「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

ツァラトウストラ・アプターブリンガー感想(2)ZABは怪獣なのか

Category : F.S.S.

■ お知らせ 2017年


2017年6月24日と25日、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

【宮城県:6/24上映】【千葉県:6/24上映】【千葉県:6/24上映】【埼玉県:6/24上映】【大阪府:6/24上映】【大分県:6/24上映】【栃木県:6/25上映】【愛知県:6/25上映】【京都府:6/25上映】【岡山県:6/25上映】【広島県:6/25上映】【福岡県:6/25上映】【長崎県:6/25上映】【熊本県:6/25上映】【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

■ お知らせ


映画「ファイブスター物語」再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717


■ キャラシートの感想:ZABは怪獣なのか


ツァラトウストラ・アプターブリンガー感想(1)MHのような美しさの謎の続き。

シルエット……異様なデザインが来るとは知っていたものの、あの永野護が「人型から大幅に離れたロボット」を描いた、しかも主役ロボットとして、ということに改めて驚いた。永野版ガンダム、エルガイム、モーターヘッド、ブレンパワード、シェルブリットにこんな異様な主役はなかった。ずいぶん思い切ったことをしたもんだ。

シッポ(スタティック・ロングテール)……これは絶句するしかない。ナガノ、やっちまったな。副脚よりこっちの驚きが大きい。映画『花の詩女』のパンフレットでツインスイング関節を見て以来の衝撃。しかもシッポ、二本も生えているし。キングギドラかーい。違うか、F.S.S.的にはLEDドラゴンか。

この作家のヤバさは十分に知っていたつもりだったが、こんなスゴイのを見せらたらもうヤバイとしか言えない。カッコいいとか美しいとかのレベルを超えて、ヤバイ。

ひとつ言えるのは、90年代、00年代の永野デザインの美の基準からは逸脱しているということ。十年前の私にこのキャラシートを見せたらたぶん、さんざん迷った末に「これをデザインしたのは永野護ではない。永野はシッポは付けない」と結論すると思う。

というか、昔の永野だって「あなた、2017年にシッポの生えたロボットを発表するんですよ」とか言われたら、「オレがそんなもん描くわけねーだろ」と怒りそうだ。あ、いや、わからんな。「さすがオレ様」と自画自賛するような気もする。

私は低級信者なのでシッポのロボットが来るなんて想像すらできなかったが、高級信者の中には予見できた人もいるのではないか。というのは、80年代の永野ロボットにはそもそも怪獣、もしくは恐竜としての側面があったから。

怪獣である、と作者から語られたのは、他ならぬMHレッドミラージュだった。

レッドミラージュ対ブラック・バードの戦い(引用者註:第1話冒頭の戦いのこと)は、どこから見たって、レッドキング対チャンドラーの戦いという(笑)。怪獣が出てきてドカドカ戦っているシーン。

(『パブリッシャーズ6』 p22 1993年 CD『ファイブスター物語サウンドバージョン』ライナーノーツからの転載)


Q●15 レッドミラージュやレッドドラゴンのLEDはなんの略ですか! くわしくおしえてください。

A●Lead(引っぱる、先導する)の過去・過去分詞です。ウルトラマンのレッドキングやロックバンドのレッドツェッペリンと同様です。《先に立つものなし》。つまり最強。

(『QUESTIONIA永野護Q&Aブック』 p6 1996年)


MHレッドミラージュは怪獣レッドキングだった。さらには、永野曰くMHレッドミラージュの原型である「ブラッドテンプル」のツノは、中国の恐竜チンタオサウルスのツノからの借用である(註)、という。また、永野が自画自賛していたMSナイチンゲールのデザイン画には、「ステゴザウルス」とのメモ書きが残されている(註2)。なるほど背ビレのような意匠はステゴサウルスにそっくりだ。このMSにシッポがないのがむしろ不自然に思える。

(註1)F.S.S.リブート1 p192
(註2)F.S.S.リブート2 p74

以上のように永野ロボットには怪獣もしくは恐竜としての側面があった。よってGTMツァラトラのシッポも予想不可能ではなかったはずなのだ。シッポがレッドキングなら、頭部のチューンホーンのギザギザは羽毛恐竜のトサカといったところか。

