「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

メヨーヨ大帝のパンツがチラ見えしていた件

Category : F.S.S.
表題の件
この日記ブログがワールド・ワイド・ウェブで公開されている以上、ここにはNT今月号の情報を探し求める人の訪問もあるのだろう。もちろん私はここでバーナー・レンダウト7剣聖シュッツィエンについて語んのもわけないんだが、それじゃつまらんBADである。

表題の件。

今の今まで気付かず、まったく、メヨーヨ・ファン失格というほかない。

意味がわからないと思うので一応、説明しておくと、単行本13巻の最新キャラシートのメヨーヨ大帝のパンツが見えていたのである。パンツというのはズボンではないほうのパンツのことである(つまりパンツのことである)。

パンツのチラ見せという点では、NT今月号のナオくんキャラシートも同様ではある。だが、メヨーヨのパンツはウェストの左右が持ち上がった極細ブーメラン型・ビキニ型で、後ろ側に関しては(日本語でいうところの)Tバックの可能性すらある。さすがはメヨーヨ大帝。

考えてみればあのメヨーヨ大帝ならば攻めたパンツを穿いているのも当然、という納得感しかない。このパンツを選んだ大帝には感心せざるを得ないし、このパンツを大帝に与えた永野護にも感心せざるを得ない。たった一枚の服や下着でキャラクターの性格設定を表現してしまうキャラシート作家、永野護の面目躍如であろう。いやそれにしても、F.S.S.の女性下着への執着は読者の誰もが知るところだが、まさかメンズの下着まで出てくるとはね。


F.S.S.的イケメンはズボンのボタンをとめない
ところで、このメヨーヨ大帝、ズボンの第一ボタンをとめていない。もしくはボタンがそもそもない(印刷が細かいのでよく見えない)。そのためフロント上部がぴらっと開いている。現代日本の生活空間ではなかなか見られない上級者向けの着こなし(?)であろう。私はどこかのV系ボーカルがステージ上でやっていたのを見たことが一回だけある。こういうのが似合ってしまうのが大帝の大帝たるところだ。

F.S.S.でこれと同様のボタン外しをやっているのは(私が知る限り)メヨーヨ大帝を含め4人いる。大帝の他に、
 ナオ(NT今月号キャラシート)、
 ジャコー・クォン・ハッシュ(D3 p112)、
 ナッカンドラ・スバース(D1 p147)、
の三人。どうやら作者のなかで、「艶っぽい男はズボンのボタンをとめない」というのがセオリーとしてあるようなのが面白い。
(20161230追記:ブラック・スリー来襲時のログナーもボタンを外していた)

この4人のなかでメヨーヨ大帝とナオはパンツがチラ見えしており、スバースとジャコーは見えていない。すこし気になるのはジャコーで、穿いているズボンが股上約20cm程度しかない超ローライズであるにも拘わらず、パンツが見えていない。つまり、ジャコーさんはパンツを穿いてないという可能性もあるということだ。たしかに、ジャコーさんなら穿かないかもなあ。

* * *

一年分くらいパンツパンツと連呼した気がする。
次はNT今月号の感想を書く。
今月はNT2013年連載再開号以来のすごさだった。

(20161230追記:NT2017年1月号感想記事に、「強い男は白いタンクトップでヘソ出し」「強いキャラほど裸に近い」という法則についてメモしたことをメモしておく)
スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する