっちの線でツバンツヒをごまかすつもりなのだろうか。

春水堂のタピオカミルクティー鉄観音……ふたたび出てきたタピオカミルクティー。「デザインズ4」ではフィルモア帝国のアネッサ・ティルバー(少女時)の好物として名前のみ登場していた。今回はショップ袋まで出てきて笑う。
台湾発 タピオカミルクティー発祥のお茶専門カフェ「春水堂(チュンスイタン)」
ツバンツヒは(おそらくツラック隊に)「来る前にイーストカステポーの春水堂で買った」と言っている。フキダシ外で「作りたてのまま維持できるスゴサ」とも。第6話ではゴチック・ナイアス様が「窒素冷却解凍」されたケーキ、イスパハンを食べるシーンがあったので(リブート6巻)、今回のツバンツヒも「窒素冷却」的な方法で持ち込んだのだろう。
ちなみに、これらのシーンはまったくのファンタジーというわけではなさそうだ。すでに地球にも液体窒素フリーザーなるものは実在するし、ケーキ店でも急速冷凍庫をつかって冷凍ケーキをその都度、解凍しては店に出しているケースもあるらしいので。

ジィッドのヤンキー語……ジィッドのヤンキー的言葉遣いを見ているとなんか不思議な感じがする。それはたぶん、これまでのF.S.S.にはヤンキー的言葉遣いがあまり登場していなかったからだろう。荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』にはジィッドのようなヤンキー語がたくさん出てくるのだが、F.S.S.にはあまり出てこなかった。F.S.S.にはデコース・ワイズメルやバーグル・デ・ライツァーやエイドリアン・タークのような危険人物はいっぱいいるが、「ヤンキー」となると意外と少ない。

バッハトマ魔法帝国の玉座……なんか格好いいな! 謎の浮遊物(主線なしでスクリーントーンの陰影だけで表現されている)がいい感じ。二人の魔法使いが浮いているのも意味がわからなくてバッハトマっぽくていい。ボスやん、こんなだだっ広い玉座で主宰としてのまともな仕事ができるのか謎だが、きっと必要なモニターとかいろいろな物は魔法の力で顕現させるのだろう。

ディス・ヒフツェン・ボスヤスフォート……ボスやんは格好いいなあ。耽美だなあ。出てくるだけで嬉しいね。ヴィジュアル系だしね。MORRIE様のように美しい。鼻根の影が描線ではなくスクリーントーンで表現されているのもよいね。第6話の前半(リブート7巻)にはなかった表現のはず。
なにげにボスやんの本編登場は久しぶりではなかろうか。って、調べてみるとどうも、ハスハ王宮の陥落後、ミース・バランシェに敬語で挨拶をしていたシークエンス以来のようだ。とすればNT2003年7月号以来ということになり、ほぼ13年ぶりの本編登場ということに。
ボスやん、ナインに「豪強!!」「駑罵!!」な炎攻撃でやられた傷が癒えておらず、大仰な医療装置(?)で腕の再生中。再生には「まだまだかかりそう」であるという。
関係ないがボスやんといえば、映画「花の詩女」にボスやんが登場しなかったのは、今にして思えば誠に残念だった。動いてしゃべるボスやんを見たかった。ボスやんってどんな声なのだろう。

GTMデムザンバラ……久しぶりに登場。以前よりもヒーローっぽい印象。2013年の連載登場時と比べてみると、各所がほんの少しずつリファインされている。まず悪役っぽかった目がヒーローっぽくなっている。マスク部分も永野ロボット定番のマスクのシルエットに近くなっている。下顎部分はシャープさが強調されている。基本的なデザインは変わっていないのに、ちょっとしたリファインで印象はだいぶ変わるね。

ファティマ・ニナリス……GTMデムザンバラは剣聖に合わせ、針のように細く鋭いピーク特性。ニナリスによればジィッドはおろか、デコースですら「一度の戦闘でスイングを焼き付かせるか損傷させる」ほどの特殊な特性であるという。剣聖のGTMってそんなに凄いのか。へえ。で、ニナリスはAFの制御範疇を越えて「違法」にエンジンの出力を85%に落とし、ジィッドにも扱えるようにしているのだという。ニナリス、けなげ。

デコース・ワイズメル……今月のデコースは忙しそうだ。ボスやんに伺いを立てたり、ニナリスをケアしたり、エストにプレゼントしたり。デコースも遠いところへ行ってしまったものだ。今更だが。
ニナリスと話すデコース、何か飲み物を飲んでいる。2013年連載再開初回でもペットボトルの「UNSEN WATER」なるものを飲んでいたな。デコースは飲む。

