「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

「ツラック隊」で公開された新規GTM一覧

Category : F.S.S.
第6話アクト3ステージ5「ツラック隊」に登場した新規GTMをまとめておく。

正確には、今回の連載が始まったNT2016年3月号から今月号までで公開された新規GTMの一覧。

本編に登場したものだけではなく、NT表紙や扉ページで公開されたものも含む。

順番はほぼ公開された順。

GTMアマルカルバリ
GTMバーガ・ハリ・BSコブラ
ロボーター・HL1
GTMスコータイ(?)
GTMホウライ
GTMバーガハリSQ
GTMバーガ・ハリBS‐R
GTMグロアッシュ H型ブロック5
GTM紅盾銅(ハルシュカ)
GTMエクペラハ
GTMハロ・ガロ
GTMボイスオーバーGA2
GTM X―8 紫仙鋼“青騎士”
シュッツィエン(ほぼシルエットのみだが)
GTMハウファ・ブリンガー
GTMワイマール
シェンラン騎士団の主力(?)GTM
GTMフォクスライヒバイテ

以上18種。GTMホウライのみ本編未登場。NT今月号のGTMツァラトラは2013年公開なのでここには含めていない。

というわけで、きたる単行本14巻には以上17種の新規GTMが登場するということになる。これほど新規ロボットが多い単行本は他になかったはず。なんと贅沢な。

この大量のGTMは一体いつデザインされたのか。

普通に考えれば、2014年からの20ヶ月間の休載期間中だろう。が、永野は映画『花の詩女』公開の2012年の時点で、20以上のGTMをすでに用意していた(註)と言っているので、そのときのストック分からの放出もあると思われる。
(註)ユリイカ総特集永野護 p19

ちなみにだが、その20ヶ月間の休載というのはF.S.S.史上二番目に長い休載だった。今思えばそれほど長い休載が必要とされたのは、「単行本製作中も休載なし」を実現するためのデザイン・シナリオ等の準備のためだったのだろう。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する