検索フォーム

GTMフォクスライヒバイテ(永野護とカトキハジメ)

Category : F.S.S.

■お知らせ 2017年 再上映「花の詩女ゴティックメード」


2017年6月、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

・一回見た人もまた見よう
見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

・劇場が遠くても見に行こう
交通費が高いから行かない、なんて言わず、多少の距離なら行くといいと思う。海外のFSSファンに比べれば日本の人は恵まれているのだから。地方の人が武道館のライブに行くようにして行くと。ライブと思えばチケット1800円なんて安すぎるほど。

・どんどん拡散しよう
システム上、チケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは大分、長崎、熊本、鹿児島あたり。

【宮城県:6/24上映】@TOHOシネマズ 仙台
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと船橋
【千葉県:6/24上映】@TOHOシネマズ 柏
【埼玉県:6/24上映】@TOHOシネマズ ららぽーと富士見
【大阪府:6/24上映】@TOHOシネマズ くずはモール
【大分県:6/24上映】@TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
【栃木県:6/25上映】@TOHOシネマズ 宇都宮
【愛知県:6/25上映】@TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
【京都府:6/25上映】@TOHOシネマズ 二条
【岡山県:6/25上映】@TOHOシネマズ 岡南
【広島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 緑井
【福岡県:6/25上映】@TOHOシネマズ 天神・ソラリア館
【長崎県:6/25上映】@TOHOシネマズ 長崎
【熊本県:6/25上映】@TOHOシネマズ 光の森
【鹿児島県:6/25上映】@TOHOシネマズ 与次郎

https://www.dreampass.jp/m342768





■GTMフォクスライヒバイテがカッコよすぎる件


NT今月号(2017年4月号)の表紙のGTMフォクスライヒバイテがあまりにカッコよすぎた。ので、本編感想よりも先に感想メモ。

このGTMのおもしろいところは、カラーリングはMHジュノーンのようなのにフォルムはミラージュ系列であるというところ。このデザインはかなり好き。ここまでのGTMで一番好きかもしれない。いやカイゼリンの次くらいか。好きな理由は「お菓子みたいで美味しそうだから」。「つや消し白色のボディ+透明感のある緑色」のコントラストが夏のゼリー菓子のようで美味しそうだ。これはかなり子供が喜ぶデザインだと思う。特にグリーンの透明(?)パーツは子供にとって魅力的であろう。

しかしあまりにカッコよすぎて、逆に作者が「ヒーローの記号だけの手抜きデザイン」とか言い始める感じがなくもない。いや、でも手抜きではないな。


■GTMフォクスライヒバイテとMSユニコーンガンダム


そういうのはともかく、今日メモしておきたいのはカトキハジメと永野護のこと。このGTMは二つの点でカトキハジメのデザインを思い出させる。政治問題になるとアレなので小さめの声で書いていく。

※以下、リンク先はグーグル検索結果。そこから画像検索結果も見ることができる。

一つ目はカラーリング。「つや消し白色のボディ+透明感のある緑色」という配色は、カトキハジメのMSユニコーンガンダム(2007年)にも見られる意匠だった。誤解を恐れずぶっちゃけて言えば、GTMフォクスライヒバイテのカラーリングはMSユニコーンガンダムにちょっと似ている。

二つ目は、そもそもMSユニコーンガンダムがMHジュノーン的であったということ。F.S.S.の古い読者はジュノーンの別名がユニコーン(註)であったと知っているはずだ。純白+緑色の「ユニコーン」ガンダムはそもそもジュノーン的であった。
 (註)NT1986年9月号付録より。

こんなことを書くとお前はパクリパクラレの構図を作ろうとしているのかと言われそうだが、別にそういう意図はない。二人のデザイナーがどのように交わったのかに興味があるだけ。


■永野デザインとカトキデザインの交点


というわけで、これを機会に二人のデザイナーの交点をいくつか書き出しておく。

・直線的なエッジ
永野護が90年代後半に描いたMHヤクト・オレンジライト(第4話終盤)や、MHジュノーンSR4(第4話終盤)は、当時のカトキの『電脳戦機バーチャロン』『GUNDAM FIX』などのCGに影響を受けたかのようだった。徹底して直線的なエッジはカトキ的だった。

・前傾姿勢、細いウェスト、大きな手
永野のGTM(2012年映画)における「前傾姿勢」「棒のようにとても細いウェスト」「大きな手」という特徴は、カトキハジメのVRスペシネフ(1998年)に似ている。たしかネットでもそう指摘した人がいた。さらに遡れば、永野のMHヤクトミラージュ(1993年)が「前傾姿勢」「棒のように細いウェスト」という要素をすでに持ってはいた。

・ハイヒール、女性靴、女性型ロボット
以下、永野とカトキそれぞれの女性型ロボットの「靴」に着目した年表。ハイヒールのMHとGTMは多すぎるのでエポックなものだけ挙げた。「護」は永野ロボット、「カ」はカトキロボット。永野ロボットに関しては基本的にすべてキャラシートを指している。どんな傾向が見出せるだろうか。