ファティマ・エストとプレゼント……エストがいきなり「ファンの方のプレゼント」とか言い出したので笑ってしまった。エストをアイドル視する男性ファン(たとえばF・U・ログナー。ログナーは「がんばれエストちゃん」においてエストファンであることが暴露されている)からのプレゼントかと一瞬思った。が、これはデコースからエストへのプレゼントなのであった。デコースがプレゼントとはねえ。しかし機械、というかファティマのパフォーマンスを最大化させるための手段に過ぎないという意味では、まあ当然ではあるのだが。
「うれしいっ!」「うれしい!!」「うれしい…!」と喜びまくりのエストがなんか怖い。

アクセサリのブランド……デコースからのプレゼントは胸元に飾るアクセサリー(の形をしたメンテナンスパーツ)。ブランド名は不明だが、p72の描写では「HE」から始まるブランドのように見えるので、「エルメス」かもしれない。エルメスのロゴには劇中どおり「PARIS」の文字も入っている。
エルメスのブランドロゴ
デコースはエストの「目の色に合わせて」このアクセサリを選んだ言っている。服飾の世界では自分の「パーソナルカラー」に合わせて服やアクセサリの色を選ぶという考え方がすでに浸透している(註)ので、デコースが「目の色」に合わせて選んだのも理にかなっている。
それにしてもジョーカー世界のエルメスはファティマ用のアクセサリ型メンテナンス用パーツも売ってるとか、なかなか手広いな。
(註)たとえばこのウェブサイトの「ベースカラー診断」でも目の色を問う質問がでてくる。
JEWELRY BOX「ベースカラー診断」

化粧を変えたツバンツヒ……「デザインズ5」での予告どおり、ツバンツヒの化粧が普通っぽくなっている。薄いのもよいね。フキダシの外に「化粧変えた」の文字も。もの凄くどうでもよいことではあるけど、以前からツバンツヒの顔が本当に「化粧」なのか気になっている。ツバンツヒは「重合人間」だし、マシンボイス的な声も使うし(単行本13巻)、髪の毛はプラスチックみたいだし、「人間」の範疇をかるく越えた存在なので、人間的な「化粧」なんてしていないと私は思っていた。あの不思議な眉毛(?)や、長すぎるまつ毛は「化粧」ではなく超帝國の技術による何らかの何らかではないかと。私はここで、「化粧である」というマモちゃんの説明が間違いである可能性を指摘しておきたい。なぜなら、マモちゃんですら「N特派員」という一人のジャーナリストに過ぎず、ジョーカー世界のすべてを知っているわけではないから。ジャーナリストにも勘違いや間違いはある。もしかすると、「化粧」というのは地球人向けにわかりやすく言っているだけなのかもしれないが。
いつの日か「ツバンツヒさんのお化粧術のコーナー」がレポートされたら喜んで読む。まあ、化粧の謎よりも個人的にはN特派員にはツインスイングの謎について徹底究明してほしくもあるのだが。それが無理なら「デコース隊長の一週間プチプラ着まわしコーデ☆」特集とかね。

最後の謎の二人の女性(左)……誰だろう。このキャラのセリフはすべて平仮名で、かつブタさんのナップサックを背負っていることから、たぶんこれはセイレイ・コーラスであろうと思われる。ブタさんナップサックは「ふくべ屋」さんのセイレイのフィギュアで再現されていたのだけ記憶しているが、元ネタがどのキャラシートなのかは失念。

最後の謎の二人の女性(右)……この帽子のキャラとして考えられるのは、マロリー・ビュラード・ハイアラキだろうか。髪型はやや違うようではあるけど。マロリーはこれまでの本編で、コーラス王朝からセイレイのサポートを要請されていて、アイシャのドーリーに乗せてもらい、ムンスター(ベラ国の近く)に到着している(リブート7巻)。

二人の着ている制服……二人とも同じ服を着ている。デザインからハスハントの「騎士女学校」の制服(註)であることが判る。学生時代のヘアード・グローバーが着ていた制服。広がった袖口が特徴的でかわいい。この制服はボレロ仕様で、どこかクラシカルなロリータ服の趣きもあるので、「美苦取案・目偉伝」(ヴィクトリアンメイデン)好きのセイレイとしては嬉しい制服かもしれない。
(註)『スクールデザインズ』『デザインズ4』のへアード(学生時代)のキャラシート参照。

来月は誰が登場するか……NT先々月号はラストの謎の女性(ツバンツヒ)で次号に引っ張った。先月号は謎の男性騎士(ハレー?)で引っ張った。今月は謎の女性二人で引っ張った。来月は誰が来るだろうね。作者の予告によれば、現在の本編「ツラック隊」には、「ソープ、ラキシス、ツバンツヒ、セイレイ、マロリー、ハレー、オーハイネ、ビルト、そして、アイシャたち」(リブート7巻p527)が登場するとされているので、あとはアイシャか。ログナーのように「やかましい!ここは保育園か!?」(リブート3巻)と言いたくなるような賑やかな戦場になりそう。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する