「花の詩女」再上映

2017年6月、「花の詩女ゴティックメード」が全国で再上映。 https://www.dreampass.jp/m342768

【宮城県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【千葉県:6/24上映】
【埼玉県:6/24上映】
【大阪府:6/24上映】
【大分県:6/24上映】
【栃木県:6/25上映】
【愛知県:6/25上映】
【京都府:6/25上映】
【岡山県:6/25上映】
【広島県:6/25上映】
【福岡県:6/25上映】
【長崎県:6/25上映】
【熊本県:6/25上映】
【鹿児島県:6/25上映】

システム上、一定数のチケットが売れなければ上映が成立しない。自分の地域以外もどんどん拡散させてどんどん宣伝しよう。今のところ苦戦しているのは長崎、熊本、鹿児島あたり。

一回見た人もまた見よう。見所はカーテンコールやGTMカイゼリン以外にもいろいろある。たとえば岡田斗司夫も驚愕した「キャラの自然な足運び」。永野護が動画17万枚を費やして一体なにを描こうとしたのか、フラットな状態でもう一度見ておいて損はないと思う。

検索フォーム

ツァラトウストラ・アプターブリンガー感想(補)ZABは花嫁なのか

Category : F.S.S.

GTMツァラトラは以下の要素から花嫁のように見えるというコメントを頂いた。

・ウェディングべールのような後頭部
・サッシュリボンのようなシッポ
・ガラスの靴

面白かったので「花嫁説」に関連する事柄をいくつかメモ。

F.S.S.で花嫁といえばやっぱりAFブライド(バクスチュアル)。作者に寄れば、ブライドのデザインが改編後のミラージュ騎士団の基本であるという。


このウェディング・アシリアでミラージュ騎士団の全体的な意匠とデザインが決定したと言っても過言ではない。

(『デザインズ4』AFブライドの項)


ミラージュの白黒の新騎士服はおろかツァラトラさえもがザ・ブライドの派生だったのかもしれない。

また、そのブライドの別名は「氷の花嫁」(NT2003年7月号)とされている。これは透明パーツが美しいツァラトラの姿形の形容としても相応しいようにも思われてくる。ちなみにGTMカイゼリンは「氷の女王」(映画『花の詩女』予告などより)。

また、ツァラトラとブライドはデザイン時期が近い可能性がある。以下、NT今月号のNT永野護インタビューより。

そういうこともあって、ツァラトラのデザインはかなり前、いちばん最初にできていました。それ以降のGTMは、かかとのパーツを外した状態。カイゼリンですらね。

(NT2017年7月号 インタビュー)


カイゼリンの明確なデザイン時期は今ところ不明だが、カイゼリン初期稿が発表されたのはNT2006年5月号だった。AFブライドのデザイン時期は2005年(デザインズ1より)。なのでツァラトラとブライドのデザイン時期は近い可能性がある。前述のように2003年にはすでに「氷の花嫁」という呼称が登場しているので、2003年から2006年頃にかけてAFブライド、新ミラージュ騎士服、ツァラトラのイメージが続々と構想されていったのかもしれない。



スポンサーサイト

非公開コメント

  

全記事タイトル一覧

全ての記事を表示する