  • 1991年 護 MHクロスミラージュ雌……太めでかなり低いヒール

  • 1993年 護 MHヤクトミラージュ……細くて低いヒール

  • 1994年 カ MFノーベルガンダム……低いが完全に女性用ハイヒール

  • 1995年 カ VR初代フェイ・イェン……やや高いハイヒール

  • 1996年 護 MHヤクトミラージュ(本編)……細くて高い完全なピンヒール

  • 1997年 護 MHエンプレス……白いソックス+やや高い完全なピンヒールパンプス

  • 1998年 カ VRフェイイェンザナイト……ハイカットスニーカー

  • 1998年 カ VRエンジェラン……ハイカットのサンダル(?)

  • 2001年 カ VRフェイイェンシリーズ……三つ折りソックス+メリージェーン靴

  • 2001年 カ VRエンジェランシリーズ……草履(?)

  • 2012年 護 GTMマーク2……模様入りのソックス+宝石付きのピンピールパンプス


いくつか面白いことが読み取れる。まず、先にロボットに女性的なヒールを与えたのは永野だが、「靴」の種類が多いのはカトキだということ。

次におもしろいのは、カトキが露骨に女性を模したMFノーベルガンダムとVRフェイイェンを作った直後に、永野もMHエンプレスを作っているということ。永野の1991年のMHクロスミラージュ雌は女性型ではあったが、この時点ではデザイナーとしての「恥じらい」がまだ見受けられる。女性らしさよりロボットらしさが色濃いのだ。ところがその後のカトキのノーベル、フェイイェンには「恥じらい」が一切見受けられなかった。なにしろセーラー服やアイドル衣装のような意匠がそっくりそのまま落とし込まれているのである。これを見て永野は感化されたのか、MHエンプレスはドレスシャツ、コルセット、ミニスカ、オーバーニーブーツ、ソックス、レギンス(ブーツカバー)、ピンヒールパンプスを纏った超オシャレ女性型ロボットとなった。

(20170324追記:洋服を着たロボットのもっと早い例に、大河原邦男の「ザク」(1979年)がある。ザクのモチーフは背広だった。これについては以前も書いた)

また、カトキのMFノーベルガンダムやVRフェイイェンは少女性が誇張されたものであり、永野のMHエンプレスやGTMカイゼリンはボンデージ系の女性であるという違いも面白い。二人の趣味・美意識まで垣間見られる、と言ったら言い過ぎか。

本編の感想は次の記事で書く。

(以下20170316追記)
今月のF.S.S.本編の感想を先に一つだけ。アオリによればまだもう一波乱あるらしい。まだ永野は何か隠しているらしい。スクリティ隊とアルル・メロディが出てきて暴風三王女がとうとう揃うとか? それもアリだが、私の予想(というか希望)はワスチャとメヨーヨ大帝。メヨーヨ朝廷のGTMホウライと、AFヒュートランが乗る(?)と仄めかされているGTM破烈の人形はすでにデザインが公開されているのに両方とも本編未登場。なので、ここらで一緒に出てくるんじゃないか。ちなみに『デザインズ5』掲載のGTMで本編未登場のものは、GTM破烈の人形、GTMホウライ、GTMバーガハリSQ(スクリティ隊)の三つ。

(以下20170324追記)
もう一つ、カトキデザインと永野デザインの関連をメモ。

・大きな頭+小さな顔


イラストレーターの安田朗によれば、カトキのVRテムジン(1994年)と永野のブレンパワード(1998年)は、「頭がでかいが顔が小さい」という点で似ているのだという(註)。安田は「永野護さんもテムジンから何か受け取ったなと勝手に思いました」と語っている。たしかにブレンは相対的に頭が大きく、VRテムジンと雰囲気が似ている。

この指摘に付け加えるなら、永野のシェルブリット(1999)にも同様の特徴が見られる。

安田もまた、ガンダムをデザインした際に「大きな頭+小さな顔」を引き継ぎ、結果、そのガンダムは「少年」になったのだという(註)。統計を取ったわけでもないが、日本のロボットは従来、「大人」の体型だったように思う。ガンダムも、マジンガーも、鉄人28号も、頭の小さな「大人」だった。頭が大きいロボットというと、低頭身の「SDガンダム」(1980年代)などの例があるにはあった(「ドラえもん」も含めるべきか?)。カトキは「大きな頭」をリアル頭身のロボットに持ち込んだ。リアルロボットに「少年的」「子供的」なキャラクター性を付与した点でカトキは新しかったと言えるかもしれない。考えてみれば、日本のアニメロボットに乗り込むのは大概「少年」なのだから、ロボットは「少年」型であって然るべき、という気もしてくるが、あ、違うか、「少年」が「大人ロボット」に乗ることにこそ意味があるのか。

(註)以下のツイートから引用。






スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する