ついでに余談だが、ウェブ上で「GTMカイゼリンの口はウルトラマンに似ている」という指摘を見つけた。言われるまでこれに気付かなかった私はアホ信者としか言いようがない。たしかにカイゼリンの口は構成主義的な幾何学模様を使った成田亨のデザインに似ている。

F.S.S.本編でウルトラマンとレッドキングが戦う日も来るかしれない。

副脚(アンクル・クレーン)(註)……作者が何年ももったいぶっていたのがこのアンクル・クレーン。異様な形状だぞ、と事前に煽っていた永野だったが、さすがに4本脚だとか8本脚だとか戦車のような脚だとかは採用しなかったか。ちょっと前に「永野ロボットは虫」という記事を書いた私は、昆虫のような気持ち悪くて怖い下半身かとも期待していた。

(註)「副脚」というのは私が勝手にそう言っているだけで、作者はそういう言い方はしていない。

なので期待が外れてしまい残念だ、というのが第一印象だったのだが、よくよく考えたら、まるでムカデのような気持ち悪さがあるし、これがウネウネと蠢いて、この脚で星団を火の海にすると想像するとめっちゃ気持ち悪くて怖いことこの上ないので、よい。こんな怖いのが攻めてきたら星団民は逃げるしかないな。

ただ、カラーリングにはちょっと不満がある。シッポもだが、なぜ灰色なのか。本体色とおなじ白色のほうがカッコよかったと思う(設定的なことは無視して言っている)。このキャラシートは「白色の人型ロボット本体」と「灰色の怪獣パーツ」が分離してしまっている。せっかくの怪獣的なロボットなのだから、人型のシルエットを強調せず、全体を一つの怪獣として見せてもよかった、と私は思う。ふつう、怪獣は本体もシッポも同色なのだから。

(6月10日追記:ここで私は偉そうに文句を垂れているが、「全身白」のアイデアはちょっと無理がありそうだ。シッポも副脚も白いと本当に全身真っ白で、恐怖のロボットにしては軽すぎる印象になってしまうと思われる)

ところで、「ツァラトラ 怪獣」とかで検索したみたら、「ゴジラ足」という良い言い方を見つけた。


ゴジラで変形といえば、メカゴジラ。マグナパレスはメカゴジラだった説。
(追記:よく考えたらメカゴジラ、飛行形態にはなるものの、「変形」というほどじゃなかった。ただしバンダイのオモチャ版は変形合体する)。

■ 設定の感想


初出の設定が多い。解説の文字がとても小さいので、このままでは単行本収録時に読めないと思われる。構成を変えるのかな。

副脚(アンクル・クレーン)……これには放熱という役割もあるが、バスターランチャー連射やフレームランチャー放射への対応という役割もあるようだ。それはつまり、このヒールのような複数のスパイクを地面に突き刺して衝撃に耐える、ということだろうか。本編の中で冷却機に見える、と言っていたツバンツヒも、まさかそんな用途だとは思うまい。

アンクル・クレーンは短く折りたたみ上方に跳ね上げて収納することも可能らしい。フォクスライヒバイテやマグナパレスも同様だという。いろいろ考えてみたが、どう収納されるのかまったく分からない。

もっと分からないのはマグナパレスの変形。映画『花の詩女』の冒頭に登場したときの形態は、作者によれば「格好悪い方」(註)らしい。てことは、ツァラトラのような形態が「格好悪い方」であり、変形して格好良くなるのだろうか。なんとも訳がわからないな。というか、マグナパレスが変形するなら、ツァラトラだって変形しかねない。ということに今、気付いた。同じティティン・フレームだから。

 (註)http://automaticflowers.ne.jp/fss/characters/

「ツラック隊」に登場したGTMフォクスライヒバイテのアンクル・クレーンは短縮版だったという。てことは、短縮版で表面積が少なくても放熱には問題はないということなのか。

J型駆逐戦闘兵器(イエンホウ、リョクタイ)にはアンクル・クレーンではなく「アンクル・アンカー」が装備されているらしい。アンカーということはイカリの形なのだろうか。どんなだろうね。

