「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

ロボットでいいのか問題

Category : F.S.S.
昨日のどうでもよい日記を投稿。

----

テレビ番組の中で、「ガンダム」をよく知っている芸人とよく知らないタレントとのこんなやり取りがあった。
 タレント「ロボットが好きなの?」
 芸人「ロボットじゃなくてモビルスーツ!」
似たようなやり取りは他にも何度か見たことがある。たしか岡田斗司夫もどこかで「ロボットじゃなくてモビルスーツ」と力説していたような気がする。ガンダムに限らずロボット作品ではたいてい、ロボットに作品独自の総称が設定されている。ヘビーメタルであるとかモーターヘッドであるとか。私はそういった総称にさして興味がないので(というのも問題だが)、なぜガンダム・ファンが「ロボット」という言い方を一生懸命に否定するのか今いちピンとこない。だからこの日記ブログには、「永野ロボットのデザインは~」「ロボットのハイヒールが~」「永野ロボットの女性性とは~」というデリカシーに欠ける言い方が頻繁に出てくることになる。で、今更だけど、もしかすると、「ロボット」って永野護的には許しがたい言い方だったりするのだろうか。「ロボットじゃない!ゴティックメードじゃ!」と怒られるだろうか。うーむ、やっぱりGTMっていう総称があるんだからGTMって言うべきだろうか。どうしよう。あ、でも最近、「デザインズ5」だかで「ロボーター」とかいう呼称が出ていたぞ。ロボーターがOKならロボットもOKであろう(適当)。

20161021追記:よくよく考えたら、映画『花の詩女』のなかでベリンたん、ふつーに「なんて美しいロボット……」って言っていたぞ。ロボットでOKだったらしい。すっきりした。
スポンサーサイト

No title

大昔からレッドミラージュのことを「最強のロボット」なんて言ったりしてたと思います。
あとクローソーの章のクライマックスでクローソーがジュノーンに向かって
「私と同じロボットのお前だったのね」と言ったり。
これはネガティブな発言なので少し違うかも知れないが。

No title

教えて頂きありがとうございます。

>「最強のロボット」

そういえばそんな記述があったような気もしますね。というわけで調べてみました。『デザインズ1』では見つかりませんでした。『ナイトフラグス』のMHレッドミラージュのページに「ミラージュ騎士団の『ロボット』」との記述がありました。「最強のロボット」の記述も見つけたら追記します。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する