「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

F.S.S.ファッションのメモ 軍服について

Category : F.S.S.
 以下、2017年1月8日の日記。

 F.S.S.の軍服(ここでは騎士が着る正装、礼装、騎士服のこと)についてメモ。
 一つ前の日記のなかでアシリア・セパレートがマンガ・アニメ業界で「競争」にさらされているということを書いた。アシリア服が業界内で競争にさらされている一方で、F.S.S.の軍服はというと、実はF.S.S.の独走状態になってるように思う。と、永野信者の私が言っても何一つ説得力がないことは知ってる。知ってて言うけど、ここ最近のF.S.S.軍服(特に男性服)のカッコよさは異常なレベルに達してないか。他の作品の軍服と比較して云々をやると信者同士の抗争になるのでやらないけど、とにかく、最新画集『デザインズ5』の各国の軍服のカッコイイことカッコイイこと。ファンタジーらしい強いキャラクター性はありつつ、同時に「服」としてのリアルさというか実在感がもの凄い。デザインとしても良いし、絵としてもリアルで良い。30年間のF.S.S.のデザイン史のなかで、軍服は今が一番だと思う。
 F.S.S.ファッションといったら多くの人はファティマ・ファッションを思い浮かべると思う。私もそうだった。でもほんとに凄いのは実は軍服デザインではないかという気が最近はしている。


スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する