シッポ……シッポは「スタティック・ロングテール」という。「放電システムの長いスタビライザーを持つスタティック・ロングテール」と記されているのが気になる。放電とかほんとに怪獣みたいやな。怪獣エレキング(ウルトラセブンに登場)が思い出される。「スタティック(静的な)」ということは、このシッポは動かないのかもしれない。私としては振り回したり地面を叩いたりしてほしかったのだが。

3008年公開と2989年ジュノー戦……GTMツァラトラが公の場に出た2989年と3008年は、異様なパーツ群は取り外された状態だったらしい。偽装していたのね。しかし本編の公開シーン(第5話)で天照帝は、「我がこれらのMHを見ても立ち向おうとする愚か者がいないことを祈るだけだ…」と言っていたが、それなら偽装しないほうがよかったんじゃないか。あと、今さらだが、設定改編で3007年公開から3008年公開に変わったことに気付いた。なんとも細かい改変だ。

ツバンツヒとツァラトラ……フレームランチャーを含むフル装備のツァラトラ(つまり今回のキャラシート?)が完成するのはツバンツヒがミラージュ入りしてから、だという。てことは、今月号のツバンツヒは未来の自分が完成させるロボットを幻視したことになる。映画メッセージのようだな。


■ F.S.S.デザインのこれから


最後に、これからの展望。今回のキャラシートを見てますます今後のF.S.S.デザインが楽しみになってきた。モーターヘッドという普遍的な様式美を追及してきた永野護が、これほど異様で怪獣のようなデザインを、しかも主役ロボットとして発表した。このことが今後のF.S.S.デザインに与える影響が小さいなんてことがあるだろうか。いやない。だってリミッターが外れたのだから。

たとえばMHヤクトミラージュにおける先端的なデザイン要素――細長いウェストやハイヒール(ピンヒール)――は、やがて多くの永野ロボットに拡散していった。パリコレのデザインがやがて世界で流行するようなものだ。これと同じことが今後のF.S.S.デザインにもたぶん、起こる。たとえばGTMフォクスライヒバイテの悪魔のような羽根は「怪獣化」の一端ではないのか。上で触れたMSナイチンゲールの「背ビレ」だっていつかGTMに転用されるに違いない。

 * * *

以上で感想はおわり。NT発売からほぼ一ヶ月経って、全身を改めて見てみた。紙面のツァラトラは模型でいえばちょうど1/144のサイズぐらいか。NTに手を突っ込んで掴んで引っ張り出して触りたい。キット化すれば1/144でも10万円では収まらないと思う。マモちゃんも無茶苦茶なものをデザインしたもんやな。

 * * *

GTMツァラトラのキャラシートがF.S.S.公式サイトに掲載された。これでアンクル・クレーンの先端の形が判明。尖りかたが半端ではない。思ったよりさらに凄かった。
http://automaticflowers.ne.jp/



スポンサーサイト

初めまして!いつも楽しく、そして興味深く記事を拝見させて頂いております。
ZABは衝撃でしたね〜LEDはドラゴンに見えると言われてもそこまでピンとこなかったのですが、ZABはまさしくと言えるデザインですね。
私としては一見して思い浮かべたのが花嫁でしたね。
白が基調ということもあり、ヘッドバック・ハロがまるでウェディングドレスのベールのように見えました。(黒色のベールというのもアレですが…)
これは他サイト様の受け売りなのですが、ZABはまるでガラスの靴を履いているように見えます。
そこまで連想すると腰に付いたテールがリボンベルトにも見えて仕方がありません。
破壊の象徴であるドラゴンと美しさの象徴であるウェディングドレス。
そんな相反する要素を併せ持つGTMなのかもしれません。
立体化したらまた新たな一面も見えたりするでしょうし楽しみですね。

No title

はじめまして。コメントありがとうございます。
花嫁説とは面白いですね。
たしかに後頭部と足の後ろに重さのあるシルエットはウェディングドレス的です。
いくつか関連する事柄を記事にしました(コメント欄にに書くと後で見つけるのに苦労するので)。
非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する