「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

刀剣男士・小烏丸

Category : F.S.S.




ツイッターで永野護情報を探していたら(ヒマだな)、連続10件くらい「まるで永野デザイン」「永野護だ」「どう見ても永野」みたいな内容のツイートが見つかった。これは何事かと調べてみると、どうやら↑のツイートへの感想だったようで、なるほどなと思った。

剣聖マキシや天照家のキャラっぽさがある。たぶん「変形和装」「つり目」「細い身体」「日本刀」などの要素が永野キャラっぽさを感じさせるのだろう。左手の装甲の雰囲気もF.S.S.の誰かに似ている気がするのだが、思い出せない。ポーズに関してもなんとなくF.S.S.っぽさを感じるものの、この体型ならどんなポーズしたってF.S.S.っぽくなる気はする。

服の赤色部分の素材感がおもしろい。コットンなどの天然繊維ではなくポリエステルやナイロンなどの合成繊維か半合成繊維のアセテートなどを思わせる。和風の服が和風ではない素材感で描かれている意外性がよい。

スポンサーサイト

No title

ROM中ですが、横レスです。申し訳有りません。
左手装甲…と言うか忍者などの手甲の雰囲気でしょうか。…のアレは、半裸天照をブラフォードから守るべく飛び出してきた時のフンニャカ嬢に似ているような気がしました。
赤い部分の質感、同感です。正絹のようなアセテートのような…ソコも永野っぽいかもですね。
太刀?の、刃を下にする吊り方も。
ただ、自分は永野キャラっぽさは余り感じませんでした。
頭(被り物でなく頭蓋本体)がデカいせいかな?(汗)
ROMに戻ります~

No title

コメントありがとうございます。
たしかに、言われてみたら体型のバランスが違いますね。
強いていえば座ったサリオンのキャラシートに近いかもしれません。
あとカラーリングも違いますね。
F.S.S.の和風っぽい服には赤と黒の組み合わせはたぶんなかったはずです。
F.S.S.の赤と黒はファティマの色です。アウクソー、アレクトー、ヒュートランなどですね。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する