「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

ツァラトウストラ・アプターブリンガー感想(1)MHのような美しさの謎

Category : F.S.S.

■ お知らせ 2017年


2017年6月24日と25日、劇場版ファイブスター物語こと「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映される。

【宮城県:6/24上映】【千葉県:6/24上映】【千葉県:6/24上映】【埼玉県:6/24上映】【大阪府:6/24上映】【大分県:6/24上映】【栃木県:6/25上映】【愛知県:6/25上映】【京都府:6/25上映】【岡山県:6/25上映】【広島県:6/25上映】【福岡県:6/25上映】【長崎県:6/25上映】【熊本県:6/25上映】【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

■ お知らせ


映画「ファイブスター物語」再上映リクエスト受付中!
https://www.dreampass.jp/m150717

 * * *

GTMツァラトウストラ・アプターブリンガーの全身キャラシートがとうとう公開された。感想を書いていく。長くなったので二つに分けた。

■ 公開の唐突さ


キャラシートの感想の前に、今回の公開がかなり唐突だったことについてメモしておく。まあ、上半身が公開されてから、いつの間にかもう4年も経っているし、そろそろ公開されても変ではないのだが、にしても唐突だった。2ヶ月前の感想文で「さっさと公開しないと他のデザイナーに出し抜かれるぞ」と書いたのは、あれはあと3年とか5年は公開されないと思っていたからだった。

だって作者は今年のNT4月号で「すべてのミラージュGTM同様、まだ当分公開されない」と明言したばかりだった。そのたった二ヵ月後に公開されたことになる。ちなみに2014年の『デザインズ4』ではツァラトラとマグナパレスの登場は「まだまだ先」であり、「読者の皆さんがGTMのデザインとそのバリエーションに慣れた頃にようやく登場となるはずです。そうしないとこの2騎がどれほど特殊なのかわらないからです」とされていた。

何の予告もなかったことも意外だった。GTMツァラトラはF.S.S.の看板ロボットで、しかも作者は上のように読者の期待を煽ってきたわけだから、もっと派手なやり方で公開されると思っていた。たとえばNTで「次号、発表時期を発表!」と煽るとか、デザインズの表紙になるとか、画集『ツインタワー』のような綴じ込み大判サイズ掲載とか、NTのポスターとか。実際、半透明版MHレッドラージュの初公開はたしかNTのポスター(単行本9巻表紙絵)だった。

憶測だが、読者のデザイン予想(以下イラスト)が思いのほか鋭かったため焦った作者が公開に踏み切った、というのはあるかもしれない。






■ キャラシートの感想:人型部分


ここからキャラシートの感想。まずは人型部分について。背面については次の記事で。背面も謎だらけだが、こちらの人型部分にも謎が一つある。これについては下のほうで書く。

アングル……斜め後ろからの俯瞰のアングルが珍しい。MHネプチューンの背面キャラシートとも違う。私にはこのキャラシートが模型に見えて仕方がないのだが、それはこのアングルによるところも大きそうだ。

本体色……白黒を基調としたカラーリングが美しい。GTMカイゼリンも白黒だったが、ツァラトラは差し色として赤色、黄色、緑色などが入っており、より華やかな印象になっている。

ついでにメモ。00年代後半からの永野ロボットの特徴として「白色の鮮やかさ」がある。MHレッドミラージュ(半透明)の本体色は青みのグレー(註1)だったが、ツァラトラは純白に近い。GTMフォクスライヒバイテも白色が綺麗だった。GTMカイゼリンも同様だ。この傾向の始まりは2004年のMMアウゲ(註2)だろう。90年代には白色の鮮やかさをフィーチャーした永野ロボは皆無だった。

 (註1)MHレッドミラージュは白のイメージだが、半透明版はグレーに近い。
 (註2)デザインズ1掲載。グレー系から白色に塗り直されている。ただし設定的にはクロームシルバー。

頭……後頭部の髪のような「ヘッドバック・ハロ」は既出の上半身セルイラストのときよりも大きく見える。副脚も異様だがこれも異様。MHファントムの髪の毛をすべてまとめたかのような雰囲気がある。

腕……後述。

脚……後述。

スネの裏……スネ裏のシンプルなデザインが意外だった。意外というか、ミラージュMHはあの瓦のように重なったデザインが非常に特徴的だったので、そうか、GTM版には継承されなかったのか、という。別にあのデザインが特別好きだったわけではないので、悲しいかというと別にそうでもないのだが。

あと、たとえばGTMカイゼリンなどのスネ裏は装甲がなく、構造がむき出しで、エレガントな正面にくらべ背面はワイルドなのだが、GTMツァラトラは装甲でシーリングされている分、背面もエレガントな印象になっている。

つま先……つま先のカバーがやや大きめなのはなぜだろうか。GTMのつま先は初期コンセプト(2004年)では巨大だったが、最近のGTMでは小さめの傾向だった。

それと、色が透明なのも面白い。スネにも透明のカバーがついている。何の意味だろうか。


■ 人型部分が美し過ぎる問題


さて、問題はここから。このキャラシートを最初に見て謎だと思ったのが、「シルエットの美しさ」だった。あの異様な副脚より、シッポより、頭部の髪より、こっちが一番気になる。以前の日記では不満と書いてしまったが、不満というよりは、謎。

GTMツァラトラは、シルエットが美し過ぎる。全体は異様だし奇妙ではあるものの、特殊なパーツを除いた人型部分は正統派のシルエットになっている。これまでの全GTMのなかでもっとも端正で美しい。ほとんどモーターヘッドのように見える。私はそのことに引っかかる。

GTMツァラトラで「美し過ぎる」のが腕と脚だ。それはGTMカイゼリンのシルエット(註)と比べれば一目瞭然だろう。とりわけ脚は、太ももとスネの繋がりがスムースで、GTMとは思えない「美脚」ぶりだ。MHの関節だけをツインスイングに交換するとこうなる、という例として興味深くはある。
 
(註)http://www.bunkyodojoy.com/shop/g/g4562457576829/

説明するまでもないが、MHのような美しさとは2013年設定改編で捨てられたものだ。MHには普遍的な美しさがあった。マジンガーやガンダムが男性型の普遍美なら、MHは女性型の美の極限だった(註)。だからこそMHは広く愛された。そんな、商品価値の高い美をこの作者はあえて捨てた、ということになる。

 (註)とはいえ、普遍美だったはずのMHも今となっては古びて見えるのだから恐ろしい。GTMにはそれだけの破壊力があった。

その捨てられた美がなぜ、GTMツァラトラでは復活したのか。その設定上の意味は現時点ではまだ分からない。作者は「読者の皆さんがGTMのデザインとそのバリエーションに慣れた頃にようやく登場となるはずです。そうしないとこの2騎がどれほど特殊なのかわらないからです」と言っていたが、まさか「特殊」とは異様な副脚ではなくこの美しい脚のことなのか?

ただ、今回のキャラシートが美し過ぎて見えるのは、アングルによるという部分もある。GTM特有の細長いウェストも下腕のゴツさも隠れてしまっているから。実際、F.S.S.ファンの人が描いたアングル違いのツァラトラ(註)はやはりGTMらしく見える。ただし脚は除く。やはりこの美しい脚が今回の一番の謎としてある。

 (註)https://twitter.com/iracco/status/872821866716479489

次、ツァラトウストラ・アプターブリンガー感想(2)ZABは怪獣なのかに続く。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する